秦 基博の新曲「終わりのない空」、松山ケンイチ主演の話題映画『聖の青春』主題歌に決定!映画新予告編も完成!

シンガーソングライター秦 基博が、松山ケンイチ主演の話題映画『聖の青春』(11月19日(土)全国公開)の主題歌として、新曲「終わりのない空」を書き下ろしたことがわかった。

『聖の青春』は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖[さとし]が、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、奇跡の実話を元にした感動作。村山聖を演じた松山ケンイチが、精神面そして、肉体面の両方から、役作りに挑んだ事でも話題となっており、11月19日(土)より全国公開される。

主題歌「終わりのない空」は、“痛いほど 僕ら 瞬間を生きてる もう 何も残らないくらいに”という、村山聖の人生とも重なる熱を帯びた世界観をもつ歌詞に、スケール感溢れるサウンドがマッチした壮大なナンバーで、秦が完成直前の映像を観て、原作を読み込み、書き下ろした。「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)、「水彩の月」(映画『あん』主題歌)、「Q & A」(映画『天空の蜂』主題歌)など、近年数々の印象的な映画主題歌を手掛けてきた秦 基博の、新たな名曲の誕生といっていいだろう。なお、「終わりのない空」の発売情報などは、近日中に発表される予定だ。また、「終わりのない空」が使用された映画新予告編は現在『聖の青春』公式サイトで視聴でき、9月10日(土)からは全国の劇場で一斉に上映がスタートするので、こちらもチェックしておこう。

デビュー10周年を迎える今秋、9月17日(土)には自身が出演のほかプロデューサーも務める「AUGUSTA CAMP 2016~produced by 秦 基博」、11月からは横浜・大阪(2DAYS)・名古屋・仙台・札幌・博多の6都市をまわる初の全国アリーナツアーが控えている。

益々精力的に活動する秦 基博から目が離せない。

秦 基博&映画関係者コメント
●秦 基博
主題歌のお話を頂き、村山聖さんという稀代の棋士のストーリーということで気合いが入りました。曲作りは5月頃から。完成直前の映像を拝見し、将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました。エンドロールに流れることをイメージしながらまず曲を、そしてアレンジを考えていきました。ちょうどツアーで全国を回っている時期だったので、その移動中に原作を読み進めながら歌詞の構想を練っていきました。サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した「人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。」という言葉から汲み取った想いを込めています。映画とともにこの「終わりのない空」を受け取って頂けたら嬉しいです。

●森義隆監督
また一人、村山聖の生き方に魅せられ、その才能を『聖の青春』に注ぎ込んでくれた仲間が増えました。秦さんは今回、その美しくやさしい歌声で、誰もが限りある人生を生きていることの刹那、そしてその現実の前でのわれわれの無力さ、そして、それでも生きることのなかにある希望を歌いあげてくれました。このエンディングテーマを通して、村山聖の短い人生の物語は、映画を観てくれたみなさん自身の人生の物語と重なり合っていくんだなぁ、と。感慨です。

●原作者 大崎善生
考えてみればはじまりは森信雄と私。いつも二人きりで白黒の画像の中にいた。二人で村山君の物語をいったいどのくらい語り合ったろうか。いつの間にかそれが画像になりカラーになり多くの人たちが私たちの世界に色と光をもたらしてくれた。そしてついにはこんなに美しい音楽までが抽出された。まるで何かを絞り出したような清らかなメロディーが、この世界に生まれ落ちた。

●野副亮子プロデューサー(KADOKAWA)
村山聖の太く短い一生は、没後20年近く経った今でも色褪せることなく語り継がれ、私たちの日常に、生きていることの素晴らしさを注ぎ込んでくれます。秦さんの歌声の中に、まさに「今」を生きる人々の日常に寄り添い、日々を尊ぶエールのようなパワーを感じ、主題歌をお願いしました。結果、村山聖が残してくれたものを、力強く感じられる、感涙必至のエンディングになりました。是非ご期待ください。

秦 基博×映画『聖の青春』 ©2016「聖の青春」製作委員会

映画『聖の青春』
『聖の青春』(さとしのせいしゅん)11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開

出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田 顕、柄本時生、鶴見辰吾、北見敏之、筒井道隆、竹下景子、リリー・フランキー
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』
脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『陽だまりの彼女』
主題歌:秦 基博「終わりのない空」 (AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan)
©2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA
http://satoshi-movie.jp/

あらすじ
1994年、大阪。路上に倒れていたひとりの青年が、通りかかった男の手を借りて関西将棋会館の対局室に向かっていく――。彼の名は村山聖[さとし](松山ケンイチ)。現在七段、“西の怪童”と呼ばれる新世代のプロ棋士だ。聖は幼少時より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、無理のきかない自らの重い身体と闘いながら、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指して快進撃を続けてきた。そんな聖の前に立ちはだかったのは、将棋界に旋風を巻き起こしていた同世代の天才棋士・羽生善治(東出昌大)。すでに新名人となっていた羽生との初めての対局で、聖は必死に食らいついたものの、結局負かされてしまう。「先生。僕、東京行きます」どうしても羽生の側で将棋を指したいと思った聖は上京を希望し、相談を持ちかける。先生とは「冴えんなあ」が口癖の師匠・森信雄(リリー・フランキー)だ。聖は15歳の頃から森に弟子入りし、自分の存在を柔らかく受け入れてくれる師匠を親同然に慕っていた。体調に問題を抱える聖の上京を家族や仲間は反対したが、将棋に人生の全てを懸けてきた聖を心底理解している森は、彼の背中を押した。東京――。髪や爪は伸び放題、本やCDやゴミ袋で足の踏み場もなく散らかったアパートの部屋。酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、同時にその強烈な個性と純粋さに魅了され、いつしか聖の周りには彼の情熱を支えてくれる仲間たちが集まっていた。その頃、羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖はさらに強く羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして一層将棋に没頭し、並み居る上位の先輩棋士たちを下して、いよいよ羽生を射程圏内に収めるようになる。そんな折、聖の身体に癌が見つかった。「このまま将棋を指し続けると死ぬ」と医者は忠告。しかし聖は聞き入れず、将棋を指し続けると決意。もう少しで名人への夢に手が届くところまで来ながら、彼の命の期限は刻一刻と迫っていた…。

秦 基博LIVE情報
AUGUSTA CAMP 2016 ~produced by 秦 基博~
日程:2016年9月17日(土)
会場:富士急ハイランド コニファーフォレスト
出演:秦 基博 / 杏子 / 山崎まさよし / 岡本定義(COIL) / あらきゆうこ / 元ちとせ / スキマスイッチ / 長澤知之 / さかいゆう / 浜端ヨウヘイ / 竹原ピストル / 松室政哉 / NakamuraEmi
時間:開場12:00/開演14:00/終演19:30(予定) 料金:全席指定 ¥7,560(税込)

「HATA MOTOHIRO 10 th Anniversary アリーナツアー 」
11月1日(火)横浜アリーナ
11月4日(金)大阪城ホール
11月5日(土)大阪城ホール
11月15日(火)名古屋日本ガイシホール
11月19日(土)宮城セキスイハイムアリーナ
11月27日(日)北海きたえーる
12月23日(祝・金)マリンメッセ福岡
※全席指定 7,560円(税込) / 未就学児入場不可
※横浜、大阪、北海道、福岡:9/24(土)一般発発売  名古屋:9/25(日)一般発売  宮城 : 10/2(日)一般発売
※開場・開演時間は秦 基博オフィシャルHPをご確認ください。

Information
秦 基博OFFICIAL WEBSITE:http://www.office-augusta.com/hata
秦 基博 公式Twitter: http://twitter.com/hata_official#<http://twitter.com/hata_official>

秦 基博 プロフィール
1980年10月11日宮崎県生まれ、神奈川県育ち。06年にシングル「シンクロ」でデビュー。日本武道館での全編弾き語り公演や全国各地の世界遺産での野外公演など多彩なライブ活動を展開。14年のシングル「ひまわりの約束」は100万ダウンロードを超え、記録的なロングヒットを続けている。15年の『青の光景』まで5枚のオリジナル・アルバムを発表。近年の主な映画タイアップは、08年公開『築地魚河岸三代目』の「虹が消えた日」、14年公開『STAND BY ME ドラえもん』の「ひまわりの約束」、15年公開『あん』の「水彩の月」、『天空の蜂』の「Q & A」など。デビュー10周年を迎える今秋には、全国6大都市をまわる記念のアリーナツアーも実施する。

タイトルとURLをコピーしました