Loading...

日本を代表する俳優・佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムを発表。豪華ゲスト参加の無観客ライヴをCD+DVDにパッケージ

佐藤浩市

日本映画界を代表する俳優・佐藤浩市が、デビュー40周年、そして還暦イヤーの2020年、初めて歌手としてアルバム『役者唄 60 ALIVE』を、自身の誕生日の12月10日(金)にリリースする。

先輩俳優・原田芳雄の唄に触れ、原田の勧めで歌い始めたという佐藤浩市。2012年、赤坂ブリッツでの「原田芳雄メモリアルライブ」で初めてステージに立って以来、定期的に役者仲間とともにライブハウスで歌声を披露してきたが、このたび遂に作品として発表されることとなった。

アルバムは、9月にジャズクラブ「ブルーノート東京」にて、2種のバンドをバックに収録された無観客ライヴをCD+DVDにパッケージ。唄との縁を繋いでくれた原田芳雄ゆかりのナンバーを中心に、「Shut Up!!」、「Life is too short」という新曲2曲が収録される。「Shut Up!!」はこのプロジェクトのために、かねてから親交のあった宇崎竜童が書き下ろしたナンバー。そして「Life is too short」は佐藤浩市が自ら作詞を手がけている。

収録当日には、寺尾聰、宇崎竜童、木梨憲武、江口洋介、小澤征悦などの親しい役者仲間たちが駆けつけゲスト参加。和やかな雰囲気の中、最近の音楽シーンには無くなってしまった男臭さ、不器用なかっこよさ、刹那的な弱さ、そんなさまざまなイメージを佐藤浩市が演じるように歌った作品に仕上がっているとのこと。

佐藤浩市

©操上和美

尚、ジャケットは写真家・操上和美による撮り下ろしポートレート。パッケージ内にも、操上の写真やライヴ写真をふんだんに掲載した20ページ別冊フォトブックレットが封入される。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました