Loading...

「セイカツ」がSNSで話題の高校生シンガーソングライター高橋玄 失恋感情どっぷりソング新曲「そこなし」リリックビデオ公開

やさしい歌声で、日常のささやかな幸せを歌う「セイカツ」が昨年のコロナ禍の中、SNSで話題となった高校生シンガーソングライター高橋玄。

TikTokで自身がUPした弾き語り動画は1,700万再生。

YouTubeでも500万再生超。

親子、カップル動画、カバー等 コロナ禍の中、その日常に優しく寄り添う曲として、二次創作作品も多数ネット上にUPされた。

当時はおさるのうたという名前で活動していたが、今年、本名の高橋玄でメジャーデビュー。

その高橋玄の新曲が高橋玄のYouTubeチャンネルに公開された。

高橋玄

タイトルは「そこなし」。

恋に破れ、臆病になっている気持ちを綴っており、この楽曲の世界観を演出するリリックビデオは、SNSを中心に活動し日常を切り取った描写が印象的なイラストレーターのアキオカ(https://www.instagram.com/akioka.5311/)がイラストを担当している。

どっぷり失恋感情にひたりたいときに心に刺さるリリックビデオとなっている。

高橋玄(たかはしげん)

高橋玄

2019年、12月におさるのうた名義でTik Tokで公開したオリジナル曲「セイカツ」が多くの二次創作物を生み、自身が歌った「セイカツ」の動画はTikTokで1700万回再生超。YouTubeで約500万回再生TikTok上の二次創作物も多数!カバー曲だけでなく、オリジナル曲でTikTokフォロワーを増やしている。2021年、活動名をおさるのうたから、本名の高橋玄に改名してメジャーデビュー。ファンタジーではなく、日常のささやかな幸せと失望を綴った歌詞。やすらぎ・やさしさを感じる、低く朴訥な声とメロディーライン。withコロナ時代に、疲れた心に染み入る今の時代における新たなフォークソングです。

タイトルとURLをコピーしました