Loading...

中島美嘉 圧巻のステージに観客感涙! 初のブルーノート公演 「MIKA NAKASHIMA LIVE at BLUE NOTE TOKYO」無事終了

中島美嘉

撮影 : 佐藤 拓央

デビュー20周年を迎えた中島美嘉が、デビュー記念日にあたる11月7日(日)、8日(月)にブルーノート東京で「MIKA NAKASHIMA LIVE at BLUE NOTE TOKYO」を開催した。


昨年10月に9thアルバム『JOKER』を発表。春から夏にかけて全国ツアー『MIKA NAKASHIMA CONCERT TOUR 2021 JOKER』を行い、10月にはシングル「SYMPHONIA / 知りたいこと、知りたくないこと」をリリース。さらに「THE FIRST TAKE」で披露した名曲「雪の華」が大きな反響を呼ぶなど、精力的な活動を続けている中島美嘉。キャリア初のブルーノート東京公演でも彼女は、深みを増したボーカルを披露し、会場に足を運んだ観客と配信の視聴者を魅了した。

バンドメンバー(河野伸/Key、馬谷勇/G、海老沼崇史/Ba、山本真央樹/Dr)に続いて、鮮やかな赤のドレス姿で登場した中島美嘉は、深々とお辞儀をし、最初の楽曲「Amazing Grace」をゆったりと紡ぎ始めた。祈りにも似た美しいボーカルが響き渡り、オーディエンスは一瞬で彼女の歌の世界に誘われる。「最後まで、心を込めて歌わせていただきます。楽しんでいただけたら嬉しいです」という挨拶を挟み、「WILL」「ORION」と初期のバラード2曲を披露。星空を想起させる映像、壮大にして繊細な歌声が共鳴し、豊かな音楽世界へと結びつけた。
ここからは、彼女の奥深い音楽性を実感できる場面が続いた。アコースティック・ジャズの質感を注ぎ込んだアレンジで披露されたのは、「aroma」。愛を失った女性の姿を生々しく描き出す歌の表現も絶品だ。さらにクラシカルな雰囲気をたたえた「SYMPHONIA」では、観客に手拍子を要求。ドラマティックに展開するメロディとともに、心地よい一体感を生み出した。一人一人と笑顔で目を合わせる姿も印象的だ。

中島自身がリスペクトしてやまない加藤ミリヤの「愛が降る」をカバーした後は、20年のキャリアのなかで生み出してきた名曲が続いた。20年ぶりに秋元康(作詞)とタッグを組んだ「知りたいこと、知りたくないこと」では、<今だけがあればいい/過去も未来もいらない>というフレーズを情熱的に解き放つ。そして、「僕が死のうと思ったのは」では、絶望と葛藤を抱えながら、それでも生きていこうとする“僕”の姿を描いたシリアス歌詞に強いエモーションを与える。観客のひとりひとりに歌を手渡すようなボーカリゼーションも強烈。それはまさに「どんなときも1曲1曲、言葉を大切にしてお届けします」という言葉通りのパフォーマンスだった。
本編のラストは、「雪の華」。今や日本を代表するウィンターバラードだ。ライブでも何度となく聴いているのだが、この夜も彼女は、奥深い感情表現とともに“この日、この場所”にしかない感動を生み出してみせた。

アンコールの1曲目は、「みなさんが少しでも優しい気持ちになれるように」という言葉に届けられた「THE ROSE」。「みなさんと出会えて、この場所で歌えたこと、絶対に忘れません」と涙を滲ませながら挨拶した中島が最後に歌ったのは、2001年11月7日にリリースされたデビュー曲「STARS」。20年の時を経ても、まったく色褪せることがない名曲を全身全霊で歌い上げ、観客はスタンティングオベーションで拍手を送った。

12月22日(水)にアコースティックカバーアルバム「MESSAGE ~Piano & Voice~」をリリース。年明け2月11日(金) からは千葉成田市文化芸術センター スカイタウンホールを皮切りに全5公演の「Mika Nakashima Premium Live Tour 2022」を行う中島美嘉。初のブルーノート東京公演で響きせた慈愛に溢れた歌声は、20周年のアニバーサリーをきっかけにして、さらに幅広い音楽ファンを魅了することになりそうだ。

文:森朋之

関連画像

中島美嘉

撮影 : 佐藤 拓央


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました