Loading...

Kalafinaとしても活動していたKEIKO、NEWアルバムから2ヶ月連続先行配信!新曲「通り雨」リリース&MV公開!

KEIKO

「Kalafina」のメンバーとしても活動していたKEIKOが、12月8日に発売するソロとして2枚目のNEWアルバム「dew」から、9月に先行配信された「Nobody Knows You」に続いて、2ヶ月連続となる先行配信リリースが10月20日に行われた。

今回先行配信された新曲「通り雨」はピアノとストリングスと歌のみで構成されており、音数が少ないからこそ美しい旋律とそれぞれの表現力が際立って聴こえるバラードとなっている。

また、本楽曲はKEIKO自身が作詞も行っており、サビに出て来る“この声を捧げ送るよ”という歌詞のように、聴く人に一言一言の言葉を大切に届けながら歌うKEIKOのボーカルが実に印象的だ。

KEIKOはTwitterで「通り雨」について “時に身体が震える程の冷たい雨に打たれた時もその気持ちに蓋をして穏やかさと温もりに憧れるようなそんな一曲です”とコメント。

配信リンク:https://avex.lnk.to/KEIKO_ame

KEIKO KEIKO

 

Music Videoを観た人を楽曲の持つ世界観に一気に引き込む、月灯りと影のコントラストが印象的な深みのある映像作品となっている。

過度な演出をそぎ落としているからこそストレートに楽曲の魅力が伝わってくるため、音源だけでなくMusic Videoも是非チェックしてほしい。

10月から12月まで3ヶ月連続ワンマンライブも開催中のため、実力派シンガーのKEIKOの情感のこもった深みのある歌声を是非ライブで体感してほしい。

【PROFILE】

KEIKO

梶浦由記プロデュースの3人組女性ボーカルユニット「Kalafina」のメンバーとして、2008年1月に劇場版アニメ『空の境界』エンディングテーマ「oblivious」でCDデビューし、その後も、テレビアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/Zero』や、NHK「歴史秘話ヒストリア」のテーマソングなどを歌唱しており、梶浦由記の幻想的なサウンドと表現力豊かなコーラスワークによってひとつの物語のように創られた楽曲と芸術性の高い世界観は日本国内のみならず、海外での人気も高く、2009年にボストンで開催されたアニメベント出演を皮切りに、これまでLA、シカゴ、シンガポール、マレーシア、ドイツ、ジャカルタ、タイなどでもイベントやライブに出演。台北、上海、香港ではワンマンライブツアーも開催していた。

2020年4月16日より「KEIKO」名義でソロシンガーとして活動を開始。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました