広告

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

記事内には広告が含まれます予めご了承願います

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

ニッポン放送で毎週月~金曜日深夜 24時から放送中の『オールナイトニッポンX(クロス)』の初となるライブイベント『オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023』がきょう、横浜アリーナで開催された。本イベントには、火曜日のパーソナリティ・長屋晴子がボーカルを務める緑黄色社会、水曜日のパーソナリティを担当するJO1から佐藤景瑚、金曜日のパーソナリティ・EXITのほか、スペシャルパーソナリティを担当した超特急、&TEAMが出演。ライブパフォーマンスのほか、この日だけの特別な企画も行い、会場に集まった多くのリスナーを魅了した。

イベントは、月曜日のパーソナリティを務める山田裕貴のナレーションでスタート。放送開始55周年を迎えた『オールナイトニッポン』の歴史を振り返ると共に、「盛り上がる準備はできていますか!?」という煽りで集まったリスナーを盛り上げ、「オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023、スタートです!」という山田の掛け声でイベントは幕を開けた。

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート
2021年4月からの1年間『オールナイトニッポンX(クロス)』のパーソナリティを務めていたYOASOBIのAyaseが手掛けた「Bitter Sweet Samba –Ayase Remix-」が会場に流れる中、ステージに登場したのは、この日MCを務めるEXITとJO1の佐藤景瑚。佐藤は出演予定だった同グループの白岩瑠姫の代演として急遽、会場に駆け付けてくれたのだが、佐藤は「緊張しています」と話しつつも「EXITさんや(リスナーの)皆さんの力を借りて頑張ります!」と熱く意気込みを語る。EXITが「3人でぶち上げていきましょう!」「(白岩)瑠姫君に元気を届けられるように、みんなで楽しんでいきましょう!」と会場全体を煽ると、集まったリスナーも反応し、開始早々から盛り上がりを見せる会場。そんな会場のボルテージをさらに上げたのは、トップバッター&TEAMのライブだ。

昨年12月にデビューしたばかりの彼らだが、世界で活躍するアーティストが所属するレーベルを有するHYBEの日本支社、HYBE JAPAN傘下のHYBE LABELS JAPANから初めて輩出されるグローバルグループということもあり、パフォーマンスのクオリティは相当なもの。

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

「The Final Countdown (&TEAM ver.)」「Scent of you」と立て続けに披露し、「デビューから1カ月も経たずに、こんな大きな会場でライブさせていただけて光栄です!」とファンに挨拶する。

デビューからわずか1カ月だが、メンバーに負けずファン「LUNÉ(ルネ)」の熱量も高く、花道を歩く彼らにうちわやサイリウムを振って盛大に応援。&TEAMを初めて見るリスナーも、彼らがレクチャーした振り付けをすぐに覚えて「Melody (&TEAM ver.) 」を一緒に踊ったり、さらに坂口健太郎がMVに出演し話題となった「Under the skin」に聴き惚れたりと、さっそく会場は一体感に包まれた。

「皆さんのおかげで最高のステージになりました!」とリスナーに感謝を述べる&TEAM。そんな彼らは、先月22日に『オールナイトニッポンX(クロス)』のパーソナリティを担当。ラジオ初挑戦だったということで、その時の感想を聞かれたメンバーのYUMAは「どんどん言葉が出てきました」と、好きなことを語れるラジオという媒体に魅力を感じたと話していた。

この日、ラジオには欠かせない「メール」を紹介するコーナーも。事前に募集した「質問」に超特急が答えていくという場面転換を挟み、続いてはEXITによるライブへ。ペンギンの着ぐるみを着たダンサーを背負って「Winter Wonderland」を歌い、自らもかわいいダンスを披露した。歌だけでなく、お笑い芸人らしく漫才も。かなりアレンジを加えた「どんぐりころころ」を情緒たっぷりに歌い上げるりんたろー。に兼近がツッコミを飛ばすのだが、りんたろー。に煽られて兼近も歌い出し、だんだん兼近の方が調子に乗って「行き過ぎたどんぐりころころ」になっていく…。というネタに、会場のリスナーも笑い声を抑えられないようだった。再びライブに戻って「SUPERSTAR」と「なぁ、人類」の2曲を熱唱。お笑い芸人アーティストという2つの姿を見せつけ、観客を大いに湧かせていた。EXITのライブの後は、『オールナイトニッポンX(クロス)』の各曜日のパーソナリティがステージ上で交流する『オールナイトニッポンX(クロス)』レギュラートークの時間。ステージには、MCの3人に加え、緑黄色社会の長屋晴子も加えて『オールナイトニッポンX(クロス)』の思い出深い回の話に花を咲かせていた。

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

その後は、超特急のライブへ。「NEW WORLD」でクールなダンスで魅せたかと思いきや、「BakaBakka」「宇宙ドライブ」で振り切った変顔を披露するなど、彼らのギャップに観客は目が離せない様子。MCでも「オールナイトニッポンが大好きな皆様!」と観客を煽る手を止めず、客席の熱量をもう一段階上げて行く。

さらにもっと勢いづけようと「Billion Beats」曲中に「一緒に踊って!」と振り付けをレクチャーしたり、花道を走りながら「SAY NO」を歌ったり、続く「バッタマン」と「Burn!」でも会場全体を巡ってリスナー1人1人に手を振る超特急。最後まで、全員が全力疾走でリレーを行ったりと、最後まで全力すぎるパフォーマンスを繰り広げた。

これを見ていたMC陣は「見ているだけでもめちゃめちゃ楽しかったですね!」と裏で一緒に盛り上がっていたよう。超特急の汗の量を見て、兼近は「尋常じゃない汗の量。戦ってきた後なの?」と驚き、佐藤も「体があったまってきました!」と見ているだけで体が熱くなったと話した。

続いて、ライブパートに登場したのは、きょうMCでも大活躍のJO1、佐藤景瑚。川西拓実と金城碧海とともに登場すると、リスナーからは思わず歓喜の声が上がる。「Are You Ready!?」という掛け声と共に始まった1曲目は「KungChiKiTa」。貴重な3人によるスペシャルユニットを披露し、ワイルドでパワフルなラップとシンクロダンスでファンを魅了した。

突然のサプライズに驚いたリスナーたちに向かって「盛り上がってますか~?」と3人が呼びかけると、声は出せないもののリスナーたちはペンライトを振って熱気を伝える。JO1の3人も「こんな大きなイベントに出させていただけるなんて、光栄に思っています!」と気合十分。そしてもう1曲は「Dreaming Night」を披露。1曲目と打って変わってキュートな曲調のこの曲で、花道を3人それぞれが歩き、会場のリスナーとコミュニケーションを取りながらハートフルな歌声を響かせた。

ライブを終えて「楽しかった!」と感想を語った川西。3人のスペシャルユニットとなり、いつもとは違うパートを歌うということで「他の人に(歌い方を)寄せたりしたの?」とEXITに聞かれると、佐藤は「それより上手く歌おうとした(笑)」と負けず嫌いな一面で笑いを誘った。

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

その後、JO1のメンバーとEXITがアリーナ―外周を歩きながらファンサービス。リスナーと交流を終えた後も、昨年末に出場した紅白を振り返って「めちゃくちゃ緊張しました」と感想を語ったり、本日欠席となってしまった白岩瑠姫について「いつも本当に頑張ってくれている」と知られざる一面を明かしたりと、トークでもリスナーを盛り上げていた。

大盛り上がりのスペシャルライブのトリを飾ったのは、緑黄色社会。きょうの出演者の中で唯一のバンドアーティストということで、力強い長屋晴子のボーカルと一緒に楽器のサウンドを会場内に響かせる。長屋の表現力が活きる、メッセージ性の強い楽曲の多い緑黄色社会の楽曲。この日は「始まりの歌」「キャラクター」「Shout Baby」「LITMUS」「Don!!」「Mela!」という6曲を披露し、圧巻のステージを繰り広げた。

「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート 「オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023」イベントレポート

「Mela!」の最後の間奏にある「LaLaLa…」という曲とリズムに合わせて銀テープが飛ぶと共に、この日の出演者たち全員が手を左右に振りながら登場。エンディングでは、「オールナイトニッポン55周年を一緒にお祝いできて、僕たちも光栄でした」(&TEAM/FUMA)。

「今年初めてのライブがここでした! みんな最高だった! ありがとう!」(超特急/リョウガ)、「普段はラジオで音だけで繋がっているけど、今日は顔を見てライブができて楽しかったです」(緑黄色社会/長屋)、「良い経験になりました。音楽やラジオを通して1つになれた気がしました。景瑚も頑張った!」(JO1/川西)とそれぞれが感想を語り、リスナーをバックに写真を撮って、3時間半にわたる『オールナイトニッポンX(クロス)』のスペシャルライブは幕を閉じた。

イベントタイトル オールナイトニッポン55周年記念 オールナイトニッポンXスペシャルライブ2023

開催日時 2023年1月15日(日)開場15時00分/開演16時30分
開催場所 横浜アリーナ(神奈川県横浜市港北区新横浜3-10)
出演者 EXIT
&TEAM
佐藤景瑚、川西拓実、金城碧海(JO1)
超特急
緑黄色社会 ※五十音順



リンク

関連記事

■広告■

パワープッシュ

新着ニュース

「TOKYO IDOL FESTIVAL 2024」出演者第2弾発表! 昨年のメインステージ争奪LIVE優勝の「Merry BAD TUNE.」や、「#ババババンビ」「Peel the Apple」など、実力派揃いの23組がラインアップ 今年も「メインステージ争奪LIVE」開催決定!

2024年4月24日 20時45分

恋愛に憧れる本田望結に井上咲楽、塚地武雅が総ツッコミ!『太田胃散 presents 本田望結のMe to You』 4月27日(土)19時30分~21時30分 放送

2024年4月24日 08時00分

新しい学校のリーダーズa.k.a. ATARASHII GAKKO! 世界最大級のフェス「コーチェラ」のGOBI STAGEのWeekend 2で2週連続の大トリを飾る!ファンクラブツアー「新しい学校の青春部ツアー2024」大阪公演・札幌公演のチケット先着販売スタート!

2024年4月23日 22時37分

大原優乃、三田警察署の一日警察署長に就任! 過去に詐欺に遭いかけたエピソードも告白 「実は、私も詐欺に引っかかってしまったんです」

2024年4月23日 21時04分

兒玉遥 肩出しコーデで登場!さわやかな肌見せに大反響!

2024年4月23日 00時19分

YOASOBI コーチェラ・フェスティバル出演&初のアメリカ単独公演を敢行し、8月ニューヨーク&ボストンで単独公演が決定!さらに、アメリカの大手エージェンシーCAAとの契約が決定!

2024年4月23日 00時14分

gb(ジービー)がGANMI、Beverly、supabo.、アツキタケトモらとイベント『meguri』を初主催!至福の音楽空間を演出!

2024年4月22日 23時43分

aiko、5月8日リリース ニューシングル「相思相愛」初回限定仕様盤のライブ映像『Love Like Pop vol.23』のトレーラーを公開!

2024年4月22日 23時22分

大阪・関西万博 ボランティアユニフォーム発表会に堺市出身の女優・黒谷友香がゲスト出演!

2024年4月22日 23時17分

透色ドロップ、最大キャパ単独公演『花の便りの儚さ』大成功!新曲含め22曲をパフォーマンス

2024年4月22日 21時36分

アクセスランキング

  • 本日
  • 週間
  • 月間

-新着ニュース, 音楽ニュース
-, , , ,