Loading...

俳優・佐藤浩市キャリア初のヴォーカル・アルバム『役者唄 60 ALIVE』が本日発売。自身が作詞を手がけた「Life is too short」のMVも公開

佐藤浩市

日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市が、映画デビュー40周年の2021年、初めて歌手としてアルバム『役者唄 60 ALIVE』を、自身の61回目の誕生日である本日10日(金)にリリースした。

佐藤浩市は、12月8日放送のフジテレビ「FNS歌謡祭」第2夜に出演し、原田芳雄や松田優作で知られる名曲「横浜ホンキー・トンク・ブルース」を、江口洋介と小澤征悦とともに歌唱。伸びやかで説得力のある歌声とダンディなたたずまいで、「歌声にシビれた!」、「激渋」、「イケオジ」といった絶賛のコメントがSNS上で多数飛び交った。江口洋介と小澤征悦との共演による「横浜ホンキー・トンク・ブルース」は、ブルーノート東京でライヴ・レコーディングされた今回のアルバムにも収録される。

佐藤浩市

©操上和美

そして、アルバム収録曲の「Life is too short」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。「Life is too short」は、佐藤浩市が初めて作詞を手がけたナンバー。本人曰く、数年前に行きつけのバーで深夜にシンガーソングライター/ギタリストの田内洵也と30分程度で作った曲とのことだが、大切な人を失った喪失感を綴った胸にしみる歌詞となっている。

ミュージックビデオは佐藤浩市の“才能のある若手にチャンスを与えたい”という願いのもと、気鋭の真田宗仁郎が監督を務めた作品。売れない漫談師を金山一彦が、それを支える恋人を尾野真千子が演じるという映画のような豪華配役で、他にも小澤征悦、金井勇太、寛一郎などが友情出演している。さらに、漫談師が出演する劇場支配人を佐藤浩市が演じているのも注目だ。ちなみに、YouTubeで公開されたのはショート・ヴァージョンで、フル・ヴァージョンはアルバムのDVDに収録されている。

尚、アルバムのDVDに収録されている無観客ライヴ映像が、現在ぴあ、イープラス<Streaming+>、ZAIKOにてストリーミング配信(有料)中。アーカイブ配信視聴期間は明日11日(土)23:59までなので、興味のある方はお早めに。

■映像

佐藤浩市 - “Life is too short” (Official Music Video) Short Version
YouTube
Share your videos with friends, family, and the world

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました
🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🌼🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀