Loading...

「柏木由紀なりのWACK」、Music Video解禁第2弾はEMPiRE! 現在・過去・未来が交錯する、時空を超えた未来の私?“EMPiREおばあちゃん”登場!に驚愕! 柏木由紀 手術前につきサイコーに首が痛い状態で撮影しました。。。

柏木由紀なりのWACK

WACK代表 渡辺淳之介プロデュースのもと、BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASPのWACK 7グループとのコラボ新曲を11/30(火)に7作同時リリース!のシングル7作「柏木由紀なりのWACK」、そしてWACK 7グループのTOP7を決め、柏木を加えた新たな8人グループを結成する投票企画「VOTE!! WACK SELECT 7」、プレミアムライブ&開票イベント「柏木由紀なりのWACK EXHiBiTiON and SELECT 7」の開催(12/27)と情報過多な柏木由紀ソロプロジェクト第2弾。

いよいよ発売まで1ヶ月を切りまずはBiSH「柏木由紀なりのBiSH-BAD TEMPER-」MVが公開されたが、本日19時に「柏木由紀なりのWACK」より第2号のMVとなるEMPiRE「柏木由紀なりのEMPiRE -時間が足りない-」のMusic VideoがYouTubeにてプレミア公開となった。

当初の発売予定が8月末だったこともあり、撮影は5月末。

早朝、撮影スタジオに現れたユキ・レイソレこと柏木由紀は「脊髄空洞症」から起因する首の痛みに必死に耐えていた(首痛指数50%)。

今回は「交錯する時間」がテーマ。現在と未来の自分を表現するために、“EMPiREおばあちゃん”もキャスティングされ、メンバー全員のメイクをおばあちゃんたちにも再現(ラメの位置も完全再現!)。
まずは柏木と“EMPiREおばあちゃん”とのイメージ&ダンスシーン撮影。

「柏木由紀なりのWACK」での初のMV撮影ということもあり緊張していた柏木であったが、“EMPiREおばあちゃん”のコミカルな動きに思わず笑顔を漏らし、首の痛さも和らいだ様子(首痛指数30%)。
その後もイメージシーンの撮影が続くのだが、次は過去の自分。

食卓を囲み、一家団欒する過去の自分とそれを眺める現在の柏木。小学生の柏木役の女児があまりにも昔の自分にソックリで驚き喜び、幾度も女児に話しかける柏木。おかげで首の痛みもどこかへ行ったようだ(首痛指数0%!)。

次はEMPiREメンバーとのダンスシーン撮影。カットを変え繰り返される撮影に次第に首が痛みつつも、EMPiREメンバー&スタッフへ心配をかけたくない柏木(首痛指数80%)。

撮影終盤は中学生時代の自分を見つめるシーン(首痛指数100%)。

撮影終了後、「今日は7グループの1発目ということだったのですが、首の調子が良くなくて、本当はあと100倍くらい元気なんですけど、みんなともっとお話したかった。日中は本当に痛みがやばくて。。。でもダンスはがんばりました。」と柏木は語った。

とは言え、映像を観る限りは首の痛みを全く感じさせない柏木、颯爽と時空を超えるEMPiREのメンバーたち。そして愛らしい“EMPiREおばあちゃん”と現在・過去・未来、スタイリッシュとコミカルの対比がうまく均衡するMVだ。

ユキ・レイソレ(柏木由紀)コメント

不思議なMVに仕上がってます!メンバーそれぞれがおばあちゃんになっちゃうんですが、衣装もメイクもしっかり揃えているので注目してみてください!
わたし柏木の小学生時代、中学生時代役の女の子もでてきます。本当にそっくりなのでそこにも注目していただけたらと思います。

 

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました