Loading...

野口五郎&岩崎宏美 出会いからコラボのきっかけを語ったスペシャルインタビュー公開!

野口五郎、岩崎宏美

デビューして50周年の野口五郎と46周年の岩崎宏美。

元祖アイドルから大人の魅力溢れるシンガーへと進化し続ける2人が、この秋から冬、強力なタッグを組む。

11月24日にはデュエット・シングル『好きだなんて言えなかった』をリリース。

11月23日に愛知県芸術劇場、12月2日に大阪・オリックス劇場、12月6日には東京・Bunkamuraオーチャードホールで、プレミアムコンサートも開催する。

コロナ禍にめげず、歌い続けることを模索してきた二人が、出会ったきっかけ、山口百恵との関係性、山口百恵の息子の三浦祐太朗との縁、今回のコラボシングルやコンサートのきっかけなどを、人と香りをつなぐWEBマガジン「フレグラボ(frag lab)」のスペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」118回目で語っている。

第118回:野口五郎さん&岩崎宏美さん|スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」|
デビューして50周年の野口五郎さん、46周年の岩崎宏美さん。元祖アイドルから大人の魅力溢れるシンガーへと進化し続ける2人が、この秋から冬、強力なタッグを組みます。

全文は上記インタビュー記事で読むことができるが、二人の記事を抜粋して紹介する。

野口五郎、岩崎宏美

・百恵さんは五郎さんを慕っていた!?

「そういえば、モモリン(山口百恵さんの愛称)はゴロリン(五郎さんの愛称)のこと、慕ってたよね」(岩崎さん)

クスクスと、遠い昔を思い出して笑う野口さん。学生時代の思い出トークのような話が始まりました。
岩崎さんが言います。

「百恵ちゃんが、ある時、私に『五郎さんに電話番号を教えてもらったから、かけてみたら、公衆電話だったの。公衆電話の番号を教えたりするのね』って言うんですよ(笑)」(岩崎)

当時の野口さんは、どうやらふざけていた様子。

「『あれ、僕、通りすがりの者なんですけどね。今、公園の公衆電話の受話器をとったんです。ええと、どなたですか』『え?えええっ』って、困っててさ(笑)。なんか、笑わせたかっただけなんだけど」

どうやら若き日の野口五郎さんは、かなり照れ屋さんだったのではないでしょうか。

しかし、今回、2人が再会したイベントは、百恵さんの息子さんの三浦祐太朗さんとの共演だったと言うのですから、良きご縁は違った形で続いているものです。

野口五郎、岩崎宏美
岩崎さんは言います。

「去年の11月、ある番組のイベントで久しぶりに五郎さんに共演したんです。一緒に洋楽を歌ったり。その時、三浦祐太朗くんも出演していて、一緒に百恵さんのかつての名曲『秋桜』を3人で歌いました。私たちはなんだか不思議な立ち位置で歌いましたね。親のような気持ちで、ね」

その後、百恵さんから「息子がお世話になりました」という年賀状も届いたのだとか。

若き日はアイドルとして活躍し、今や実力あるシンガーとしてミュージカルにも出演するお二人。
新曲はどこかミュージカルを思わせるデュエット曲。年末に向け、カラオケで歌う人も増えそう。
どんな風に歌うのかは、インタビューをご覧ください。

一部を抜粋し、紹介したが、「フレグラボ(frag lab)」のスペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」に、3ページにわたるロングインタビューが掲載されているので、ぜひチェックしてほしい。
https://frag-lab.com/special_interview/118_01.html

野口五郎、岩崎宏美

「フレグラボ(frag lab)」は、人と香りをつなぐwebマガジンとして、毎月オリジナルコンテンツを更新し続けており、なかでも、スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」は、5年間で118人という錚々たる顔ぶれとなっている。近況と「香り」にまつわるとっておきのエピソードをさまざまなジャンルの「大人たち」が語っている。そのラインナップは音楽アーティストを中心に、文化人、芸人まで幅広い。

100人記念には葉加瀬太郎が、また役者とミュージシャンを両立させ始めた堂珍嘉邦が、コロナ禍のNYを命懸けでピアニストとして生きる大江千里が、ここでしか語らないことを語っている。

その他、長谷川理恵・ゲッターズ飯田・加藤登紀子・芳本美代子・山下久美子・熊谷真実・嘉門タツオ・浜村淳・林哲司・松平健・庄野真代・田中麗奈・六角精児・上田正樹・中江有里などのインタビューも掲載されているので是非チェックしてほしい。
https://frag-lab.com/special_interview/

野口五郎・岩崎宏美「好きだなんて言えなかった」概要

2021年11月24日リリース
【CD】¥1,300(税込)/IOCD-20386
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
【CD+テイクアウトライブ】¥2,100(税込)/IOCD-20385
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
※TOL:「好きだなんて言えなかった」MV
【CD+DVD+グッズ】¥4,500(税込)/IOCD-20384/B
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
※DVD:「好きだなんて言えなかった」MV
MVメイキング映像
レコーディング風景
※グッズ:フォトフレームクロック

[CD収録曲]
M1,好きだなんて言えなかった
M2,好きだなんて言えなかった inst.(GORO part)
M3,好きだなんて言えなかった inst.(HIROMI part )
M4,好きだなんて言えなかった instrumental

■<野口五郎・岩崎宏美 2021プレミアムコンサート ~Eternal Voices~>
2021年11月23日名古屋・愛知県芸術劇場大ホール
2021年12月02日大阪・オリックス劇場
2021年12月06日東京・Bunkamuraオーチャードホール

【名古屋公演】
・料金:全席指定 ¥9,500(税込)
・一般発売:10月16日~
チケットぴあ ローソンチケット e+(イープラス)
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(12:00~16:00)
※未就学児童の入場不可
【大阪公演】
・料金:全席指定¥9,500(税込)
・一般発売:10月16日~
チケットぴあ ローソンチケットLコード:55617 e+(イープラス)
[問]キョードーインフォメーション 0570-200-888(平日11:00~16:00)
※未就学児童の入場不可
【東京公演】
・料金:¥9,500(全席指定・税込)
・一般発売:10月16日~
キョードー東京 ※先行抽選受付:10月6日(水)23:59まで
チケットぴあ Pコード:204-003 0570-02-9999
※先行抽選プレリザーブ:10月6日(水)11:00
ローソンチケット Lコード:73513 ※プレリク抽選:10月6日(水)23:59
e+(イープラス) ※プレオーダー受付:10月7日(木)18:00
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999
※お一人様4枚まで
[問]キョードー東京チケットセンター 0570-550-799
(平日11:00~18:00 土日祝10:00~18:00)
※未就学児童の入場不可

【野口五郎プロフィール】
1971年デビュー。2作目「青いリンゴ」で生涯の師ともいえる筒美京平氏と出会う。翌年当時最年少の16歳でNHK紅白歌合戦出場。20代初めには筒美氏と共に海外レコーディングに挑戦。デヴィッド・サンボーンやラリー・カールトンなどと4枚の意欲的アルバムをリリース。昨年デビュー50周年の記念アルバムを発表。

【岩崎宏美プロフィール】
1975年デビュー。筒美京平作「ロマンス」で日本レコード大賞新人賞受賞、同曲でNHK紅白歌合戦初出場。高い歌唱力と表現力に定評があり、ラスベガスの舞台にも上がるなど海外でも活躍。自身が選曲・監修を務めた作品集『筒美京平シングルズ&フェイバリッツ』を10/20(水)に発表。

【フレグラボ produced by 日本香堂】
◆フレグラボ公式サイト
https://frag-lab.com/
スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
https://frag-lab.com/special_interview/
◆フレグラボSNS情報
Twitter @fraglaboofficial https://twitter.com/fraglabofficial
◆日本香堂情報
公式ウェブサイト https://www.nipponkodo.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました