Loading...

石橋陽彩、17歳の葛藤が描かれた新曲「ミライ」のMVが公開!

石橋陽彩

石橋陽彩の楽曲「ミライ」のミュージックビデオが12月4日(土)18時にYouTubeでプレミア公開された。

「ミライ」は、今年8月に開催された石橋陽彩ファンクラブ2周年を記念して開催された「HimawaRing 2nd Anniversary festival」にて初披露され、ファンからは楽曲公開を今か今かと強く望まれていた、待望の楽曲。

石橋陽彩はこの楽曲について「この曲は僕の気持ちです。今の自分にしか書けないような、気持ちや葛藤を詩に書きました。ミライに向かって突き進む僕をこれからも応援していただけたら嬉しいです。皆さんのミライに寄り添える曲になりますように」とコメントしている。

石橋陽彩が「今の自分にしか書けない詩を」と作詞に強い想いを込めた今回の楽曲は、

オリジナル曲第二弾に引き続き、様々なアーティストへの提供・プロデュース「弱虫ペダル」「Dr.STONE」など数々の人気のTVアニメ主題歌を担当する、佐伯ユウスケ氏と共に制作。

佐伯ユウスケ氏とは、昔から交友があり、日頃から石橋陽彩自身が「師匠」と呼び慕っていることもファンの中では非常に有名。普段のSNS上でのやりとりもとてもほほえましい、仲の良さが垣間見える間柄だ。

MVの監督を務めたのは、YOASOBIの「ハルジオン」の元となった小説『それでも、ハッピーエンド』を手がけたことでも知られる小説家・橋爪駿輝。

MVに先駆けて、先週、石橋陽彩自身の撮りためた「自身の心を動かした最高の空」の写真を詰め込んだリリックビデオが公開されている。

今回公開されたMVでは、楽曲にリリックビデオとは異なる、とある演出がされているということ。

是非リリックビデオもチェックしてみよう。

石橋陽彩プロフィール▼
石橋陽彩

4歳よりエイベックスアカデミー東京校で歌とダンスのレッスンを始める。エイベックス主催オーディション「キラチャレ2015」では約10,000人の頂点にたち「歌部門」グランプリを獲得するなど、歌の天才少年として注目される。2018年3月、第90回アカデミー賞®受賞作品 ディズニー/ピクサー大ヒット作「リメンバー・ミー」では、主人公ミゲル役の日本語吹替版声優に抜擢。14歳とは思えない圧倒的な歌唱力と声の表現力が話題を呼び、2019年2月に開催された初の単独ライブが即完するなど幅広い世代から注目を集める。

2019年6月にはアニメーション映画「海獣の子供」の”海”役を演じ、2020年4月からは、テレビ東京系列「遊☆戯☆王SEVENS」主人公"王道遊我"役を演じるなど、幅広く活動中!

オフィシャルサイト▼

石橋陽彩(いしばしひいろ)オフィシャルサイト
石橋陽彩(いしばしひいろ)オフィシャルサイト

SNS▼

Twitter:https://twitter.com/HIIRO_ISHIBASHI

Instagram:https://www.instagram.com/hiiro_ishibashi/?hl=ja

LINE:https://lin.ee/E0nLN4A

オフィシャルファンクラブ「HimawaRing」▼

石橋陽彩/HimawaRing
石橋陽彩オフィシャルファンクラブHimawaRingの入会案内、入会登録、会員情報変更、会員限定コンテンツのサイト。
タイトルとURLをコピーしました
🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🌼🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀  🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀🍀 🍀🍀