Loading...

ゆるミュージックほぼオールスターズのデビューソング「るるる生きる」リリース! 今夜「るるる生きる」Music VideoがYouTubeプレミア公開!

ゆるミュージックほぼオールスターズ

明るく元気な天然素材とキュートなルックスで人気音楽情報バラエティー番組「sakusaku」(tvk)の5代目MCに大抜擢され、Instagram & TikTokの総フォロワー数15万人を超える人気インフルエンサーでもあるトミタ栞。

その彼女を中心に結成されたバンド、ゆるミュージックほぼオールスターズが、本日11月22日(月)、デビュー曲となる配信シングル「るるる生きる」をリリースした。

このバンドは誰でもすぐに弾ける「ゆる楽器」を使って誰とでもすぐに「合奏」でき、音楽の楽しさを実感できるそんな世界を目指している「世界ゆるミュージック協会」が、筋ジストロフィーと闘いながら音楽活動中の小澤綾子や、LGBTQの視点からの演出で評価の高いクリエイティヴディレクターの五十嵐 LINDA 渉、インド人発明家のラヴィ・クマールなど、各界から個性あふれるメンバーを募り、実現したもの。

協会代表の澤⽥智洋が作詞・作曲を務めたデビュー曲「るるる生きる」は、年齢・性別や国籍を越え、誰もが気軽に音楽を楽しめるようにするという、ゆるミュージックのコンセプトが詰まった、バンドのテーマソング的な一曲。

腕をくるくる回す「るるるダンス」が可愛らしい「るるる生きる」Music Video(https://youtu.be/QRY4SF-UDF0)は、TikTokやSNSでも、子どもを中心に人気上昇中。

MVは本日21:00にYouTubeプレミア公開されるので、お見逃しなく。

また、YouTubeではMVのメイキング映像(https://youtu.be/Za1ZMTR9IrY)も公開された。

バラエティ豊かなメンバーの舞台裏の様子が楽しめるので、こちらも是非、ご覧頂きたい。

トミタ栞コメント

今までソロで音楽活動をしてきましたが、憧れだったバンドを、ユニークなメンバーと組めることになり嬉しいです!

まだまだ知らない世界を知れる、ワクワクの詰まったこのバンドに、あなたもゆるく巻き込まれてみませんか?

トミタ栞

<Info>

ゆるミュージックほぼオールスターズ デビューソング

『るるる生きる』 11月22日(月)配信スタート

▼STREAMING & DL

ゆるミュージックほぼオールスターズ
Go to ゆるミュージックほぼオールスターズ.

<About>

ゆるミュージックほぼオールスターズ

・ゆるミュージックほぼオールスターズ(ゆるほぼ) オフィシャルHP https://yurumusicband.com

・ゆるほぼTwitter https://twitter.com/yurumusicband

・ゆるほぼInstagram https://www.instagram.com/yurumusicband/

・ゆるほぼYouTube https://www.youtube.com/channel/UCvITOmtcfl8v23F2uM1lg9A

・大阪・関西万博 「TEAM EXPO 2025」プログラム/共創チャレンジ https://team.expo2025.or.jp/challenge/70

■世界ゆるミュージック協会について(https://yurumusic.com

すべての人に楽器を演奏する喜びを提供するプロジェクトです。

人々が楽器をやらない理由は、「自分には才能がない(と思い込んでいる)」「挫折した経験がある」「始めるきっかけがない」「騒音が気になる」など様々です。

それなら、「人が楽器をやらない理由をなくす新しい楽器」をつくれないだろうか。リズム感や音感がなくても大丈夫。騒音が気にならない。

気軽に、そして気兼ねなくプレイできて、多様なラインアップから自分に最適な一つを選べる。

これまで40以上の「ゆるスポーツ」を開発してきた世界ゆるスポーツ協会が「ゆる楽器」の開発を行います。

■一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会について

公式HP: https://yurusports.com

公式Facebook: https://www.facebook.com/yurusportslove

世界ゆるスポーツ協会は“スポーツ弱者を、世界からなくす。”ことをコンセプトに、2015年4月10日に発足しました。

当協会は、だれでも楽しめる新しいスポーツジャンルを創りだすことを追求し、60種類以上(2021年1月1日現在)の競技を公開し、幅広く親しんでいただく活動を行っています。

また、運営にあたりプロデューサー、ディレクターを中心に、スポーツアンバサダーおよび、多数のスポーツクリエーターにより推進しています(https://yurusports.com/members)。

2017年12月に「HEROs AWARD」の第1回となる「HEROs Award 2017」を受賞。

タイトルとURLをコピーしました