広告

King & Prince 二人で創り上げた初の全国ツアー「King & Prince ARENA TOUR 2003 〜ピース〜」Kアリーナ横浜公演5公演を開催!!

記事内には広告が含まれます予めご了承願います


楽天モバイル(横・公式)

King & Prince 二人で創り上げた初の全国ツアー「King & Prince ARENA TOUR 2003 〜ピース〜」Kアリーナ横浜公演5公演を開催!!

2023年8月16日に発売したKing & Princeの5枚目となるアルバム「ピース」がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得し、ベストアルバムを含めると6作連続、通算6作目の1位を獲得した。そのKing & Princeが先日発売されたアルバム「ピース」を携えたコンサートツアー「King & Prince ARENA TOUR 2023 〜ピース〜」のKアリーナ横浜での公演を10/20(金) 10/21(土) 10/22(日)の3日間で5公演を開催し、10万人を動員した。本ツアーは、 8/27(日) 【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナを皮切りに12/10(日) 【愛知】Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)Aホールまで、全国7都市24公演を開催予定し、27万人の動員を予定している。

ツアータイトルとなっている「ピース」は、今年8/16(水)にリリースしたKing & Prince5枚目となるアルバムタイトルとなっているが、「ピース」には”平和”や”楽しさ”、”2人”など様々な意味が込められており、今のKing & Princeの全てを詰め込んだアルバムとなっている。また「肩肘張らず、気負わず自分たちが先ずは楽しむ」ことを大切に作った作品にもなっている為、コンサートにおいても「今のKing & Princeの全て」をテーマに選曲、衣装、映像、構成、演出などメンバー二人を中心に創り上げ、勿論、Tiaraの方たちにも一緒に楽しんで頂けることを最大限に意識したコンサートとなっている。アルバム楽曲に加え、代表曲「シンデレラガール」「koi-wazurai」「ichiban」など全29曲を披露する本公演では、King & Princeとしてはアリーナコンサートで初めて使用したレーザーに加え、最先端の電子花火を発生させながら180°波打つスパーク効果の特効機材を導入(この特効機材を使用した国内ツアーは、King & Princeが日本初)
※アルバム収録曲「CHASE IT DOWN 」にて使用。

そして2人がそれぞれ初のソロ曲「きみいろ」(永瀬)、「ワレワレハコイビトドウシダ」(髙橋)の披露にも挑戦している。また、今回のコンサートでは、メンバー、ダンサー、そして7 MEN 侍のメンバーと共に織りなすダンスパフォーマンス及び演出も見どころの1つとなっており、メインステージ、バックステージ、花道や一人乗り用トロッコなど、ステージ以外もすべてを使い、会場に来て下さるすべてのお客様に楽しんでいただけるように、二人が中心となって作り上げたKing & Princeのコンサートとなっている。

尚、King & Princeは、11/8(水)に14枚目となるシングル「愛し生きること / MAGIC WORD」をリリースする。今作はダブルAサイドシングルとなっており、「愛し生きること」映画『法廷遊戯』主題歌、「MAGIC WORD」テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「今日からヒットマン」主題歌となっているので、こちらも是非ともチェックして欲しい。

コンサートレポート

2人で初めてつくりあげた最新アルバム「ピース」をひっさげてのツアー「King & Prince LIVE TOUR 2023〜ピース〜」のKアリーナ横浜公演が、10/20(金)、21(土)、22(日)の3日間5公演行われた。

22日の昼公演。1曲目はアルバム「ピース」の収録曲「My Love Song」からキラキラにスタートした。〝ファンへの再告白〟がテーマとなっている王道のアイドルソングを、ファンと目を合わせながら気持ちよさそうに歌う永瀬廉と髙橋海人。続いて「Magic of Love」、「koi-wazurai」の曲たちで観客のテンションを盛り上げていく。「koi-wazurai」のサビの振りでは、2人の踊りとペンライトが息ぴったり。「恋降る月夜に君想ふ」では、会場一番上の7階客席のファンと目が合う高さまでゴンドラで上がっていってファンを喜ばせた。

続くブロックでは、最新アルバムから「静寂のパレード」や「That‘s Entertainment」などを披露しながらの派手なショータイムを繰り広げる。7 MEN 侍とダンサーが登場しての華やかなダンスや、シルエットを使ったシックなパフォーマンス、円形ステージを立体的に使った視覚的にも楽しい演出と、凝った構成が光る。

7 MEN 侍をバックにしたバンドタイムでは、今回のアルバムで初めて制作したソロ曲をパフォーマンス。髙橋は敬愛するクリープハイプの尾崎世界観に直接依頼した「ワレワレハコイビトドウシダ」の刹那的な世界をまっすぐなボーカルで届ける。永瀬は作詞にも参加した「きみいろ」で描いた恋愛の日常感をクセになるさわやかな歌声で彩った。

スモークの中からクールに登場したダンスブロックは、ビートの効いた「CHASE IT DOWN」からスタート。アルバム発表時から「炎が似合いそう」と言っていただけあって、曲が進むにつれて吹き出す炎が激しくなり、さらには火花が縦横無尽に動くスパークラーという特効が重なり、圧倒的な迫力で魅せる。このスパークラー(※「Sparkular Wave」は最先端の電子花火を発生させながら180度波打つスパーク効果の特効機材)を日本国内ツアーで使用したアーティストは

King & Princeが初なのだとか。テンションMAXになったところで流れてきたのは「ichiban」のイントロ。全エネルギーを放出するように激しく踊る2人の姿に、観客の集中力もグッと増したのが伝わってきた。

最後のあいさつでは、それぞれが今回のツアーに込めた思いを語った。

「みんなが見終わったあとに、ただ純粋に『楽しかったね』って、笑顔でピースな気持ちで帰れるように頑張って作りました。ライブをやってて思うんですけど、みんなが笑顔でいてくれるのって全然当たり前じゃないし、俺たちの前では笑顔を見せてくれるけど、きっと普段の生活の中で、自分たちが与えてしまった不安とか心配とか、いろんな気持ちを抱えていっぱい戦ってくれたと思います。そんな気持ちを抱えて、今日のライブを俺たちよりも楽しむぞって思って来てくれたんだと思うと、包容力のある女性達だなって思いました。本当にみんなに甘えてばっかりの自分ですけど、ここにいる覚悟と、これからもみんなといろんな景色を見たいって思う気持ちと、あとはやっぱり廉と2人でみんなにもっともっとKing & Princeというエンターテインメントを楽しんでもらいたいという気持ちは誰にも負けるつもりはありません。人生の中のすごく大事な一瞬一瞬を、僕と廉のKing & Princeに使ってくれたことに本当に感謝しています。本当に。だからこれからも、みんなの幸せな思い出の中に自分たちがいれるように、みんなの心に残るように、たくさん頑張っていきたいと思います」(髙橋)

「この1年間、本当にたくさんのことがありましたね。その中で、皆さんを悲しませたり、これからどうなっていくんだろうって不安にさせたり、いろんな気持ちを抱え込ませてしまった部分はあったなと思っていて。いかに皆さんのその不安を少しでもとってあげられるか、その気持ちを埋めてあげられるか、自分たちに何ができるんだろうって考えてて。このライブも、皆さんに安心して楽しんでもらえるという目標を持って、海人とスタッフさんとしっかり作ってきました。いざこうやってみんなの前に立つと、僕らの思ってた心配とかは一瞬で吹き飛んでいくし、それだけ皆さんの楽しんでる表情のパワーって、ホンマに自分たちが思ってる以上の力を持ってるなって毎公演やるたびに思います。5月から俺たち

King & Princeは新しい形で再出発しました。今までの5年の歴史もしっかり背負いつつ、僕たち2人はKing & Princeとして活動していくという決断をしたので、これからも皆さんがどうしていいか分からなくなってしまった時の道の先を照らす光になりたいですし、道しるべとして皆さんを引っぱっていけたらなと思います。俺には海人がおるし、海人には僕がいるし、そして僕たちには皆さんがいるので、これ以上に心強いことはないなと思っています。これからも安心して、僕たち2人とKing & Princeの歴史を一緒に作り上げていきましょう」(永瀬)

ファンへのたくさんの感謝を述べて、本編最後に歌ったのはデビュー曲の「シンデレラガール」。ファンにとっても2人にとってもさまざまな思い出が詰まったキラキラな王道ラブソングは、5年という月日を経て、深みと愛情が増した曲へと成長していた。

そしてアンコールは、2人になって初のシングル「なにもの」でスタート。髙橋が「本編が『シンデレラガール』で終わって、アンコールの頭が『なにもの』をやる流れは〝今までと、これから〟という感じがしてすごく好き」とコメントしていたとおり、これまでの歴史とこれからの明るい未来を包み込むような温かな時間。

ライブの終盤、ステージには色とりどりでかわいらしい花が咲き誇った。これはオープニング映像の中で芽吹いていた双葉が、音楽とファンの歓声のおかげで咲いたという演出だ。2人の音楽とファンの歓声。その2つが揃ってこそ、King & Princeという花は咲き誇れるのだ。

文:加治屋真美

【King & Prince LIVE TOUR 2023 ~ピース~】(全国7都市24公演)
・8/27(日) 【宮城】セキスイハイムスーパーアリーナ 13:00公演/17:30公演
・9/30(土) 10/1(日) 【北海道】真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 13:00公演/17:30公演 ※9/30(土)17:30公演のみ
・10/10(火) 10/11(水) 【福岡】マリンメッセ福岡A館 13:00公演/17:30公演 ※10/10(火)17:30公演のみ
・10/20(金) 10/21(土) 10/22(日) 【神奈川】Kアリーナ横浜 13:00公演/17:30公演 ※10/20(金)17:30公演のみ
・10/28(土) 10/29(日) 【新潟】朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター 13:00公演/17:30公演 ※10/28(土)17:30公演のみ
・12/1(金) 12/2(土) 12/3(日) 【大阪】Asueアリーナ大阪(大阪市中央体育館) 13:00公演/17:30公演 ※12/1(金)17:30公演のみ
・12/9(土) 12/10(日) 【愛知】Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)Aホール 13:00公演/17:30公演 ※12/9(土)17:30公演のみ

【リリース情報】
King & Prince 14th シングル「愛し生きること / MAGIC WORD」
2023年11月8日 Release

■初回限定盤A
【CD+DVD】¥1,650(税込) / UPCJ-9049
【CD収録内容】
M1.「愛し生きること」 M2.「MAGIC WORD」 M3. 「1999」
【DVD収録内容】
・「愛し生きること」 Music Video
・「愛し生きること」 Music Video -Lip Sync ver.-
・「愛し生きること」 Music Video Shooting Behind the scenes
仕様:スリーブケース付2Dケース仕様

■初回限定盤B
【CD+DVD】¥1,650(税込) / UPCJ-9050
【CD収録内容】
M1.「MAGIC WORD」 M2.「愛し生きること」 M3. 「plan d」
【DVD収録内容】
・「MAGIC WORD」 Music Video
・「MAGIC WORD」 Music Video -Lip Sync ver.-
・「MAGIC WORD」 Music Video Shooting Behind the scenes
仕様:スリーブケース付2Dケース仕様

■通常盤(初回プレス)
【CD】¥1,133(税込) / UPCJ-9051
【CD収録内容】
M1.「愛し生きること」 M2.「MAGIC WORD」 M3. 「One Sided Love 」
仕様:3Pケース
※通常盤(初回プレス)/UPCJ-9051終了後、
通常盤/UPCJ-5014に切り替わります。

■Dear Tiara盤(ファンクラブ限定盤)
【CD】¥1,870(税込) / PROJ-5906
【CD収録内容】
M1.「愛し生きること」 M2.「 MAGIC WORD 」 M3. 「僕らのバカンス」
仕様:LPサイズ紙ジャケット、フォトブックレット20P
※Dear Tiara盤予約受付期間
2023年8月27日(日)~10月20日(金)23:59

■初回封入特典
初回限定盤A/特典:トレーディングカードAタイプ 1種
初回限定盤B/特典:トレーディングカードBタイプ 1種
通常盤(初回プレス)/特典:トレーディングカードCタイプ 1種
※各特典ごとに写真は異なります。

初回限定盤A/期間限定動画A視聴シリアルナンバー
初回限定盤B/期間限定動画B視聴シリアルナンバー
通常盤(初回プレス)/期間限定動画C視聴シリアルナンバー
視聴期間:2023年11月7日(火) 昼12:00~11月21日(火)18:00まで

■外付け特典
初回限定盤A/特典: フォトカード(A6)
初回限定盤B/特典: クリアポスター(A4)
通常盤(初回プレス)/特典: 5周年ロゴキーリング
Dear Tiara盤/特典:ステッカーシート(A6)

King & Prince
【Profile】
2018年1月17日原宿のユニバーサル ミュージック新社屋で行われた記者会見にてKing & Princeがユニバーサル ミュージックよりCDデビューすることを発表。
5月23日、記念すべく1st Single「シンデレラガール」でCDデビュー。
10月10日、待望の2nd Single「Memorial」をリリース。
12月12日に初のコンサート映像を収録したBlu-ray & DVD「King & Prince First Concert Tour 2018」をリリース。
2019年4月3日に3rd Single「君を待ってる」をリリース。
6月19日に待望の1st Album「King & Prince」をリリース。
8月28日に4th Single「koi-wazurai」をリリース。
2020年1月15日に2nd Blu-ray & DVD「King & Prince CONCERT TOUR 2019」をリリース。
6月10日に5th Single「Mazy Night」をリリース。
9月2日に2nd Album「L&」をリリース。
12月16日に6th Single「I promise」をリリース。
2021年2月24日に3rd Blu-ray & DVD「King & Prince CONCERT TOUR 2020 ~L&~」をリリース。
5月19日に7th Single 「Magic Touch / Beating Hearts」をリリース。
7月21日に3rd Album「Re:Sense」をリリース。
10月6日に8th Single 「恋降る月夜に君想ふ」をリリース。
2022年1月12日に4th Blu-ray & DVD「King & Prince CONCERT TOUR 2021 ~Re:Sense~」をリリース。
4月13日に9th Single「Lovin’ you / 踊るように人生を。」をリリース。
6月29日に4th Album「Made in」をリリース。
9月14日に10th Single「TraceTrace」をリリース。
11月9日に11th Single「ツキヨミ / 彩り」をリリース。
2023年1月18日に5th Blu-ray & DVD「King & Prince First DOME TOUR 2022 ~Mr.~」をリリース。
2月22日に12th Single「Life goes on / We are young」をリリース。
3月22日に6th Blu-ray & DVD「King & Prince ARENA TOUR 2022 ~Made in~」をリリース。
4月19日にBest Album「Mr.5」をリリース。
6月21日に13th Single「なにもの」をリリース。
8月16日に5th Album「ピース」リリース。

永瀬 廉【Ren Nagase】
d.o.b:1999.1.23
birthplace:東京
blood type:O

髙橋 海人【Kaito Takahashi】
d.o.b:1999.4.3
birthplace:神奈川
blood type:A

▼テレビ
【バラエティ】
・NTV系「キントレ」
毎週(土)13:30-14:30
・NHK-BSプレミアム「ザ少年倶楽部プレミアム」
毎月第3金曜日 18:00-19:00 ※放送週変更の場合あり。
・フジテレビ系「坂上どうぶつ王国」 髙橋海人
毎週(金)19:00-20:00
・NHK Eテレ「とまどい社会人のビズワード講座」 永瀬 廉(メインパーソナリティー
毎月第1木曜 20:00-20:29 ※再放送 毎月第1土曜 24:00-24:29

▼Movie
・「法廷遊戯」主演 永瀬 廉  ※久我 清義役 2023年11月10日公開

▼CM
永瀬 廉
・健栄製薬「ヒルマイルド」「手ピカジェル」「ル・マイルド」

▼Radio
・文化放送「King & Prince 永瀬廉のRadioGARDEN」 永瀬 廉
※「レコメン!」(22:00-25:00 OA)内 毎週(水)24:35頃-24:55頃

▼Magazine
・Duet(ホーム社) King & Prince「HUG the King & Prince」毎月7日
・WiNK UP(ワニブックス) King & Prince「How to King & Prince」毎月7日
・POTATO(ワン・パブリッシング) King & Prince「とれたてKing & Prince」毎月7日
・non-no(集英社) King & Prince「&(アンド)」毎月20日
・Myojo(集英社) King & Prince「ドキドキKP.com」毎月22日
・Myojo(集英社) 永瀬 廉「日日恋廉」毎月22日

▼King & Prince オフィシャルアカウント
・YouTube https://www.youtube.com/@kp_official_523
・X https://twitter.com/kp_official0523
・Instagram https://www.instagram.com/kp_official_523
・TikTok https://www.tiktok.com/@kingandprince_um

関連記事

リンク

新着ニュース

田中美久&飯島寛騎が明かす、『シンデレラ・コンプレックス』撮影裏話!キスシーンでの苦労とは?

2024年2月26日 00時58分

ATEEZ(エイティーズ) 2月28日(水)発売の日本オリジナルシングル「NOT OKAY」MVティザー第1弾公開!

2024年2月26日 00時47分

2日間で1万人が大熱狂!1日目のトリは3年ぶりの出演となった「Aqours」2日目の大トリは初登場の「ももいろクローバーZ」最終曲の「走れ! -ZZ ver.-」で会場全体がファンの垣根を超えた一体感をみせ、メンバーが「まさに次元を超えてる!」と感激!バナナマンと2日間全14組のアーティストとのトークでは会場も爆笑の渦に!

2024年2月26日 00時40分

これは必見! 麻美ゆま 2024年4月始まり卓上カレンダーが発売! 一日の彼女を感じる至極のシーン!超絶ミニにも注目!"

2024年2月25日 23時48分

mol-74、ニューアルバム『Φ』(ファイ)が2024年5月22日(水)にリリース決定! 全国ワンマンツアー発表、新アーティスト写真も公開!

2024年2月25日 23時17分

=LOVE 15thシングル『ラストノートしか知らない』発売記念スペシャルライブを名古屋・デザインホールにて開催‼

2024年2月25日 23時12分

THE BEAT GARDEN 福士蒼汰主演ABCテレビ・テレビ朝日系ドラマ『アイのない恋人たち』の主題歌「present」。真冬の海で撮影したMusicVideoの撮影風景を収めたメイキング映像を公開!

2024年2月25日 23時00分

蒼井翔太、アルバム「DETONATOR」を引っ提げた ツアーファイナル東京公演オフィシャルライブレポートが到着!“音楽性の爆発”をロックに響かせた夜 新曲「EVOLVE」の配信リリース発表

2024年2月25日 22時22分

超人的シェアハウスストーリー『カリスマ』2ndアルバム『カリスマジャンボリー』発売決定!七人のカリスマ声優が飾る『声優グランプリ』表紙公開!

2024年2月25日 22時05分

BiSH解散後初の共演!モモコグミカンパニー&アイナ・ジ・エンド、夢のトークイベント開催!

2024年2月25日 21時56分

藤本美貴 ミキティスマイルでファンを虜に! 「ロマンティック 浮かれモード」をファンの前で披露し38歳ラストの日曜日を過ごす

2024年2月25日 21時39分

TK from 凛として時雨がTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」7期OP主題歌に決定!

2024年2月25日 21時00分

FANTASTICS 韓国アーティストEPEX とのコラボ楽曲「Peppermint Yum」のMusic Video を公開!

2024年2月25日 19時35分

TVアニメ「シャングリラ・フロンティア」第2クール OPテーマが話題沸騰中のFZMZ Xで国内トレンド1位を獲得した「墓守のウェザエモン」戦の戦闘シーンが魅力のアニメとのコラボMusic Videoが堂々完成!

2024年2月25日 18時00分

世界の映画賞を席巻した『パラサイト 半地下の家族』が舞台化!古田新太、宮沢氷魚、伊藤沙莉、江口のりこら豪華キャストが集結の舞台『パラサイト』がWOWOWで4月に放送・配信決定!

2024年2月25日 15時32分

-新着ニュース, 音楽ニュース
-,