Loading...

マツコ・デラックスとホラン千秋が息ぴったりな演技! 新TV CMマウスってどうなのよ? シリーズ「3連発」篇がオンエア開始!

マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇

マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇が11月19日(金)より全国でOA開始されている。

マウスってどうなのよ?シリーズの第2弾として、今回のCMでもお客様役としてマツコ・デラックスさん、店員役としてホラン千秋さんを引き続き起用。

新TV CMは、同日公開される最新6秒WEB CM動画3本を繋げて制作した「3連発」篇で、マツコさん、ホランさんのやり取りがテンポ良く展開されるのが特徴です。

マウスコンピューターの店舗に来店したマツコさんと、ホランさんの軽快な掛け合いのなかでマウスコンピューターが「長野県でこころを込めて作っていること」、「ビジネス向けパソコンが好評であること」、「Windows11搭載パソコンがあること」を紹介します。

CMでは前回同様、ホランさんの淡々とした接客に、マツコさんが言いくるめられてしまうというという内容ですが、今回のCMでも、ホランさんのさらに完璧な接客態度にマツコさんがタジタジ!?次々変わるマツコさんの表情にも必見です。

撮影では監督をはじめ、マツコさん、ホランさん、撮影スタッフ全員が“最高のCM”を作りたいという想いの元、1カットが終わると「もっとこうしたほうがいいかもね」「表情を変えてみる?」と集まって協議。

様々なパターンでの撮影になりましたが、マツコさんとホランさんの息ぴったりの掛け合いで次々と「OK」を取ると、「タイミング、分かりやすさも完璧ですね!」と監督も2人を絶賛していました。

特に、監督は言い方やタイミング、表情を変えるなどどんどん出てくる様々なバリエーションの演技にぞっこんの様子。

2人の魅力を余すことなくカメラに収めたいと思う監督がカメラをなかなか止めずにいると、マツコさんから「長くない?はやく(カメラを)止めなさいよ!弄んでんの?(笑)」とツッコまれることもありました。

出演者、撮影スタッフが一丸となり、一切の妥協ない新CMにご注目ください!

マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇

撮影現場レポート

■全員納得の“最高のCM”を作りたいという情熱があふれる現場に!

行き過ぎた監督の情熱にマツコさんが思わす「弄んでいるの?(笑)」とツッコミ!?「よろしくお願いしますー!」と笑顔で現場入りしたホランさん。

その後黒のワンピース衣装で現場入りしたマツコ・デラックスさんはホランさんを見つけると「あらあら、久しぶりね。小奇麗に・・・もうそれ(スーツ姿)しか着ないようにしてるの?」と早速“マツコ節”で挨拶をしていました。

撮影前、打ち合わせが始まると、前回のCM同様マツコさんには「暴れまわって欲しい!」という監督の想いから議論がヒートアップ。

撮影前打ち合わせが15分の予定のなか、約1時間しっかりと今回伝えたいコンセプトや“面白さ”を監督、出演者、撮影スタッフがとことん追求し、最後にはマツコさんも「あ~楽しい!(笑)」と言うほど、ワクワクした様子で撮影に臨みました。

最高のCMを作りたいという想いは、撮影が始まっても収まらず、1カットが終わる度に監督とマツコさん、ホランさんが集まって協議を重ね、表情やセリフの言い方を変えて様々なバリエーションの撮影に挑戦していました。

そんな想いは出演者だけでなく、監督の撮影にも表れてしまいます。

次々と出てくるマツコさんの表情や言葉を一瞬も逃したくないと思う監督は、最後のセリフが終わった後も、なかなかカットの声をかけず、マツコさんの次のリアクションをずっと期待する場面も。

あまりにもカットがかからないため、「(カットまでが)長くない? なに?弄んでんの?(笑)」とマツコさんからツッコまれる一幕がありました。

「長いのよ!昔の(撮影方法の)悪い癖よね・・・!」と監督にツッコミの追い打ちをかけるものの、いざ撮影が始まると、監督の想いに応えるように、カットの声がかかるまで色々な表情やセリフを披露したマツコさんとホランさん。

最終的には「非常にシンプルで分かりやすいんじゃない?」とマツコさん、ホランさん、撮影スタッフ全員が納得するCMを撮影することができました。

現場にいる全員が“最高のCM”に情熱をかけた30秒にご注目ください!

■今回もマツコさん、ホランさんの軽快な掛け合いにも注目!

ぶっつけ本番の撮影にも仲の良い息ぴったりな演技で乗り越える!

WEBバンパー動画の撮影で、マツコさんにビジネスパソコンと通常のパソコンの違いを聞かれたホランさんが笑顔でやりすごすというシーン。

このシーンは撮影直前の打ち合わせで急遽、ホランさんの表情にフォーカスを当てることになったため、ぶっつけ本番で行うことになりました。

ホランさんは「笑顔のレパートリーが・・・(笑)」と心配しつつも様々な表情を見せていましたが、セリフに目線の位置に、という調整に少し苦戦していた様子。

すると、マツコさんが 「いいのよ!どうせ何回もやらされるから」とすかさずフォロー。

さらに心配していた笑顔についても「綺麗よ~。やっぱ知的なモノがありつつ綺麗っていうね。」とホランさんの演技をべた褒めし、仲の良い2人ならではな息ぴったりな演技でぶっつけ本番にも関わらず、「タイミング、分かりやすさも完璧ですね! 」次々とOKをとっていました。

しかし、そんなホランさんを「べた褒め」なマツコさんもインタビューでは、まさかの発言も!?2人の軽快な掛け合い、そしてそんな2人が見せるインタビューもご期待ください!

マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇 マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇

マツコ・デラックスさん、ホラン千秋さんインタビュー

Q.昨年に引き続き、CM出演ありがとうございました!前回の撮影から1年経ちましたが近況はいかがですか?

マツコ・デラックス:撮影ありがとうございますって・・・大晦日みたいね。今年もってなると。

ホラン千秋 :今年も、もう終わりますから。

マツコ・デラックス:そうね。もう・・終わったみたいなものだもんね。よいお年を。

ホラン千秋 :よいお年を、ですね!(笑)夏が終わると早いですよね。

マツコ・デラックス:あ~今年もなんにもやらずに終わった。一年。

ホラン千秋 :本当ですか?何かあれやりたい、これやりたい、とテレビなどで仰ってるじゃないですか。

マツコ・デラックス:そんなこと言ってる?

ホラン千秋 :例えば、ジム行きたいとか。

マツコ・デラックス:あー!ジムに行こうとおもっていたら、緊急事態宣言になってしまって・・・・・・。
だから私、一歩も家出てないわよ。まぁ、あなたもそうよね。今、大変だものね。

ホラン千秋 :私は、家でパソコンさえあれば動画配信見て幸せな人間ですから。

マツコ・デラックス:動画配信ってなによ、何見ているのよ?

ホラン千秋 :だいたい、韓国ドラマ見てます。

マツコ・デラックス:あぁ、もう典型的なババァね。

ホラン千秋 :あぁ!(笑)今、本当に面白い作品があるので!

マツコ・デラックス:面白いことは知っているけど、典型的なババァだと思った。(笑)

ホラン千秋 :もう、それが幸せなんです。そこにしか幸せがないので。

マツコ・デラックス:でも、似たようなものですよ私も。

マツコ・デラックスさん、ホラン千秋さんインタビュー①

Q.今回のCMも息の合った掛け合いが印象的でしたが、改めて共演してみていかがでしたか?

ホラン千秋 :本当に楽しいですし、前回もそうだったのですが、
マツコさんが本当にいいモノを作りたい、いいCMを作りたいという本気をここで見られるのが
とても楽しみで、今日も痺れました。写ってないところが一番痺れるのですけどね・・・。

マツコ・デラックス:そうなのよ!写っていない所をいつか皆様へお見せしたい!

ホラン千秋 :記録はされているのですが、放送はされないというのが苦しいのですよね。

マツコ・デラックス:そうよ。だからどうしよう・・・もう全部貰っておこうかしら。各収録のカットした部分。
それを全部繋げただけで、

ホラン千秋 :Youtubeチャンネルできますよ。

マツコ・デラックス:Youtubeどころかカンヌとかに出展できるかもよ。(笑)

ホラン千秋 :芸術性の高い作品として(笑)

マツコ・デラックス:全然見ないよ!カンヌの人!(笑)

ホラン千秋 :前回、ちょっと残念なところが、あなたのいいところよ、と言っていただいたのですが
そこから1年経ってどうですか?

マツコ・デラックス:あ、全然、残念よ。

ホラン千秋 :ぜっ・・全然残念!(笑)

マツコ・デラックス:違うの!一見、整った顔、博識のあるお言葉、そしてこの・・・・・・・

ホラン千秋 :ここから落とされるのよ、どうせ落とされるの。

マツコ・デラックス:非の打ち所がないように見えるのよ。ただ、それ以外はいいところがないっていうね。

ホラン千秋さん :え!?それ以外はいいところがない?

マツコ・デラックス:じゃあ逆に聞きます!ホランの綺麗なところ、賢いところ以外のいいところを挙げてみなさい!

ホラン千秋 :自分で言うの照れません?そうですね…どちらかというと、真面目な方だと思います。

マツコ・デラックス:あ~!だからそこで真面目とかを出してくるしか無いわけよね。

ホラン千秋 :えー!まって!ダメですか?

マツコ・デラックス:真面目であるということは、いいことよ。
いいことなのですが、幸福に繋がりますか?という話なのよ。
例えば幸福ってなによ?具体的な例は?

ホラン千秋 :例えばですけど、自分の楽屋とかで仕事終わった後に、楽しく笑い話して帰れるだけで
すごい幸せだな、と思いますよ。
笑い合える仲間がいることも幸せですし、好きな仕事していることも幸せだな、と思います。

マツコ・デラックス:だって、あなたたち嘘で笑っているじゃない。

ホラン千秋 :えぇ・・・嘘なの?

マツコ・デラックス:そうよ。タレントなんておだてりゃ喜ぶと思っているのだから。
イエーイ!なんて言っている人が一番信用しないわよ。

ホラン千秋 :(笑)

マツコ・デラックス:玄関まで迎えに来るヤツは、まっさきに切るわ。

ホラン千秋 :より近くまでお見送りする人はダメと(笑)

マツコ・デラックス:あれが仕事だと思っているから。

ホラン千秋 :なるほど。また使えないトークができちゃった・・・。

マツコ・デラックス:使っていいわよ。もう。

Q.マウスコンピューターは長い歴史の中で様々な検証と改善を繰り返して「高品質」な製品を提供しています。
それにかけて、お2人がタレントの価値を高め続けていくために行っている習慣や心構えはありますか?

マツコ・デラックス:どう?タレント業として、日々向上を心がけていることは何かございます?

ホラン千秋 :難しいですね・・・。一個一個の仕事を一生懸命に取り組むということ、とか。

マツコ・デラックス:それは普通じゃない。そんなもの普通よ。

ホラン千秋 :それを続けるというぐらいしか。なかなか、価値は自分で高められるものではないので。
見てくださっている方やキャスティングしてくださっている方が決めるので。
なので、私は仕事が無くならないように生きるしかないな、と思います。

マツコ・デラックス:やっぱ、あんた頑張り屋。私、あんまり仕事したくないもん。

ホラン千秋 :仕事しすぎたのではないですか?

マツコ・デラックス:私はもともと、そんなに別に。
もう健やかさを意識して生きてないから。もう、死んでもいいと思って働いているから。
だって、健やかに生きようとしたら面白くなくなってしまうから。分かるもん、自分で。
だからもういい。あと、長生きしてもしょうがないじゃん。

ホラン千秋 :そんなことないですよ(笑)

マツコ・デラックス:だって長生きして、どんな楽しみがあるのよ。
孫の成長とかが見れるというならば、まだ生きている価値はあるだろうけど
あんた、オカマが90、100まで一人で生きて、何の幸せがあるのよ。早く死にたい。

ホラン千秋 :いやいや、そんなことないですって(笑)

マツコ・デラックス:いやだから、ウワーって精一杯仕事できるまで生きて、
もう仕事がないよ、ってなったら翌日死ぬのが理想。
だから、それぐらいで死ねるように不健康にしてる。あえて。長生きしないように。

ホラン千秋 :あえて(笑)

Q.今年もメイキングとして使えるトークが少なかったですね・・・。

マツコ・デラックス:思ってもいないことをニコニコしながら言ったら、余計に嘘っぽいじゃない。
難しいのよ!私って!『がんばれニッポン!』とかやったら、おかしいじゃない。

ホラン千秋 :本当のこと言ったら言ったで使えないし。

マツコ・デラックス:そうなのよ!本当にこの人たち(メイキング撮影スタッフ)はワガママ!
どっちにしたって、面白くない、使えないって言って。

マツコ・デラックス:よくこれでCMに使われるわよね(笑)。本当に不思議なんだけど!

ホラン千秋 :ほんとに(笑)すごいですよね。
この痺れるトークを聞きたいという、怖いもの見たさがあるのではないですかね。

マツコ・デラックス:私を起用してくださっている企業さんは、本っ当に立派よ。

ホラン千秋 :ということは、マウスコンピューターさんは素晴らしい会社ですよね。

マツコ・デラックス:マウスコンピューターは最高の会社ですよ。

ホラン千秋 :長野で一つ一つ“こころをこめて”作っていますから、本当に。

マツコ・デラックス:あー!(笑)さすがよね!
そうよね、飯山でね。

ホラン千秋 :長野の方に聞いたら、精密機械を作っているのって諏訪じゃないか、って言ってたのですが。

マツコ・デラックス:そうよね!どうしても諏訪の方のイメージが強いけど、そんな簡単な会社じゃないです。

ホラン千秋 :マウスのPCは飯山なんです。

マツコ・デラックス:そう!あんな古いだけの終わっている会社とはワケがちがいます!

ホラン千秋 :ちょっと!せっかく今マクろうとしたのに全部を!

マツコ・デラックス:怒ったわ!(笑)わかった!もう一回やろう!
長野でね・・・

ホラン千秋 :飯山の地でね、作っております。

マツコ・デラックス:(ホランさんの)お友達に言ったら諏訪で作っているのでは?なんて仰ったんでしょ?
精密機器といったら諏訪だから。

ホラン千秋 :そうなんです。

マツコ・デラックス:だけど、飯山で。

ホラン千秋 :飯山で作っております。一つ一つ“こころをこめて”。

マツコ・デラックス:・・・・・・・。(インタビュアーを見て)余計なことは言いませんよ、もう。

ホラン千秋 :(笑)

マウスコンピューターの新TV CM「マウスってどうなのよ?3連発」篇

 

タイトルとURLをコピーしました