Loading...

ヴァーチャル・アーティストte’resa トレードマークのヘアスタイルから新しいスタイルへ

te’resa

国内初の音楽活動を中心としたフォトリアル型バーチャル・アーティストte’resa(テレサ)が、10月31日(日)自身のinstagramで髪の毛を切ったことを報告。今までよりグッと大人っぽくなったウェーブスタイルを披露している。

1年強に渡って活動してきたte’resaは自身のこれまでを振り返って

「今まで振り返ってみてさみんなに改めてありがとうを伝えたくて。自分の歌を誰かに聴いてもらいたいという強い思いをずっと抱えてきていたから、大好きな歌を人に伝えることが出来て本当に幸せです。te’resaを通して新しい世界が広がって、自分自身の価値観とか可能性が大きくなっていくのが幸せ。これからもっともっと色んなことに挑戦していくから引き続き応援してね。」とinstagramで綴っている。

セカンドEP『predawn』を10月20日(水)に配信リリースしたばかりの彼女。

これまで発表してきた楽曲とは違った一面を表現し、繊細な心情の揺らぎや、これからの季節にも寄り添った新たなメッセージを届ける作品に仕上がっている。収録曲の作詞・作曲には、生音とトラックの融合を基軸とした自由なサウンドを展開するヒップホップバンドAFRO PARKER から弥之助、Boy Genius、the perfect me 主宰の西村匠が参加。多くの人がコロナ禍に改めて考えさせられた人との繋がりや未来のこと、自分らしさを見失っている気がしたり自身の存在意義を見つめたりする10代の儚く美しい揺らぎ、そして力強い決意までもが感じられる新たなメッセージが詰まった全4曲を収録。

EPのリリースに合わせて公開された「LINK」のミュージック・ビデオではすでに新しい髪型のte’resaが登場している。『「LINK」することで光や色が溢れる』をコンセプトに、繋がることで色づく心の変化を表現している。普段3Dのte’resaが2D状態で街やCG空間に存在する、イラストなのに実際にそこにいるような不思議な感覚をぜひ楽しんでほしい。監督は、過去にte’resaの「IMAGINARY COLORS」を手がけた美しく上品な世界観を実写から3DCGまで幅広い表現を駆使して創り上げていく長澤宏宣。イラストレーターには、te’resaの日常を手がけてくれているほか、欅坂46、モデルの池田エライザやアーティストの中嶋イッキュウ(tricot)、歌川菜穂(赤い公園)や多くの著名人、インフルエンサー、ファッションブランドとのコラボレーションやアジア圏での個展など国内外で活動を広げるデジタルアーティストのwatabokuと、グラフィックデザイナーを経て、現在、映像制作とイラスト制作を中心に広告や雑誌、映像などでも活動しているKohei Takemotoが参加。カラフルで心躍る世界が3人の手によって生み出されている。

フォトリアル・アーティストに特化したマネジメントを行うバーチャル・ヒューマン・プロダクション「IMAGINARY STUDIO」への所属と合わせて、海外のパートナー企業と協力し、アジア圏全般での展開を本格的に推し進めており、日本と中国にルーツを持ち、 LA での留学経験を持つなどの国際色豊かな経歴に加え、この時代の新たなアイコンとしての以降の活動にも注目していきたい。

EP「predawn」配信中:
http://hyperurl.co/teresa_predawn


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました