Loading...

俳優・佐藤浩市キャリア初のヴォーカル・アルバムより、宇崎竜童と木梨憲武を迎えた新曲「Shut Up!!」が先行配信。役者仲間が参加のMVも公開

佐藤浩市

日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市が、映画デビュー40周年、そして還暦イヤーの2021年、初めて歌手としてアルバム『役者唄 60 ALIVE』を、自身の誕生日の12月10日(金)にリリースする。

アルバム発売に先立ち、収録曲「Shut Up!!」が先行デジタル配信された。この曲は、宇崎竜童が今回のプロジェクトのために書き下ろしたナンバーで、世の中の不条理にNOを叫ぶダンサブルなナンバー。ブルーノート東京で行われた無観客ライヴ・レコーディングには宇崎竜童と木梨憲武がゲスト・ヴォーカルで参加し、豪華コラボレーションを披露している。

また、同楽曲のショート・ミュージックビデオがYouTubeにて公開された。これは佐藤浩市の“才能のある若手にチャンスを与えたい”という願いのもと、俳優の東龍之介が監督を務めた作品。佐藤浩市が昼下がりの公園で酒を飲みながら競馬新聞を読む冴えない中年男性を演じる他、宇崎竜童、木梨憲武、浅田美代子、小澤征悦、吉木りさ、須田邦裕、寛一郎が友情出演している。

尚、既に発表されている通り、アルバムのDVDに収録される無観客ライヴ映像の先行上映イベントが、ライヴ会場であるブルーノート東京にて12月1日(水)に開催。上映後には佐藤浩市とギタリストの原田喧太がステージに登場し、アルバムの制作エピソードなどのトークが披露される。アルバム発売に先がけて、本人の口から歌への思いを直接聞くことができる非常に貴重な機会だ。尚、同日20時より、ぴあ、イープラス<Streaming+>、ZAIKOにて、同ライヴ映像のストリーミング配信も実施される。

■映像


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました