Loading...

南野陽子の16年ぶり新曲の詳細が判明!その新曲を収録した四季をテーマにした名曲集『Four Seasons NANNO Selection』のジャケット写真公開!

南野陽子

12月8日発売となる南野陽子名曲集『Four Seasons NANNO Selection』に収録される、16年振りとなる新曲の詳細が明らかになった。タイトル名は「空を見上げて」「大切な人」の2曲となり、2005年の「最終(ラスト)オ-ダー」以来の新曲となる。

新曲2曲のサウンド・プロデュースは日本ポップス界の巨匠の萩田光雄が担当し、詞は南野陽子自身が書き上げた。80年代から萩田光雄が手がけた南野陽子楽曲は100曲以上に及び、「楽園のDoor」から「秋からも、そばにいて」まで8作連続でチャート1位を獲得したシングルの編曲(うち2曲は作曲も担当)はすべて萩田光雄が手がけたもの。南野陽子自身もナンノワールドを創り上げたのは萩田光雄であることを公言している。

「空を見上げて」(作詞:南野陽子 作曲・編曲:萩田光雄)は、タイトル名に象徴されるように、歌詞、メロディー、サウンドともにポジティブで、前向きな気持ちになれる楽曲。「大切な人」(作詞:南野陽子 作曲:宗本康兵 編曲:萩田光雄)は、80年代の南野陽子を彷彿とさせるロマンティックな歌詞とメロディーの楽曲に仕上がっている。

この2曲の新曲が、四季をテーマに季節感溢れる楽曲を南野陽子自身が選曲した名曲集『Four Seasons NANNO Selection』に収録されることとなる。ジャケット写真、収録内容も正式に公開された。

商品の詳細は特設サイトにて
https://www.110107.com/nanno_4seasons/


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました