Loading...

平手友梨奈×中村蒼、地方競馬を舞台にした人と馬の成長と再生の物語が今週放送“競走馬が駆ける姿は圧巻”「風の向こうへ駆け抜けろ」乗馬写真公開

中村蒼

俳優の中村蒼(30)が出演するNHK土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』【2021年12月18日(土)、25日(土)21:00~22:13(前・後編)放送予定】にて、馬と共に約2か月間に及んだ撮影の写真が初公開となった。

中村蒼自身は以前、乗馬の経験はあったものの、今回は乗馬とは違ったスタイルのため、撮影に入る前から練習を重ねた。

瑞穂や厩舎メンバーをリーダーとして先導し、悩みながらも共に夢を追いかける光司を演じることで、役者としても新たな役どころで挑戦になった。

古内一絵の同名小説のドラマ化となる本作は、中央の競馬学校に進み卒業、プロデビューするが成績は上がらず、居場所をなくした新人女性騎手・芦原瑞穂(演:平手友梨奈)と、そんな瑞穂を迎え入れる廃業寸前の緑川厩舎を運営する緑川光司(演:中村蒼)と厩舎で働く人間の、地方競馬を舞台にした人と馬の成長と再生の物語。

中村蒼演じる緑川光司は、G1を制した元スタージョッキーだったが八百長疑惑で引退し、今は「藻屑の漂流先」と呼ばれるボロボロの緑川厩舎を運営。

調教師として厩舎を率いているが、やる気はなくただ時が過ぎるのを待っているような日々である。

光司のほかに、緑川厩舎には、頑固で融通の利かないベテラン厩務員たちと、馬には優しいが人には心を閉ざした失声症の若い厩務員など、みな社会のあぶれものばかり。

そんな光司は瑞穂と出会い、瑞穂のひたむきな情熱に触れ、彼女の成長を助け、厩舎の仲間と共に人生を再生していく。

苦難の中、戦う人々に希望の風(エール)を送る、NHK土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』にご期待ください。

中村蒼コメント

これまでこんなにも馬と時間を共にした事はなかったのでとても幸せでした。見ているだけで心が癒されていきました。きっと今回の全員のキャスト、スタッフが同じ様に癒されたと思います。

そして間近でみる競走馬は迫力が凄く、競馬場で駆ける姿は圧巻でした。

平手さんとは今回初共演でしたが、撮影が始まると瑞穂そのもので力強くエネルギッシュな姿になり、撮影以外だとハタチの可愛らしい年相応の女性になって色んな顔をみせてくれる魅力的な方だなと思いました。どのシーンもどうすればもっと良い物になるかを積極的に話してくれて頼れる存在でした。

演じた光司は一見無愛想で瑞穂に対しても冷たい態度をとるのですが、嫌な人間には見えない様に意識しました。幼い頃から馬と接してきたこともあり、心根は優しく偏見の目で人を見ない所が光司の良い所なのでそこは忘れず大切に演じました。

今作はとてもストレートに人の成長と人の繋がりを表現しています。

改めてその大切さを感じてもらえるのではないかと思ってます。

内藤愼介プロデューサーコメント

役者・中村蒼は、仲間を自然と包み込む不思議なリーダーです。

緑川厩舎は、小沢さん、大地さんのような強面なベテラン、物静かな平手さん、板垣さん、少しやんちゃな高橋さんと年齢差もあり個性豊かでした。そんな中で、中村さんは、うまくみんなをまとめてくれていました。変な説得力があるのです。物静かな中村さんが醸し出す説得力は、たぐいまれな洞察力によるもののような気がします。そんな中村さんが演じるやさぐれながらも人を引き付け再生していく緑川光司は必見です。ご期待ください。

【ストーリー】
新人女性騎手、芦原瑞穂(平手友梨奈)は養老牧場を営んでいた父を震災後に亡くした。その後、福島にて父の友人に誘われ桜の植樹をする。中央の競馬学校に進み卒業、プロデビューするが成績は上がらず苦しんでいた。そんな瑞穂を迎え入れたのは、やる気のない調教師の緑川光司(中村蒼)が運営する廃業寸前の厩舎だった。
瑞穂は地方競馬で騎手として再デビューすることになったものの、有力馬主のセクハラを拒絶したため馬を引き上げられ、厩舎は存続すら危ぶまれる。「もう終わりだ」と呟く光司に「終わり?まだ始まってもいないじゃない!」と諦めない。瑞穂の姿勢に心を動かされた光司も一念発起し新たな馬を探すことに。そうして見つけたのは虐待され傷付いた馬・フィッシュアイズだった。光司と瑞穂の熱い情熱によって厩務員たちも一丸となり、フィッシュアイズを再生に取り組む。瑞穂と光司は人馬一体となり、成績次第では地方の所属馬でも挑戦することができる中央競馬会のクラシックレース・桜花賞に狙いを定め挑む!

【番組概要】
〈番組名〉土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』
〈放送予定〉NHK総合 2021年12月18日(土)、25日(土)21:00~22:13(前・後編)
〈原作〉古内一絵「風の向こうへ駆け抜けろ」 (小学館文庫)
〈脚本〉大森寿美男
〈音楽〉中島ノブユキ
〈出演〉平手友梨奈、中村蒼、板垣李光人、降谷建志、奥野壮、石井正則、高橋侃、剛力彩芽、池内博之、玉山鉄二、小沢仁志、大地康雄、奥田瑛二 ほか
〈制作統括〉内藤愼介(NHKエンタープライズ) 岡本幸江(NHK)
〈演出〉西谷真一(NHKエンタープライズ)

■中村蒼プロフィール
中村蒼(なかむら・あおい)
1991年3月4日生まれ。福岡県出身。2006年、主演舞台「田園に死す」で俳優デビュー後、数々のドラマ、映画、舞台に出演。近年の主な出演作に、ドラマ『ネメシス』(NTV)、『神様のカルテ』(TX)、連続テレビ小説『エール』(NHK)、BS時代劇『赤ひげ』シリーズ(NHK BSプレミアム)、映画『もみの家』、舞台『お気に召すまま』、『忘れてもらえないの歌』、『MISHIMA2020 班女』、『君子無朋~中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝~』など。
新国立劇場2021/2022シリーズ「声 議論,正論,極論,批判,対話…の物語」Vol.2『ロビー・ヒーロー』にて出演を務め、2022年5月6日(金)より公演。

◆中村蒼公式サイト
https:///aoi-nakamura.lespros.net

◆中村蒼公式Blog
アメーバブログ
https://ameblo.jp/aoinakamura-lespros/

◆中村蒼スタッフ公式Twitter
Twitter
https://twitter.com/lespros_aoi/

タイトルとURLをコピーしました
🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🌼🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀