Loading...

ヴァンパイア・ウィークエンドの「2021」と細野晴臣の「TALKING」が奇跡のスプリット盤としてリリース決定!「2021(2021 Version)」も新録!ジャケット写真のアートディレクションは水原希子が担当!

細野晴臣 / ヴァンパイア・ウィークエンド | Haruomi Hosono / Vampire Weekend

2019年にリリースしたアルバム『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』が、キャリア3作目の全米チャート1位、そして2作目のグラミー賞を獲得した、NY出身バンド=ヴァンパイア・ウィークエンド。同作に収録されている「2021」が、細野晴臣の「TALKING」という楽曲をサンプリングしていることで、国内外で大きな話題を呼んだが、今年12月22日に、ヴァンパイア・ウィークエンドの「2021」と細野晴臣「TALKING」が、コラボレーション12inchシングル「Watering a flower 2021」としてリリースされることが決定した。

●「Watering a flower 2021」商品詳細ページ:

Haruomi Hosono / Vampire Weekend | Watering a flower 2021 | ビクターエンタテインメント
ビクターエンタテインメント公式サイト。Haruomi Hosono / Vampire Weekend「Watering a flower 2021」の作品情報をご覧いただけます。

本企画は、2019年にリリースされた「2021」という楽曲で、細野晴臣が1984年にリリースした『花に水』収録の「TALKING」を大胆にサンプリングしたことをきっかけに、細野晴臣氏からヴァンパイア・ウィークエンドへスプリット盤のリリースをオファーしたことにより実現。A面には細野晴臣の「TALKING」が初アナログレコード収録され、B面にはヴァンパイア・ウィークエンドの「2021」のオリジナル・ヴァージョンに加え、本企画のために新たに録り下ろされた新ヴァージョン「2021 (2021 Version)」も収録された、超豪華盤となっている。

今回のコラボレーションに際し、ヴァンパイア・ウィークエンドからは以下コメントが到着。

原文:

Hosono is a legend and “Watering A Flower” is a beautiful piece of music. We were thrilled to be given permission to sample it for “2021.” Knowing that he liked our song and found it “fresh” was an honor. Collaborating on this special piece of vinyl is a dream.

―Vampire Weekend

訳:

細野晴臣さんは伝説的なアーティストであり、「花に水」は美しい音楽作品です。「2021」でこの曲のサンプル使用の許可を頂いた時は感激しました。この曲をご本人が気に入ってくださって、「新鮮」だと思ってくださったことを、光栄に思います。このスペシャルなアナログ盤でコラボレーションができたことは夢のようです。

―ヴァンパイア・ウィークエンド

更に、同作品のジャケット写真は、女優、モデル、デザイナーとしてマルチに活躍している水原希子がアートディレクションしていることも発表。海外のツアーにも追っかけで行ったほどの細野ファンでありながら、細野氏の舞台「イエローマジックショー3」や映画「NO SMOKING」 にも出演し、ラジオ番組「Daisy Holiday!」 の常連ゲストでもあるなど、細野晴臣本人との親交も深いことで知られる彼女。今作のジャケット写真は水原希子プロデュースにより、台湾のデザイナーであるTeng Yung Han(涵洞)がアートデザインを手がけている。

2021年の年の瀬に、このスペシャル感満載なスプリット盤という形で、遂に実現したヴァンパイア・ウィークエンドと細野晴臣の夢のコラボレーション。国境と時空を超えて完成したこの作品に注目が集まっている。

【リリース情報】

細野晴臣 / ヴァンパイア・ウィークエンド | Haruomi Hosono / Vampire Weekend

「Watering a flower 2021」

2021年12月22日(水)発売

・アナログ盤:価格:2,750yen(tax in) 12inch 1LP VIJL-60274

・発売元:SPEEDSTAR RECORDS / Victor Entertainment

・収録内容

SIDE A-1 :TALKING: Chit-chatting This and That About You / 細野晴臣 https://youtu.be/2RRrzssFlKw

SIDE B-1 :2021 / Vampire Weekend  https://youtu.be/ZWmnjkZEkiA

SIDE B-2 :2021 (2021 Version) / Vampire Weekend

・商品に関する問い合わせ先:ビクターエンタテインメント/Speedstar Records 宣伝部 TEL:03-5467-5595

【ヴァンパイア・ウィークエンド プロフィール】

ヴァンパイア・ウィークエンド

Photo By Monika Mogi

●2006年、米NYコロンビア大学在学中に、エズラ・クーニグ(Vo/G)、ロスタム・バトマングリ(Kb/Vo)、クリス・バイオ(B)、クリストファー・トムソン(Dr)の4名で結成。

●早期から注目を集め、激しい争奪戦の末インディー・レーベル<XL Recordings>と契約。

●2008年にリリースされたデビュー・アルバム『ヴァンパイア・ウィークエンド』はデビュー作にして全米・全英チャートいずれもトップ20入りを果たす。セカンド・アルバム『コントラ』(2010)は全米チャート1位を獲得し、グラミー賞にもノミネート。

●三作目『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』(2013)では2作連続となる全米チャート1位を記録し、インディー・ロック・バンド史上初の2作連続全米1位という快挙を達成。同作は第56回グラミー賞<最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム>賞を受賞。

●2016年、メンバーのロスタム・バトマングリが脱退を発表。

●エズラ・クーニグ(Vo/G)がソングライター/プロデューサーとして参加したビヨンセ「ホールド・アップ」(アルバム『レモネード』収録)で、第59回グラミー賞ノミネートを獲得。

●これまで<サマーソニック><フジ・ロックフェスティバル>への出演を含む計7度来日。

●2019年、レーベルをコロンビアへ移籍し、6年振り新作『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』を発売し、全米チャート1位を獲得。また同作は第62回グラミー賞で<最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム>賞を受賞。

【細野晴臣 プロフィール】

細野晴臣

細野晴臣

●1947年東京生まれ。音楽家。

●1969年「エイプリル・フール」でデビュー。

●1970年「はっぴいえんど」結成。

●1973年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。

●1978年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュース、映画音楽など多岐にわたり活動。

●2019年デビュー50周年を迎え、3月ファーストソロアルバム「HOSONO HOUSE」を新構築した「HOCHONO HOUSE」をリリースし、6月アメリカ公演、10月4日から東京・六本木ヒルズ東京シティビューにて展覧会「細野観光1969-2019」開催。

【関連サイト リンク】

●ヴァンパイア・ウィークエンド 海外オフィシャル・サイト: www.vampireweekend.com

●ヴァンパイア・ウィークエンド 日本公式サイト: www.sonymusic.co.jp/vampireweekend

●細野晴臣 公式サイト : http://hosonoharuomi.jp

タイトルとURLをコピーしました