大人気自転車ロードレース漫画『弱虫ペダル』が実写ドラマ化! 注目の第1話を見たスポーツ大好き増田有華の反応は!?

自転車ロードレースを題材にした渡辺航原作の漫画『弱虫ペダル』(秋田書店刊『週刊少年チャンピオン』連載中)の実写ドラマが、「BSスカパー!」(ドラマ『弱虫ペダル』公式サイト)にて好評放送中。

そのドラマの初回(第1話はYahoo!テレビ特設サイトで特別配信中)を、スポーツ好きで知られる女優・増田有華が視聴した。

増田有華

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第1話あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アキバをこよなく愛するオタク高校生の小野田坂道。運動が大の苦手で高校に入ったらアニメ研究部に入ろうと心に決めていたが、入学と同時に部員不足でアニ研は事実上の廃部状態に! 五人の部員を集めれば部を復活させられることを知った坂道は必死に部員集めに奔走する。そんな中、ひょんな事から出会った今泉俊輔に自転車勝負を申し込まれてしまう。尻込みする坂道だったが勝てば今泉もアニ研に入部すると聞き、レースに挑むことになる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「漫画『弱虫ペダル』は私の周りでもすごく人気がありますね。またいろいろな本屋さんで、作品をクローズアップしたコーナーが設置されているのを見て、とても有名な作品というイメージがあります」

増田さんはドラマを見る前、このように『弱虫ペダル』の印象を語っていました。

同作品のファンということもあり、実際にドラマを見た増田さんは、「あー! このシーン、漫画にある!」などと、原作に忠実なクオリティに興奮気味!

主人公・小野田坂道のチームメートでライバルの今泉俊輔が、負けず嫌いな一面を覗かせた場面では「私も負けず嫌い。学生時代にマラソン大会でライバルの子に勝てなかった時は本当に悔しかった(笑)」と自身に重ねることも。また、小野田坂道が楽しみながら自転車を漕ぐことでスピードアップした時は、「わかる! 歌も楽しいと思って歌うと、聞いている人にすごく伝わるらしいんです。楽しみながら何かをすることは、すごく大事」と強く共感していました。

第1話を見終えた増田さんは、次のように感想を語りました。

「見入ってしまってあっという間に時間が過ぎてしまいましたね! 原作を読んでいるので、漫画のいろいろな描写をドラマと対比させて、『漫画で見たシーンだ』と見るのも面白かったです。秋葉原をこよなく愛する普通のオタクの男の子が、ひょんな出会いで、劇的に変わっていく。そんな(小野田)坂道君を見ていると、希望をもらえます。第2話以降も、注目してドラマを見ていきたいですね」

原作ファンの増田さんが見ても、ドラマの出来に太鼓判を押せるということでしょう。そんな増田さんも、今後様々な媒体や作品に出演予定。自転車のようにどんどん加速していく増田さんの活躍にも期待です!

<増田有華さんの主な出演スケジュール>

・9月10日発売 メンズノンノ特別編集『B.LEAGUE BIBLE(ビーリーグバイブル)〜バスケットボール最強伝説。Bリーグ始まるってよ!』
・10月1日公開 映画『過激派オペラ』東京・テアトル新宿
・11月公開予定 映画『TOKYO CITY GIRL』主演

■『弱虫ペダル』について

自転車ロードレースという競技をテーマに、自転車ファンはもとより、幅広い層から支持を獲得。既刊46巻のコミックスの累計発行部数1500万部を超え、アニメ、舞台も好評を博している。自転車ロードレースは海外では最高峰のレース「ツール・ド・フランス」が世界で延べ数十億人に視聴されるなどメジャーであるものの、日本国内では近年まで認知度が高いとはいえませんでした。しかし、『弱虫ペダル』の人気をきっかけに同競技に関心を抱く人が続出。その影響力は社会現象になりつつあります。

ドラマでは主人公・小野田坂道役に舞台から引き続いて小越勇輝、坂道のチームメートでライバル・今泉俊輔役に木村達成を起用。原作同様、“自転車愛”に満ちた演出がなされている。今回、最大の見どころともいえるレース中の疾走感を実写でも表現。随所に出てくる自転車ロードレースの専門用語は、ヒロイン・桜井美南役の寒咲幹が解説し、競技に詳しくない人も楽しめる内容になっている。

■自転車ロードレースについて

『弱虫ペダル』は「自転車ロードレース」という競技をテーマにしている。同競技は主に舗装された道路を走り、着順やタイムを争う。走行距離は短いものでは数キロ程度、長距離レースでは1日で300キロ弱。コースは平坦な道が続くスプリントコース、起伏の激しい山道など、レースによって様々。基本的には個人競技だが、チームとしての目標を達成するため、気象条件や落車、選手のコンディションの差異など、偶発的要素も見据えたチーム戦略が勝負の明暗を分ける団体戦ともいえる。

第1話をYahoo!テレビ特設サイトで特別配信中!

スカパー!オンデマンドで見逃し配信実施中
http://www.bs-sptv.com/yowapeda/

©渡辺航(週刊少年チャンピオン) 2008/スカパー!・東宝・舞台「弱虫ペダル」製作委員会

タイトルとURLをコピーしました