Loading...

THREE1989、11月3日発売のメジャー1stフルアルバム『Director’s Cut』から「愛の処方箋 feat.asmi」先行配信スタート!

THREE1989

2021年1月にavex内のレーベル「rhythm zone」よりメジャーデビューした西暦1989年生まれの3人で構成されたグループ「THREE1989(読み:スリー)」が11月3日にリリースが決定したメジャー1stフルアルバム『Director’s Cut』から「愛の処方箋 feat.asmi」の先行配信が10月20日よりスタートした。

▽「愛の処方箋 feat.asmi」配信URL

THREE1989「愛の処方箋 feat.asmi」
Listen to content by THREE1989.

昨年、大阪のイベントで対バンをしたことがきっかけで、THREE1989メンバーからコラボレーションを打診したところ、今作のコラボレーションが実現した。

メンバーは、この楽曲に対して「満身創痍。それでもこの傷を癒せるのは唯一君との愛だけ。別れた恋人と訪れたラブホテルの一室での葛藤が描かれた"愛の処方箋"昭和歌謡のデュエット感を彷彿とさせる、Shoheiとasmiの甘いハーモニーラインが輝く一曲」と語っている。

以下、

<asmiコメント>
asmi

普段asmiの曲では歌わないくらいの艶やかさと、どこか危うさのある大人の世界を覗けた気がして、今も少しドキドキしています。こんな愛に、満身創痍になってみたくて私は大人になりたいと思い続けるんだろうなと思いました。

大好きなTHREE1989さんの記念すべき1st Full Albumに参加できて、''愛の処方箋''が歌えて、本当に幸せです。ありがとうございます!

改めて、リリースおめでとうございます!

そんなTHREE1989は、11月3日にメジャー1stフルアルバム『Director’s Cut』をリリースする。

このアルバムは、その名の通りTHREE1989の手によって生まれ、完成までの総指揮をメンバーが取った1枚になっており、本作のテーマは「映画館」。

扉ごとに様々な世界が広がるシネマコンプレックスに見立てパートを設定し、メッセージソングからラブロマンス、そしてSF、全7パートの舞台で構成されており、2021年4月よりアーティスト名のスリーにかけて、毎月3日に配信リリースした「エゴイスティック渋谷」「Private Castle」「紫陽花」「夏ぼうけ」を含む、全26曲収録になっている。

そして、このアルバムの豪華コラボアーティストには、川畑要、あっこゴリラ、ケンチンミン 、Tomoaki Baba、asmi と以前から交流のあるアーティストを、THREE1989のダンサブルな世界へ招き入れていることが発表となっている。

THREE1989待望の初めてのカバー楽曲として、ボーカル翔平のルーツでもある竹内まりやの「恋の嵐」も収録される。

Blu-rayには、2021年3月25日に開催された「THREE1989 BEST LIVE TOUR2021 -Don’t Forget Dancing」東京公演の模様が収録されている。

合わせて、アルバムリリースを記念しての、東名阪のライブツアーの開催も発表し、名古屋、大阪公演は初のツーマンライブになることが決定しており、ゲストアーティストとして、名古屋は「Orland」、大阪は「Neighbors Complain」が決定している。

この2アーティストは、予てからメンバーとも交流があり、その地区在住で活躍しているアーティストと対バンをしたいとTHREE1989自らオファーし、このツーマンライブが実現した。

そんな中、東京公演のゲストアーティストも発表され、このアルバムでフィーチャリングしている「あっこゴリラ」「ケンチンミン」の参加も決定した。

「THREE1989 1st Album Director's Cut Release Tour 2021」と題して、11月20日(土)名古屋JAMMIN'公演を皮切りに、11月21日(日)大阪Music Club JANUS、そしてクライマックスを11月27日(土)東京 WWW X にて開催される。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました