Loading...

Kalafinaとしても活動していたKEIKO、作詞も手がけた新曲「キミガネムルカラ」MVティザー公開!

KEIKO

「Kalafina」のメンバーとしても活動していたKEIKOが、12月8日に発売するソロとして2枚目のNEWアルバム「dew(読み方:デュー)」から、新曲「キミガネムルカラ」のMVティザーを公開した。

KEIKO KEIKO

「キミガネムルカラ」は10月から12月まで毎月行っている定期ライブ「KEIKO Lounge」の11月の公演で初披露をされた楽曲であり、KEIKO自身が作詞も務めた楽曲となっている。

作曲は、先日、MVティザー映像も公開された新曲「八月の空」同様、eji(キーボーディスト、ピアニスト、作編曲家)が担当。

公開された「キミガネムルカラ」のMVティザー映像は深海にいるかのような群青色を基調とした世界観の中でKEIKOが独り口ずさむ姿は絵画の様でもあり、詞と曲の世界観も相まってとても深みのある映像作品となっている。

KEIKOは現在、10月から12月まで3ヶ月連続ワンマンライブも開催しており、12月19日が定期公演最終日となっている。

実力派シンガー・KEIKOの情感のこもった深みのある歌声を是非ライブで体感してほしい。

【PROFILE】

KEIKO

梶浦由記プロデュースの3人組女性ボーカルユニット「Kalafina」のメンバーとして、2008年1月に劇場版アニメ『空の境界』エンディングテーマ「oblivious」でCDデビューし、その後も、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』や、NHK「歴史秘話ヒストリア」のテーマソングなどを歌唱しており、梶浦由記の幻想的なサウンドと表現力豊かなコーラスワークによってひとつの物語のように創られた楽曲と芸術性の高い世界観は日本国内のみならず、海外での人気も高く、2009年にボストンで開催されたアニメベント出演を皮切りに、これまでLA、シカゴ、シンガポール、マレーシア、ドイツ、ジャカルタ、タイなどでもイベントやライブに出演。台北、上海、香港ではワンマンライブツアーも開催していた。

2020年4月16日より「KEIKO」名義でソロシンガーとして活動を開始。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました