Loading...

滝藤賢一が「テレビ」のCMに出演?? ・・・ではなく

滝藤賢一

株式会社ナカムラのテレビスタンド「WALL」の新TVCM「登場」篇、「スッキリ」篇、「インテリア」篇を11月15日(月)より、全国5地区(関東・関西・名古屋・北海道・福岡)で 放映を開始する。

今回のTVCMは、なんと、テレビを支える「テレビスタンド」。

テレビという主役の魅力を最大に引き出す言わば脇役でありながら、わずか数年で30万台の売上を突破するという、まさに社会現象とも言うべき「テレビスタンド」ブームを巻き起こした大注目の「名脇役」商品なのです。

今回のCMでは、「WALL」同様、主役を引き立てる「名脇役」として自他共に認め、大活躍されている滝藤賢一さんと小松利昌さんを初起用。

「テレビを壁にする」というコンセプトの元、テレビ台の出っ張りをなくし部屋を広くする、賃貸でも大型テレビを諦めずに楽しめる、という商品特徴を、「WALL」を得意げに自慢する滝藤さんと、その商品の素晴らしさに段々と魅了されていく小松さんの「本気の演技」で伝えます。

テレビの価値を変えるテレビスタンドも、それを伝える滝藤賢一さん、小松利昌さんも。

主役を引き立てる名脇役ながら、「主役」以上の存在に。

演技派俳優ならではの、相手の心を先読みした絶妙な間を取り入れ、CMとは思えないほどの細かく繊細な演技に、監督は「上質な芝居のストリーミングを見ていた」と大絶賛。

滝藤さん自身も「100点」と評価した2人の演技にご注目ください。

さらにインタビューで「CM同様、相手の心を先読みした最近の行動」ついて聞かれると、話題は滝藤家での日常に。

撮影現場レポート

■滝藤さん「最高の脇役というか、まるで僕のよう」 とテレビスタンドにシンパシーも!

ドラマの名脇役とインテリアの名脇役がぶつかる“脇役のプロ意識とプライド”に現場もドキドキ!?

「お願いします!」と手を振りながら爽やかに現場入りした滝藤さん。家電の主役とも言える“テレビ”ではなく、“テレビスタンド”のCMオファーに監督も「テレビではなく・・・こちらのスタンドのCMなのですが」と理解してもらえるか、少し心配そうに説明すると、滝藤さんは商品をまじまじと見て「(WALLは)最高の脇役というか、まるで僕のようです。」と納得したように一言。名脇役といわれる滝藤さんが、インテリアの脇役にシンパシーを感じる姿に「さすが頼もしい・・・!」という声が撮影スタッフか上がり、ドラマの名脇役、インテリアの名脇役が熾烈にぶつかる“脇役のプロ意識とプライド”の戦いに現場には期待が溢れていました。いざ撮影が始まると、今回共演の小松さんとは過去に共演経験もあることから、撮影時間をはじめ休憩時間も終始、和やかな雰囲気に。滝藤さんといえば、鬼気迫る銀行員役や中国人刑事役、ランプの魔人役など難しい役も演じ切る存在感を発揮していますが、今回は「相手の心を読んで一歩早くセリフを放つ」という今までしてきたことないという、全く新しい役柄に挑戦!初めてのキャラクターの演技となりましたが、小松さんの心を乱すことが面白かったという滝藤さんは、表情や動きを変えてみたりと、あの手この手で小松さんを動揺させました。

「笑い方をいくつか見たい」との監督のリクエストにも、ニヒルな笑いからおちゃめな笑顔まで、5種類以上の笑いをすぐ披露。小松さんをはじめとする現場スタッフからは、演技の多様さに思わずどよめきが起こり、オンライン越しにディレクションしていた監督も「上質な芝居のストリーミングを見ていた」とCM撮影とは思えない本気の滝藤さんに感嘆の声が漏れていました。その後も、ピタっと壁に身体をくっつける可愛らしい姿や、得意げになっている姿などで小松さんの心を乱しまくる妙技は、数々の役を演じてきたカメレオン俳優ならでは。15秒間という凝縮した間でできる独特な空気感と展開にご注目ください!

■相手の心を先読みした自身の演技はずばり「100点」!その秘訣はプライベートにあり!?

常に家族の心を先読みして・・・「パパとしても100点」な素顔に迫る!

インタビューではCMでの滝藤さん自身の演技の点数を、すぐさま「100点です!」と食い気味に回答。これにはインタビュアーは思わずタジタジに。CM同様、最近相手の心を先読みした行動については、「それは常にやっています。特に奥さまに対しては。」と話し、洗濯物や食器洗いなど、家族の心を読んで先んじて行動している様子がうかがえました。今回の、相手の心を先読みした「100点」の演技の裏には、日頃家族とコミュニケーションで生まれた「パパとしても100点」な姿があるのかもしれません。さらに、テレビスタンド「WALL」で作った新たな空間の活用方法について、「うちはトランプが好き」と続けながら、「神経衰弱」や「七並べ」をしたいと、滝藤家での家族団らん時間についても話す場面がありました。

滝藤賢一 インタビュー

Q. CM撮影を終えての感想を教えてください。

とても上質な商品の前で、とても上質な芝居が出来て、大変満足しています。自画自賛しています。小松さんといかに上質な芝居が出来たかを分かちあいたいと思います。

Q.CMの見どころは?

この素晴らしい商品の前で、大の大人が自慢しているというか得意げになっているというか、僕が考えたわけではないのに。それを自慢している僕と、それを聞いて心が乱れている小松さんの芝居を見ていただけたら。微動だにしないインテリアテレビスタンドと心が乱れまくっている小松さんの芝居ですかね(笑)思い出しただけで面白かった。

Q.今日の演技で難しかったところは?

なかったです。やりやすかったです。やる気満々でした。なかなかこういうテイストのお芝居をすることがないので、とても楽しかったです。

Q.今日の演技に点数をつけるとしたら、何点ですか。

100点です!だって僕が80点とかいったら、もう一回やりたがると思いますよ(笑)100点です。

Q.「WALL」のCMキャラクターに起用が決定したと聞いた時のお気持ちをお聞かせください。

最初聞いたときに、テレビスタンドのCM?って思って、見たことないなと思ったんですよね。テレビのCMはいっぱいあるけど、テレビスタンドに注目ってあまりされていなかったなと。その先駆者、第一人者となれてとても嬉しかったですし、まさか自分にこんな素敵なインテリアのCMをやらせていただけると思っていなかったのでとても幸せ、ありがたいなと思っておりました。

Q.今回のCMで、滝藤さんが相手の心を読んで「WALL」をおススメするというシーンがありましたが、最近、心を読んで(空気を読んで)行動したエピソードはありますか?

それは常にやっています。特に奥さまに対しては。大変なので、子ども四人育てて。なので大変そうだなと思ったときはささっと自分から行動して、洗濯物をするとか、食器を洗うとか、お掃除するとか。子どもに対してもそうですね。こんな大変な時期で家で宿題ばかり出されて、一生懸命勉強しているけど、ストレスもすごく溜まると思うので、集中できてないなと思ったら、散歩いこうと言って連れ出したりしますね。いいパパでしょ。

Q. 「WALL」は部屋の空間を有効活用できる商品です。

「WALL」で空いたスペースを使って家族としてみたいことはありますか。うちはトランプが好きなので、神経衰弱とか七並べとかも出来ますし、奥さんとヨガとかもやるんで。やっぱり当たるんですよ、(テレビ台が)迫り出してると。んんーて思うんです。ここで足を延ばしたいのにとか思うんだけど。これだったら全然いけますよ。これは助かります。見やすいし。いいこと尽くめです。

タイトルとURLをコピーしました