Loading...

令和の新たなグラビアクイーンを発掘! 「グラビアネクスト2021」グランプリは、美人女子大生の檸檬が獲得

檸檬

令和時代の新しいグラビアアイドルの才能を発掘しようと、エイベックス・マネジメント、フィット、プラチナムプロダクションの芸能プロダクション3社共同による日本最大級のグラビアアイドルオーディション「グラビアネクスト2021」の最終審査が開催され、グランプリには、22歳で、薬学を学ぶ女子大生の檸檬が輝いた。

今回のオーディションは、昨年に続き2回目となり、7月から約3か月以上かけて書類や面接審査に加え、ライブ配信&動画アプリ・ミクチャでの配信審査等をくぐり抜けた10名が最終審査にたどり着いた。
そして、本日の最終審査では、週刊誌やWEB媒体、グラビア専門誌など33媒体のスタッフが審査し、ついにグランプリが決定した。

グランプリに輝いた檸檬は、東京薬科大学で、生命科学を学ぶ女子大生。

元々アイドルとしても活動していたが、アイドル卒業後に今回のオーディションに出会い応募した。「見た目が幼いイメージもあったりして露出の激しい服をこれまで控えたりしていたが、今回のオーディションを経て自分にも自信が持てるようになり、体のラインとか大人っぽさも今後出していきたい。元々父が漫画をよく読んでいて、グラビアを目にすることもあったので、今回のグランプリをきっかけに父が読んでいるような雑誌でグラビアに出演して父を驚かせたいです。」と意気込みを語った。

準グランプリには、神奈川県出身の清水ひなが輝いた。

清水は、現在OLだが、今回グラビアに初挑戦。

「自分を高めたいと思う中で、成功されている方はそれぞれ

自分の長所を理解して、成功されているなと思いました。

友人からもくびれがきれいと褒めてもらうことも多く、今回それを活かせるかと

思い挑戦してみました。グラビアは詳しくないですが、ゆくゆくは南国のビーチなどで撮影できたら嬉しいです。」と思いを語った。

その他、ミクチャ賞にはゆきが、審査員特別賞には、鈴丸すうと片桐桜が輝き芸能事務所への所属契約権などを獲得。5名はグラビアアイドルとしてのデビューを目指す。

授賞式には、受賞者となった5名のほか、ゲストプレゼンターとして豊田ルナ、大貫彩香、中﨑絵梨奈、新海まきが出席した。

グラビアネクスト公式HP
https://gravure-next.com/

関連画像

檸檬
タイトルとURLをコピーしました