Loading...

デビュー40周年の演歌歌手 山川豊が配信ライブ「バーチャル演歌〜原点回帰〜」を実施。今月他界した作詞家 里村龍一に捧ぐ大粒の涙も。

山川豊

撮影: 山田定臣

今年デビュー40周年、そして10月15日には63歳の誕生日を迎えた山川豊。昨年末に39年間所属した長良プロダクションから独立し、再出発のスタートを切った。しかし、コロナウイルス感染拡大に伴い、演歌歌手の原点であるキャンペーンやコンサートがなかなか実施できない状態でいた。

そんな状況の中40周年を原点回帰と位置づけた山川は、「山川豊デビュー40周年記念コンサート バーチャル演歌 〜原点回帰〜」と題して、10月16日(土)記念コンサートを行った。

場所は都内にある業界初のライブ配信専用スタジ「BLACKBOX³」で、4面大型LEDパネルと特殊照明、最新の音響機器などハイクオリティな業界初の配信専用設備を駆使して、YouTube「豊ちゃんねる」で無料生配信された。

コンサートは3部構成になっており、「40年の軌跡」と称して自らの歴史を彩った曲を歌い上げる第1部と、「家族・命・歌と歩む人生」と題して本人選曲のカバー曲を歌う第2部はYouTubeの「豊ちゃんねる」にて無料配信。そして、「40周年スペシャルバージョン」として代表曲を網羅した3部はコミュニティ型ファンクラブアプリ「Fanicon(ファニコン)」の中で山川が今回新しく立ち上げたファンクラブ「ゆたか友の会」の入会者のみが観れる仕組みになっている。

また、全国の老人福祉施設でも配信を展開、コロナ禍で娯楽が激減している中、少しでも笑顔と感謝の気持ちを届けたいという山川の熱い想いが繋がった結果と言えるだろう。

白のジャケットで登場した山川豊のオープニングはデビュー曲にして大ヒット曲「函館本線」。リアルな雪景色と吹雪の中に山川が本当に佇んでいるような演出で情感たっぷりに披露した。「たくさんの方に応援して頂いて40年やって来ることができました。本当にありがとうございます。思い出を語れば尽きませんが、いい時代を過ごしてきたと思います。これからもまた一緒に新しい時代を突き進んでいければと思います」と挨拶し、デビュー当時の懐かしい写真を背景に初期の名曲を披露。40年間の懐かしいアルバムをめくるような演出だ。

中盤では、今月5日にアルコール性肝硬変のために死去した作詞家、里村龍一(享年72)の作品「こころ花」「面影本線」を披露。「先生、ゆっくり休んでください。そして素晴らしい歌をありがとうございます」と言葉を詰まらせながら故人に捧げた。バーチャルに映し出されたステージの背景に当時の思い出がフラッシュバックしたのか、山川の目には感極まった大粒の涙が光っていた。

1992年のヒット「夜桜」では、大きな桜の木がステージの背景に映し出され、風にそよぎ出したかと思うとステージ全面に桜の花びらが降り注ぐという美しさ極まる演出。最後は1990年のシングル曲「しぐれ川」で締めくくった。

YouTubeを観ている観客からも「スキな歌ばかり涙が出そう」「朝からウキウキ楽しみに待ってました」「ブラジルから応援しています!」「胸が痛くなります」などたくさんのメッセージが書き込まれていた。

第2部は1998年の大ヒット「アメリカ橋」でスタート。ステージが夕焼けの街の風景で真っ赤に染まった。

「この曲をくださった山口洋子先生も平尾昌晃先生も、すでに天国に旅立たれました。しかし歌は永遠に残ります。私の命の続く限りこの歌を大切に歌っていきます」と語った。

その後、歌手になる前からの憧れであり、今も心の師と仰ぐ五木ひろしの「あなたの灯」「倖せさがして 」をギターの弾き語りで披露。そして、喜納昌吉の「花」など自身が選曲したカバー曲を披露。「このコロナ禍で大変な想いをされてる方が沢山いらっしゃると思います。今は泣いてもいつかは一緒に笑える日が必ず来るという想いを込めて歌います」と語って歌った「花」では、蕾からゆっくりと開いてゆく花の姿を床も含めたステージ全面に映し出し、幻想的な映像で観るものを魅了した。自分の大切な家族への想いを歌った吉幾三のペンによる曲「我が娘へ 」の背景には愛する娘と息子との懐かしい写真が映し出された。そして最後は、美しい星空と花火を背景に、亡き母に捧げた「あの日の花火」で締めくくった。

第3部は、故郷鳥羽の夕陽と美しい風景映像をバックに「今日という日に感謝して 」からスタートし、2015年の「螢子 」、2016年の「再愛」と続く。1994年のシングル「途中下車」では美しい大平原の映像が映し出され、その中に佇み歌う山川の姿が歌詞の世界を一層深く感じさせてくれた。アップテンポの「泣かないで」では観客の「ユタカ!」の掛け声の代わりに、ビジョン全体に無数の「豊」の文字が賑やかに踊った。

「今の世の中に必要な曲だと思います。まだまだ歌い続けて行きます」と、昨年コロナ禍になってリリースしたシングル「拳」を歌った。ボクシングのグローブ、サンドバッグの映像が曲の持つ緊張感を高めていた。

コンサートの後半の定番曲「春から夏へと」に続き、「今度はコロナが終わってみんなでリアルに会いましょう」とネットの向こうのファンたちに語りかけた。エンディングは見渡す限りの満天の星空を背景に坂本九の1963年の大ヒット「見上げてごらん夜の星を 」で、全42曲、3時間を超えるステージを感動的に締めくくった。

終演後のインタビューで「間違ったりもしましたが、気持ちのいい疲れです。歌う喜びを噛み締めました。これからも新しい冒険にチャレンジしていきます」と語った。

昨今の状況の中、演歌界でも配信ライブや配信イベントは、ファンとのコミュニケーションの常套手段になっているが、ここまで最新設備を駆使した配信コンサートは演歌界でも珍しい。昨年スマホデビューしたばかりの山川豊だが、新しいエンタテイメントの形を求めて果敢に取り組んでいく決意が見え、41年目からの活躍にも大いに期待が持てるコンサートだった。

コンサートのアーカイヴ映像はFanicon内で観ることができる。

関連画像

山川豊 山川豊 山川豊 山川豊 山川豊 山川豊 山川豊

撮影: 山田定臣

●Fanicon(ファニコン)入会方法のご案内
https://fanicon.net/fancommunities/3982

●山川豊ホームページ
http://kidsheart-pro.com/office-yamakawa/

●山川豊「40周年コンプリートベスト」
https://www.universal-music.co.jp/yamakawa-yutaka/products/upcy-7718/

<山川豊プロフィール>
1958年10月15日、三重県鳥羽市生まれ。1981年2月5日「函館本線」で東芝EMI(現ユニバーサルミュージック)からデビュー。1986年「ときめきワルツ」でNHK紅白歌合戦初出場。以降紅白歌合戦へは11回の出場経験がある。1998年発売の「アメリカ橋」が大ヒットを記録、その後発売となった「ニューヨーク物語り」「霧雨のシアトル」のアメリカ3部作が話題となる。デビュー年の各新人賞のほか、古賀政男記念音楽大賞、日本歌謡大賞放送音楽賞、日本作詩大賞など、数多くの音楽賞を受賞。演歌歌手 鳥羽一郎の実の弟。

タイトルとURLをコピーしました