Loading...

始動2年目を迎えた、エルスウェア紀行の最新デジタルシングル「少し泣く」が本日リリース。本人からのコメントも到着。

エルスウェア紀行

エルスウェア紀行が配信シングル「少し泣く」を本日10/27 にリリースをした。

"エルスウェア紀行"としての新たなスタートから2年目を迎えたタイミングで制作された最新シングル「少し泣く」は、"新しい時間の捉え方"をテーマに後悔との決別を描いている。

サウンド面では、シティポップをベースにフュージョンなどの要素がプログレッシブに落とし込まれ、凛とした歌が真っ直ぐに響く音に仕上がった。

また、本作は、ベースにKIRINJIなどの活動やサポートで知られる千ヶ崎学、ギターに元RAMMELLSの真田徹、エンジニアにback numberやFIVE NEW OLDなどを手がける渡辺敏広を迎えて制作、エルスウェア紀行の新たな魅力を示す1曲になっている。

ジャケットは、コラージュアーティスのyama_collageが手掛けている。

是非チェックして欲しい。

コメント

エルスウェア紀行

・ヒナタミユ
「間に合うさ」が説得力を持って響く曲にしたくて作った曲です。時間が過去から一方向に進むのではなくて、離散的にそこにただ在るものなら?という捉え方をエルスウェア紀行なりの解釈で提示させていただきました。

ごく個人的なそれぞれの後悔とか記憶や悲しみは、本当は自分だけの友だちかもしれないけど、そんなにやさしくない瞬間、たまらない瞬間もあって。そんな時に一緒にいられる曲になったらうれしいです。

サウンド面でも新しいエルスウェア紀行の真ん中を形にできたと思っています。

昔よく通った店があった駐車場から100万年前のベガが浮かぶ銀河までの景色を散歩するように、どこでもない、新しくて懐かしいサウンドをぜひ受け取ってください。よろしくお願いします!

・トヨシ
今作は"歌を伝える"事に重きを置きながらサウンドの実験的な挑戦にもかなりこだわりました。

静と動、さみしさとはげしさ、いとしさとせつなさとここ一番の強さが混ざり合った旋律を切れ味にたっぷりに収録しております。

是非ジャキジャキエルスウェアサウンドに心を踊らせながら少し泣いてみてください。まだ間に合います。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました