広告

宇野実彩子、5年ぶりの始球式は2バウンド投球も「85点」 「ファンの方もみんな温かくて楽しくできました!」

記事内には広告が含まれます予めご了承願います

宇野実彩子、5年ぶりの始球式は2バウンド投球も「85点」 「ファンの方もみんな温かくて楽しくできました!」

宇野実彩子が25日、楽天モバイルパーク宮城で開催された楽天ーソフトバンク戦の始球式を務めた。

宇野が始球式を行うのは、2018年6月以来、5年ぶり。

楽天のユニフォームに、ホワイトのショートパンツをスタイリッシュに合わせた宇野の背番号は「335」で、この番号に決めた理由は、宇野の名前「実彩子(みさこ)」から取ったとのこと。

始球式直前、笑顔を見せつつも、ソワソワした様子の中マウンドへ上がると、

丁寧にお辞儀をした後、捕手を務めた伊藤裕季也選手を目がけ、左足を真っ直ぐ上げ、右足一本でしっかりと直立するダイナミックな投球フォームを披露したが、ボールはホームベース手前でバウンド。

しかし、堂々たる投球で、2バウンドで伊藤選手のグローブにボールが届くと、スタンドからは大きな拍手と歓声に包まれた。

セレモニアルピッチを終えた宇野は「ホームベースまで遠かったです。始球式の前に、球団の方とキャッチボール練習をさせていただいたときは届いていたので、悔しいです。」と感情をあらわにしたが、

「スタジアムはとても気持ちよかったです。楽天ゴールデンイーグルスのファンの方もソフトバンクホークスのファンの方もみんな温かくて楽しくできました。」と充実した表情で振り返った。

投球を自己採点してもらうと、

「85点。前回5年前の始球式は自己採点で60点だったのでそれよりはうまくできたと思います。15点足りなかったのは、(ホームベースまでノーバウンドで)届かなかったからです」と、前回の始球式からの成長に笑顔を浮かべた。

今日、宇野は、Rakuten.FMへのラジオ出演やトークイベントにも出演し、「今日はスタジアムでお祭り(六県祭り)も行なわれていたので高揚感のある雰囲気で一緒に盛り上がれました。」とコメント。

宇野は今年でソロ活動5周年を迎えた。

来月6日には、ソロ活動5周年記念アルバム「PEARL LOVE」をリリースする。16日からは、新アルバムを引っ提げ、全国8都市を回るライブツアーも行う予定となっており、ソロアーティストとして精力的に活動を続けている。

今後のソロ活動意気込みを聞かれると、宇野は「秋から始まるツアーは、ソロ活動5周年の集大成なので、駆け抜けていきます。最高のツアーにして、皆さんと最高の思い出を作りたいので頑張ります!」と引き締まった表情で語った。

東北楽天ゴールデンイーグルスのチームに対して、「いつもスポーツには勇気をいただいているので感謝しています。怪我に気をつけて、選手生活を楽しんでください。私も頑張ります!」と、エールを送るとともに、宇野自身も終始奮い立った様子で、5年ぶりの始球式を存分に楽しんだようだ。

宇野実彩子、5年ぶりの始球式は2バウンド投球も「85点」 「ファンの方もみんな温かくて楽しくできました!」 宇野実彩子、5年ぶりの始球式は2バウンド投球も「85点」 「ファンの方もみんな温かくて楽しくできました!」


関連記事

お買い物リスト(Amazon)

-新着ニュース, 音楽ニュース
-