広告

映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!!

記事内には広告が含まれます予めご了承願います

映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!!

© 2021 朝井リョウ/新潮社 © 2023「正欲」製作委員会

11月10日、映画『正欲』(配給:ビターズ・エンド)の公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、稲垣吾郎、新垣結衣、磯村勇斗、佐藤寛太、東野絢香、岸善幸監督が登壇した。

朝井リョウによる発行部数50万部突破のベストセラーを、豪華キャストで映画化した本作。11月10日(金)より公開がスタートし、早くもキャスト陣の繊細な演技や重厚なストーリーに絶賛の声が絶え間なく上がっている。本作公開を記念して実施された舞台挨拶では、映画を観たばかりの満員の観客からの惜しみない拍手を浴びながら、メインキャストと岸監督がステージに登場。

先日閉幕した第36回東京国際映画祭で、コンペティション部門観客賞と最優秀監督賞をダブル受賞したことから、キャスト陣を代表し、主演の稲垣から岸監督へ花束が贈呈された。稲垣から、「自分のこと以上に嬉しくて、知らせを聞いた時は一刻も早くおめでとうの言葉を伝えたかった」とあらためてお祝いの花束が手渡されると、岸監督には笑顔が。さらに、本作が10日には台北金馬映画祭、12日には香港アジアン映画祭でも舞台挨拶やQ&Aが行われるなど世界での上映もスタートしていることに触れながら、「東京国際映画祭では、審査委員長のヴィム・ヴェンダース監督はじめ、世界各地の映画に造詣の深い方々の審査を経て選ばれ、台湾での上映の反応も良かったので、この映画は世界にも通じるんじゃないかという感触を感じています。もっともっと広がればいいなと思います!」と確かな手応えを語った。

本作では、検察官の寺井啓喜役で主演した稲垣。あらためて初めて観た時の感想を聞かれると、「とにかくキャストのみなさんの演技が素晴らしかった。ひとりひとり色んなものを抱えて大変な覚悟の上での撮影だったと思うのですが、岸監督やスタッフのみなさんに素晴らしい形で仕上げていただいて、早くひとりでも多くの方に届けたいという気持ちです」と、キャスト・スタッフを大絶賛。

“ある秘密”を抱えている桐生夏月役を演じた新垣は、「完成した映画を観た時は、キャストさんもスタッフさんもひとりひとりがこの映画を作ることに対してすごく誠実に向き合っているんだなというのが伝わってきました。私自身、苦しくもありあたたかくもあり、本当にいろんな気持ちにさせていただいて、こんなに豊かな映画に出演できたのは幸せなことだと思います」と噛みしめるようにコメント。特に共演したキャスト陣については「みなさんとは、一緒にひとつの作品を作り上げた仲間、分かち合えた人たち、という気持ちがあって。取材を受けさせていただいたりする中でお人柄もあらためて知ることができたり、いい時間をたくさん過ごさせていただきました」と、充実した撮影や宣伝期間を振り返った。

夏月の中学時代の同級生で、彼女と誰にも言えない秘密を共有し合う佐々木佳道役を演じた磯村は、「映画の中では役を背負って緊迫したシーンが続いていたけど、イベントや取材を通して、ようやくみなさんと打ち解けることができた気がします。みなさん本当に優しくて、こういうあたたかい空気になるチームは珍しいと思うので、これもこの作品の持つ力なのかなと思います」と、『正欲』チームへの思い入れについて語った。

ダンスサークルに所属し、準ミスターに選ばれるほどの容姿を持つ諸橋大也を演じた佐藤寛太は、「稲垣さんとの共演シーンでは、始まる前と途中とで、演じ方や考え方も変わっていって、すごく集中して演じられました。役者としても大也役としても、磯村さんと初めて共演するシーンでは、自分の秘密を共有できる心強さや安心感みたいなものをすごく感じました。大也が初めて劇中で笑うシーンでもあったので、『意外とこうやって笑えるんだ』と思いましたね」と、共演したキャスト陣から良い影響を受けていたことを明かした。

学園祭でダイバーシティをテーマにしたイベントで、大也が所属するダンスサークルの出演を計画した神戸八重子役を演じた東野は、佐藤との共演シーンがメインだったため、「他のキャストのみなさんとは映画祭で初めてお会いしたんですけど、みなさんすごく素敵な先輩方で、次はいつ会えるのかなとずっと楽しみにしていました!」と興奮気味に語り、キャスト陣が思わず笑顔になる一幕も。

続いては、すでに映画を観た観客からも絶賛の声が相次いでいる、個性的なキャラクターたちについての話題へ。

不登校の息子をめぐり妻と度々衝突し、己の正義で物事を推し量ろうとする主人公の啓喜を演じた稲垣は、あらためて「僕自身の中でも新しい挑戦だった」と振り返り、「最初は、(僕が演じた)啓喜という人物の目線で物語を見据える方が多いと思うのですが、だんだん彼の心が崩れていき、正義がほころび始める。そういったものをなるべく静かに、はっきりした表現でなくゆるやかなグラデーションをつけて演じられればと思って、監督と作り上げてきたので、新しいチャレンジとしてワクワクしました」と、新境地への挑戦について言及した。

夏月と佳道、互いに“ある秘密”を共有し合い、偽装結婚をして共同生活を送る二人の関係について問われた新垣は、「手を取り合ってこの先の未来を一緒に乗り越えて行こうとするという意味では、私はこの二人の形を不自然なこととは全く思わなくて。二人が一緒にいることにすごく納得していました」とコメント。佳道役の磯村も、「僕もなんら違和感はなく、家族や家庭にはいろんな形があると思います。夏月と佳道の関係性は、今の時代だからこそあるべきものだと思うし、二人の時間が愛おしかったです」と二人の関係について穏やかなトーンで語った。撮影現場では、特に新垣と磯村で話し合うようなことはなく、自然と夏月と佳道の空気が出来上がっていたと言い、磯村は「二人のシーンを重ねるごとにお互いの共有ができていた気がしたので、無理せず寄り添っていけたのかなと思っています」とあらためて振り返った。

思わず息を飲むような大也と八重子の緊迫のやりとりのシーンに話題が及ぶと、大也役の佐藤は「夏月と佳道は周りの人を傷つけないように、円滑に進めるために言葉を飲み込んだりするけど、大也は幼さもあって態度に出てしまうキャラクター。八重子とのシーンでは、演じる東野さんと対峙していて、見えない綱引きをやっているような感じでした」と独特の表現で撮影中の心境についてコメント。対する東野も、「二人だけの空間にいるような、世界に誰もいなくなったような気持ちにさせられる時間でした」と、佐藤とのシーンに大きな手ごたえを感じている様子。このシーンについては、稲垣と新垣も「素晴らしかった!」「あのシーンが大好きです。胸が締め付けられました。八重子の背中に泣きました!」と直接二人を大絶賛した。

そんな様々に異なる背景を持つ5人のキャラクターたちの関係が、やがて意外な形で交錯していく本作。キャスト陣との共演シーンが多い主演の稲垣は、「みなさんが劇中で僕を見る時と、今登壇されている時の目の光り方が全然違っていて(笑)」とあまりのギャップに驚きを隠せない様子。それを聞いた新垣は「それは今の稲垣さんと作中の稲垣さんも違いますよ」と小声で応酬する。稲垣は特に新垣演じた夏月役について「新垣さんは“ガッキー”ではない目の輝きをされていて、共演シーンは長くはないですが、すごく印象的でした」と振り返った。対する新垣も、「稲垣さんとご一緒できたシーンが、出会いとクライマックスのシーンとで、お互いに全然違う顔を見せる画面で、ぎゅっと濃密な時間を過ごせたと思います」とコメントした。

メガホンをとった岸監督は、「編集していて、切るのが惜しいカットがいくつもありました」と語り、「みなさんの演技に何重にも奥行きがあって、感情のゆらめきやグラデーションが見えるというか、見入ってしまいました。難しいテーマを俳優部のみなさんが真剣に考えてくれたので、編集ではこのセリフに対してどういう表情を映そうかとか、選ぶのもとても楽しかったです。そしてこの映画ではカット割りをせずに撮っているので、キャストのみなさんには、シーンごとにある時間を生きていただきました。完成した映画に収めているみなさんの表情は、僕の中ではそれぞれそのシーンのベストショットです」と熱弁。稲垣は「完成した映画を観て、自分でも観たことのない自分の表情を感じることがありました」と納得したように語り、新垣も「今回の現場では撮影中の映像を見せてもらうことをしていなくて、どんな風に自分が映っているか全く考えていなかったんです。だから『こういう顔をしていたんだ…!』と驚きましたし、自分の目で見るのとレンズを通してみるのでは印象も違いますし、本当に素敵でした」と岸監督の手腕を絶賛した。

最後には、稲垣、新垣、そして岸監督から、全国のファンへメッセージが贈られた。

稲垣は「観る方それぞれの感じ方や視点があると思うのですが、最終的には、人が誰かと繋がること、繋がった人を愛すること、そして自分を愛することの大切さを肯定してもらえる、とても美しい映画だと思います。本当に大切な作品なので、ひとりでも多くの方に観ていただきたいです」、新垣は「この作品に出会ったことで、登場人物たちのような気持ちを抱えながら生きている人が今も必ずどこかにいて、それがどういうことなのかというのを考え続けていきたいなと思ったんです。あらためてそう思うきっかけをいただけたことにすごく感謝しています。観てくださったみなさんにとっても、心に届くような、何かのきっかけになるような作品になれば嬉しいです」、岸監督は「この作品にはいろんな思いを込めています。言いたいことは至ってシンプルで、人が生きるための力というのは何なのかということを、みんなで真剣に考えて作りました。ひとりでも多くの方に観て、考えて、映画を観終わって話をしていただければと思います。そういう、映画を観終わった後の優しい時間も大切にしたいなと思っていますので、この作品をぜひよろしくお願いいたします!」とそれぞれ力強くコメントした。

傑作か、問題作か――。日本映画界を代表する実力派俳優が集結し、いま、この時代にこそ必要とされる、心を激しく揺り動かす、痛烈な衝撃作誕生!映画『正欲』は、大ヒット上映中。

映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!!

YouTubeで見る

 

映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!! 映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!! 映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!! 映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!! 映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!! 映画『正欲』が公開! 主演・稲垣吾郎「僕の中で新しい挑戦だった」、新垣結衣「胸が締め付けられた」 監督・岸善幸が明かす映画への思いに、豪華キャスト陣も大感激!!

 

© 2021 朝井リョウ/新潮社 © 2023「正欲」製作委員会


リンク

関連記事

パワープッシュ

新着ニュース

櫻坂46・全国ツアー完遂!!ファイナルは東京ドーム!! 進化が止まらない櫻坂46のツアー集大成!!

2024年6月17日 06時35分

櫻坂46、ZOZOマリンスタジアムで4周年記念ライブ開催決定!!

2024年6月16日 22時46分

私立恵比寿中学、結成15周年記念イベントを都内某所にて開催決定!!

2024年6月16日 22時17分

ハロプロ研修生ユニット'24に新メンバー加入!新グループ『ロージークロニクル』としてデビューが決定! 初ステージは7月13日のハロコンからに決定! 歴史を刻む瞬間を見届けよ!

2024年6月16日 20時06分

TOKYO IDOL FESTIVAL 2024に「TEAM SHACHI」が出演決定! TIF2018以来 6年ぶり!

2024年6月16日 12時39分

「カルティエ」展覧会オープニングイベントに戸田恵梨香・今田美桜・松嶋菜々子・山田裕貴・香取慎吾・北野武ら豪華集結

2024年6月16日 07時36分

Palette Parade、全国ツアー『Hungry Journey』を華々しくスタート!9月6日に『EX THEATER ROPPONGI』にて3周年記念ワンマンライブが開催決定!

2024年6月16日 06時57分

櫻坂46“BACKS LIVE!!”開催!BACKSメンバーによる新曲MV公開も決定!

2024年6月16日 06時48分

「僕が見たかった青空」が2年連続でTIFに出演!出演日は、8月4日(日)に決定

2024年6月15日 22時40分

私立恵比寿中学 3年ぶり 8 回目の TIF 出演決定! 10 人体制初となる今回は姉・妹のユニットとしても出演!

2024年6月15日 06時43分

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

-俳優ニュース, 新着ニュース
-,