Loading...

YOASOBI 10/25(月)配信リリース新曲「ツバメ」を本日10/19(火)24時からの『YOASOBIのオールナイトニッポンX』で初フルオンエア!番組ゲストにはCreepy Nutsが登場!

YOASOBI

“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。2019年11月に公開したデビュー曲「夜に駆ける」は、公開直後から瞬く間に注目を集め、国内の各種配信チャートでも1位を席巻、複数カ国のバイラルチャートにもランクインし、2020年の年間Billboard JAPAN総合ソング・チャートとストリーミング・ソング・チャートでは1位を獲得、第71回NHK紅白歌合戦にも出場した。今年の1月6日に満を持してリリースした1stEP『THE BOOK』は、”小説を音楽にする”というコンセプトを表現したまさに”読むCD”ともいうべき豪華な仕様が大いに注目を浴びているうえ、オリコンデジタルアルバムランキングでは5週連続1位を獲得、収録されている7曲もApple MusicチャートTOP15以内にランクイン。立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得した。2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催。6月に発表されたBillboard Japanの2021年上半期チャートでは、アーティスト・ランキング“Billboard JAPAN TOP Artists”で首位を獲得し、その勢いのまま楽曲「三原色」をリリース。7月ユニクロ「UT」とのコラボで、ユニクロ有明本部内のUNIQLO CITY TOKYOにて開催した無料配信ライブ『SING YOUR WORLD』では同時接続者数28万人を記録。そして結成2周年を迎えた本日、2nd EP『THE BOOK 2』を12月1日に発売すると共に、初の有観客ライブ、その名も『NICE TO MEET YOU』を12月4,5日の二日間、日本武道館にて開催することを発表するなど、その勢いはとどまることを知らない。

そんなYOASOBIが2021年10月25日(月)に配信リリースする新曲YOASOBI with ミドリーズ「ツバメ」を本日10月19日(火)24時からパーソナリティを務めているニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』にて、初フルオンエア決定!同楽曲は、NHK子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」のテーマソングとして起用されており、番組の視聴者となる子どもたちから原作の物語を募集するプロジェクト『YOASOBIとつくる 未来のうた』でグランプリに選ばれた、15歳の乙月ななさんによる物語『小さなツバメの大きな夢」を元に制作。配信リリースに先駆けて、NHK「みんなのうた」、新番組「あおきいろ」をはじめ、その他SDGs番組シリーズ内にてOAされている2分20秒バージョンの映像では、楽曲の歌唱にも参加している小学校1年生~5年生までの5人の小学生で結成されたSDGsこどもユニット「ミドリーズ」と、「ひろがれ!いろとりどり」マスコットキャラクターのアオとキイが、振付家・MIKIKOによる“ツバメダンス”を披露し、話題となっている。さらに、本日24時放送の『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』には、ゲストとして火曜日の『オールナイトニッポン0(zero)』のパーソナリティを務める、Creepy Nutsがゲストとして出演!新曲のフルオンエアに加え、ゲストの登場など、盛り沢山の内容となっているので、是非チェックして欲しい。

【楽曲情報】


2021年10月25日(月)配信リリース
YOASOBI with ミドリーズ
「ツバメ」
配信
https://orcd.co/tsubame

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura、ミドリーズ
原作:「小さなツバメの大きな夢」(乙月なな 著)
https://www.nhk.or.jp/irotoridori/song/

≪タイアップ≫
NHK・子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」テーマソング

◆『YOASOBIとつくる 未来のうた』ホームページ:https://www.nhk.or.jp/irotoridori/song/
各部門優秀作品・佳作の詳細は、番組HPにて:https://www.nhk.or.jp/irotoridori/
NHK・子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」新番組「あおきいろ」HP:
https://www.nhk.or.jp/irotoridori/aokiiro/song/

【番組概要①】
NHK・SDGsキャンペーン「未来へ17アクション」の一環として、次世代を担う幼児や青少年に向けて展開中のSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」。「SDGsをいっしょに学ぼう!」をテーマに、SDGsを楽しく身近に学べる企画や特集番組を続々発信していきます。案内役のマスコットキャラクター「アオ」と「キイ」も誕生しました!
10月より、幼児向け番組としてEテレ(月)~(金)夕方4:44~「あおきいろ」という1分番組がスタート。
また、家族で楽しめる3つのエンターテインメント番組(Eテレ毎週(月)よる7:25~7:55)を週替わりで放送中。
「出川哲朗の クイズほぉ~スクール」(出演:出川哲朗、QuizKnockほか)
「ぼくドコ」(出演:ミキ、山之内すず)
「リフォーマーズの杖」(出演:髙橋ひかる、さらば青春の光・森田、おかずクラブ・オカリナ、空気階段・もぐらほか)

「ひろがれ!いろとりどり」ホームページ:https://www.nhk.or.jp/irotoridori/

【番組概要②】
NHK「みんなのうた」
楽曲OA期間:2021年10月1日(金)~
番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/minna/

【楽曲解禁番組情報】
ニッポン放送『YOASOBIのオールナイトニッポンX(クロス)』
放送日時:2021年10月19日(火)24:00~24:58
放送局:東京・ニッポン放送 ※バーティカルシアターアプリ「smash.」との同時生配信
メールアドレス:yoasobi@allnightnippon.com
番組ハッシュタグ:#YOASOBIANNX

「群青」の英語バージョン「Blue」が、2021年10月29日(金)に配信リリース決定!10月よりスタートした毎週金曜日の正午12:00にYOASOBIの新情報を解禁していく、日本武道館公演までのカウントダウン企画にて発表された。
英語バージョンがリリースとなる「群青」は、6月9日公開のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”にて累積再生回数が2億回を突破しており、現在日本テレビ系『スッキリ』で実施している全国高校生ダンス部応援企画「ダンス ONE プロジェクト’21」のテーマ曲にも起用されているYOASOBIの人気楽曲。7月にリリースされた「Into The Night」(「夜に駆ける」英語バージョン)、「RGB」(「三原色」英語バージョン)、「Monster」(「怪物」英語バージョン)に続く、4作目の英語版リリースとなる。
楽曲を引き立てる印象的なコーラスパートも英語バージョンで新たな一面を見せているので、是非注目して欲しい。

【楽曲情報①】
2021年10月29日(金)配信リリース
「Blue」(「群青」英語Ver.)
配信
https://orcd.co/yoasobi_blue

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura
CMストーリーテキスト『青を味方に。』
https://www.bourbon.co.jp/alfortmini/originaltext/

【楽曲情報②】
2020年9月1日(火)配信リリース
「群青」
■配信
https://orcd.co/gunjo
■MV:https://youtu.be/Y4nEEZwckuU

作詞・作曲・編曲:Ayase/歌唱:ikura

≪タイアップ≫
ブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソング
■CMストーリーテキスト『青を味方に。』
https://www.bourbon.co.jp/alfortmini/originaltext/

★TVCM情報★
ブルボン「アルフォートミニチョコレート」
放映開始日:2020年9月1日(火)
※新バージョンCMが2020年12月1日(火)よりOA
放送地域:全国
■ブルボン「アルフォートミニチョコレート」公式サイト
https://www.bourbon.co.jp/alfortmini/

第59回「宣伝会議賞」イメージキャラクターとして表紙を務める月刊『宣伝会議』11月号が発売中。「宣伝会議賞」は、月刊『宣伝会議』が主催する広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募する公募広告賞。 “コピーライターの登竜門”とも言われ、50年以上の歴史を持つ「宣伝会議賞」は、各回ごとに多方面で活躍する女優・タレント・アーティストをイメージキャラクターに起用しており、第59回となる今回は若年層を中心に人気を集め、“小説を音楽にする”というコンセプトで言葉との関係性も強いYOASOBIが、イメージキャラクターに抜擢された。月刊『宣伝会議』の11月号と12月号の表紙を務めるほか、イメージキャラクターとして全国主要駅・主要書店に掲出されるポスターに登場する。
さらに月刊『宣伝会議』11月号では、第59回「宣伝会議賞」一般部門の課題として、YOASOBIのプロジェクト「大正浪漫」の魅力を伝えるキャッチフレーズを募集することが発表されている。募集詳細は、是非誌面にてチェックして欲しい。

◆YOASOBIからの課題
プロジェクト「大正浪漫」の魅力を伝えるキャッチフレーズ
募集ジャンル:キャッチフレーズ/テレビCM/ラジオCM
https://senden.co/main/theme/312

◆第59回宣伝会議賞公式サイト:https://senden.co

【第59回「宣伝会議賞」詳細】
宣伝会議賞は、月刊『宣伝会議』が主催する広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画という形で応募いただく公募広告賞です。

募集内容:協賛企業から出題される、商品・サービス・企業広告などの広告課題に対して、 キャッチフレーズもしくは CM 企画の作品を募集します。
応募期間:2021年10月1日(金)~2021年 11月18日(木)13:00 ※応募はWebサイトからのみ受け付け

公式サイト https://senden.co
応募資格:年齢、職業、国籍は一切問いません。個人・実名での応募に限ります。 過去に当賞の金・銀・銅賞、もしくはグランプリ・準グランプリ・コピーゴールド・CMゴールドのいずれかを受賞された方は応募できません。また現在、課題関連の広告制作に携わっている方も応募できません。
応募方法:宣伝会議賞Webサイトで応募者登録の上、作品を入力・応募してください。
審査員:審査員長の仲畑貴志氏(コピーライター/クリエイティブディレクター) ほか、広告界の第一線で活躍するコピーライターやCMプランナー、クリエイティブディレクター約 100名。
各賞の概要:
<一般部門>
グランプリ(1点):賞状・賞杯・賞金 100 万円
コピーゴールド(1点):賞状・賞杯・賞金 30 万円
CMゴールド(1点):賞状・賞杯・賞金 30 万円
眞木準賞(1点):賞状・賞杯・賞金 30 万円
シルバー(7点):賞状・賞金 5 万円
協賛企業賞(各社1点):賞状・賞金 3 万円
<中高生部門>
・グランプリ (1点)
・準グランプリ (1点)
・ゴールド (1点)
・シルバー (1点)
・ブロンズ (1点)
・協賛企業賞 (各社1点)
※変更の可能性があります。

今後のスケジュール(予定):
課題発表:月刊『宣伝会議』11月号(10月1日発売)
一次審査通過者発表:月刊『宣伝会議』3月号(2月1日発売)
二次・三次審査通過者、協賛企業賞及び「中高生部門」受賞者の発表:月刊『宣伝会議』4月号(3月1日発売)
グランプリの発表:2022年3月中旬に都内で開催予定の贈賞式および月刊『宣伝会議』 5月号(4月1日発売)

12月1日(水)に2nd EP『THE BOOK 2』リリース決定!今年1月、多くの反響を呼んだ1st EP「THE BOOK」のリリースから、1年を迎えるタイミングでのリリースとなる。只今、予約を受付中。完全生産限定盤の本作は、前作で反響を呼んだCDと特製バインダーの仕様となっており、今年に入って配信リリースをした「怪物」「優しい彗星」「もう少しだけ」「三原色」「ラブレター」「大正浪漫」の6曲と、先月まで公演が行われていた鈴木おさむ作・演出、田中圭主演の舞台「もしも命が描けたら」のみで解禁となっていたテーマ曲「もしも命が描けたら」、さらに先日発表されたNHKの子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」テーマソング「ツバメ」(YOASOBI with ミドリ-ズ)を含む、全8曲が収録される。店舗別特典は、前作でも話題となっていた特製バインダーに綴じ込むことができるオリジナルインデックスが予定されているので、デザインの発表を心待ちにしていて欲しい。
さらに、12月4日(土)、5日(日)には、日本武道館にて初の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』を開催!ライブキービジュアルも公開。初の有観客ライブにして、日本武道館という大舞台で2日間開催となる。只今、YOASOBIオフィシャルファンクラブ『CLUB 夜遊』では、有料会員限定でチケットの抽選先行を受付中。受付は10月17日(日)23:59までとなっているので、この機会をお見逃しなく!これまで、配信ライブで圧倒的な世界観とパフォーマンスで注目を浴びていた彼らが、初の有観客でどんな景色を届けてくれるのか、期待していて欲しい。
また、2周年記念日となった10月1日より日本武道館公演までの2か月に渡り全10回、毎週金曜日の正午12時に新情報を発表するカウントダウン企画がスタート。“小説を音楽にするユニット”ならではの本棚をモチーフにしたカウントダウン画像で、毎週金曜日にYOASOBIの新情報が解禁されていくので、こちらも是非チェックして欲しい。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました