Loading...

「今年、最も笑顔が素敵」なベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021 は黒谷友香さんと間宮祥太朗さんに決定!

黒谷友香・間宮祥太朗

日本歯科医師会は 11月8日の「いい歯の日」を記念して、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021」の授賞式を 11月8日に開催した。

イベントには、本年度「いい歯は毎日を元気にプロジェクト」実行委員会が選出する最も笑顔が輝いている「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞した、女優の黒谷友香さんと、俳優の間宮祥太朗さんが登場。

イベントではまず、「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021」の授賞式が行われました。

黒谷さんと間宮さんには日本歯科医師会から表彰状と記念の盾、PR キャラクター「よ坊さん」のぬいぐるみ、そして副賞として本プロジェクトに協賛する株式会社ロッテから「JTB 旅行券 50 万円分」、「キシリトールガム<ライムミント>1年分」が授与されました。

受賞した感想について黒谷さんは「受賞のお話をいただいた時は、本当にびっくりしたのですが、普段接してくださっている様々な方や愛馬たちのおかげで私の表情が豊かになり、笑顔が生まれて受賞につながったのかなと思いました。

周りの方々に感謝しています」と語り、間宮さんは「受賞できて本当に嬉しいですし、有難いのですが、初めにお話を聞いたときは信じられなかったです。

役柄でも笑顔が少ないので、ほんとに?!とマネージャーに言ってしまいました」と照れながら喜びを表しました。

その後のトークセッションで、今年一番ベストスマイルだった瞬間を聞かれると「応援している野球チームが今年は調子がよかったので、1 年を通して笑顔が多かったです」と語った間宮さん。

それに対し、黒谷さんは「先日ある撮影を愛馬とした際に、初めてドローンで撮影したのが記念になりました。本当に嬉しかったです」と微笑ましいエピソードを披露。

また、素敵な笑顔のお二人が普段から心がけていることについて黒谷さんは「痛くなって行くのではなく 3 カ月に 1 回かかりつけの歯科医院で、チェックしてもらうようにしています」と話し、間宮さんは、「自分の車や移動車にガムを置いてよく噛んでいます」と語ってくれました。

また、今年度は「いい歯は毎日を元気にプロジェクト」で新たに開発した、「デンタル IQ チェッカー」の中から、歯とお口の健康に関するクイズを 2 問実施し、日本歯科医師会の小山茂幸常務理事を交えてトークも。

クイズに挑戦した感想として間宮さんは、「まだまだ知らないことばかりで勉強になりました。伸びしろしかないと思っています」と笑顔でコメント。

黒谷さんも、「2 問でしたが、大変勉強になりました」と語りました。

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2021」を受賞し、今後ますますベストスマイルを期待されるお二人。

最後に黒谷さんは「大変素晴らしい賞を受賞して、本当に嬉しく思っています。

これからも色々な役、仕事を通して皆さんに笑顔を届けたいと思っています」、間宮さんは「“俳優は歯が命”という言葉を聞くので、その命(歯)を大切にしたいと改めて思いました。

お口の健康が全身の健康に密接に関わっていることを本日知ることができたので、ケアをしていきたいと思いました。

黒谷さんと笑顔を見せ合うという人生で初めての経験をして、すごく楽しかったです」と話しました。

「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」は「いい歯は毎日を元気にプロジェクト」の中心事業として開催され、本プロジェクト実行委員会が選出する最も笑顔が輝いている各界の文化人・著名人を表彰している。

関連画像

黒谷友香・間宮祥太朗
タイトルとURLをコピーしました