Loading...

【ライブレポート】Awesome City Club、2021年最後のワンマンライブ。さらなる弾みをつける特別な一夜に。

Awesome City Club

LIVE PHOTO:後藤啓太

12月8日、Awesome City Clubがワンマンライブ『Awesome Talks One Man Show - to end the year -』を東京ガーデンシアターで開催した。彼らのワンマンでは過去最大キャパで行われ、WOWOWライブで生中継もされたこの日のライブは、飛躍の一年を締め括るとともに、年末に向けてさらなる弾みをつけるような、貴重な一夜となった。

サポートとともにメンバーがステージに姿を現し、一曲目に披露されたのは7作連続シングル配信の第一弾として先月リリースされた新曲“you”。暗いステージが後ろからの強い照明に照らされ、メンバーのシルエットがぼんやりと浮かぶ中、ゆったりした4つ打ちを基調とする重厚なアンサンブルで進み、落ちサビでメンバー3人にスポットライトが当たるドラマチックな演出が、特別な一夜の始まりを印象付ける。

「Awesome Talks One Man Showへようこそ!やっと会えたね!」とPORINが呼びかけて始まった“夏の午後はコバルト”では、パーカッションをフィーチャーした軽快な曲調に場内からクラップが起こり、ミドルチューンの“color”を経て、スケールの大きな“またたき”をatagiが情感たっぷりに歌い上げ、モリシーがエモーショナルなギターソロを奏でると、オーディエンスからは大きな拍手が贈られた。

「今日はタイトル通り、今年を締めくくるライブということで、僕たちもすごく楽しみにやってきました。最後まで目いっぱい、我々と一緒に音楽を楽しんでもらえたら嬉しく思います」とatagiが話すと、続く“Sing out loud, Bring it on down”では5人のゴスペルクワイヤが登場し、華やかな歌声で楽曲を盛り上げる。さらに“Fractal”、“アンビバレンス”と、前半は比較的最近の曲が続いたが、ここで披露されたのがファーストアルバムからの“Lesson”。スモークがたかれる中、PORINが耳に残るシンセのリフを弾き、長く彼らを応援するファンを喜ばせた。

“Cold & Dry”のテクニカルなメロディーをatagiが歌い切ると、ピアノによるインタールードを挟んで、“Moonlight”からは衣装チェンジをし、atagiは青のスーツ、PORINは赤のドレスと、フロント2人の対比が実に鮮やか。PORINがメインで歌う“台湾ロマンス”、シタールの音色が印象的な“燃える星”と続け、“タイムスペース”では〈手と手を鳴らしてよ 聞かせてよ〉という歌詞の通り、場内が手拍子に包まれた。

ここで「日本レコード大賞」のノミネートと「紅白歌合戦」への初出場をあらためてオーディエンスに伝え、盛大な拍手が贈られる中、PORINは「私たちは渋谷のちっちゃなリハーサルスタジオから始まったバンドで、ずっとライブハウスでライブをしてきました。ライブが心の底から大好きで、自分たちが一番輝ける場所だと思っているので、今日はみんなと最高の景色を見に行きたいと思います」と想いを語る。

atagiが「せっかくのライブだからみんなと一体になりたくて、クラップを使う曲を用意してきました。みなさん、一緒にクラップしてくれますか?」と呼びかけて始まった“SUNNY GIRL”からはゴスペルクワイヤに加え、サックス、トランペット、トロンボーンのホーンセクションも加わり、総勢15名による華やかなパーティーモードに突入していく。

その盛り上がりをさらに加速させたのが、“湾岸で会いましょう”でゲストとして迎えられたラッパーのPES。「心で叫べ!セイ、ホー!」とオーディエンスを煽ると、サビでは一斉に手が振られ、atagiとPORINと一緒にステップを踏んだりと、一曲で場内の温度をさらに上げてみせた。さらに、ホーンセクションのソロをフィーチャーした“but xxx”を続けると、華やかなディスコストリングスが印象的なオーサムのライブアンセム“Don’t Think, Feel”へ。モリシーが中毒性のあるループフレーズを弾き、サビでは声は出せなくとも手を挙げてコール&レスポンスが行われ、この日一番の一体感が生まれていた。

「最高です!」とPORINが笑顔を見せ、3人で濃密な一年を振り返ると、再びPORINが「このバンドは今までいろんなストーリーがあって、苦難もあったけど、こうやって最高の景色をいま見れているのは、自分たちの感性を信じて、ここまで歩みを止めずに進んできたからだと思っています。そんな想いを書いた曲を聴いてください」と語り、“Okey dokey”を披露。〈迷う間も無く変わり続けた いばら道がよく似合う 僕らは不器用に進んで 真実は今ここにある〉といった歌詞がスクリーンに映し出され、メッセージとして伝えられると、最後に披露されたのはこのステージに3人を導いた“勿忘”。花開く映像とともにリリカルなメロディーと熱い演奏を届け、本編を終えた。

アンコールでは4枚目のフルアルバムのリリース、2年ぶりの全国ツアー開催が発表され、PORINが「2021年はお花が咲いたような、実りの多い一年だったんですけど、2022年もまた新しい、美しい、きれいなお花を咲かせようと思いますので、ぜひついてきてください」と呼びかけ、オーサムの冬ソングの定番“青春の胸騒ぎ”を披露。最後はatagiが「これからの僕たちに期待してほしいという想いで、今の僕たちの想いが詰まった最新の楽曲でお別れしたいと思います」と伝え、リリースされたばかりの新曲“雪どけ”を雪が降る映像とともに届けて、感動的にライブが締め括られた。

TEXT:金子厚武

Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club Awesome City Club

LIVE PHOTO:後藤啓太

Awesome Talks One Man Show - to end the year -

- Set List -
Playlist:https://ACC.lnk.to/toendtheyear

1.you
2.夏の午後はコバルト
3.color
4.またたき
5.Sing out loud, Bring it on down
6.Fractal
7.アンビバレンス
8.Lesson
9.Cold & Dry
10.Moonlight
11.台湾ロマンス
12.燃える星
13.タイムスペース
14.SUNNY GIRL
15.湾岸で会いましょう feat. PES
16.but xxx
17.Don't Think, Feel
18.Okey dokey
19.勿忘
En1.青春の胸騒ぎ
En2.雪どけ


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました
🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🌼🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀