Loading...

BiSH、10/16真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演のアフタームービーを公開!

BiSH

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、真駒内セキスイハイムアイスアリーナにて10月16日(土)に行ったワンマンライブ「BiSH SPARKS”DAYDREAM NATiON”EPiSODE 2」のアフタームービーを公開した。

9月に宮城で行われた「BiSH SPARKS “Get out of boredomZ” EPiSODE 1」同様、オープニング映像から本編がスタート。

「BiSH-星が瞬く夜に-」でアリーナ後方から登場したメンバーは、花道を駆け巡りながらメインステージに集結し、ライブの人気曲である「GiANT KiLLERS」「DEADMAN」「ZENSHiN ZENREi」で一気に会場の熱気は最高潮に。

ライブ中盤では北海道名物ジンギスカンをネタにしたBiSH恒例のコントも披露され、ハシヤスメ・アツコのソロ曲「ア・ラ・モード/ジンギスカン替え歌バージョン」をお披露目。

「後半戦始まるよー!」というハシヤスメの掛け声とともに、BiSH初期のライブ定番曲「ぴらぴろ」を久々にパフォーマンスし、会場の熱気は更にヒートアップ。

「STAR」、「MONSTERS」、「サラバかな」とライブでの人気曲を次々と披露し、「beautifulさ」で本編は幕を閉じた。

アンコールでは、最新アルバム『GOiNG TO DESTRUCTiON』に収録されている新曲「I have no idea.」をライブ初披露。

アルバム発売前から「早くライブでパフォーマンスしたい!」とメンバーが話していた楽曲だったこともあり、BiSHとオーディエンスが一体となり大団円の盛り上がりを見せた。

最後のMCでは、北海道出身であるアユニ・Dが、ファンやメンバーへの感謝の言葉を涙ながらに語り「ALL YOU NEED IS LOVE」を披露し、会場を埋め尽くした清掃員(BiSHファンの総称)からの大きな拍手に包まれ、​真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演は終演を迎えた。

なお、BiSHは12月4日(土)、12月5日(日)には、マリンメッセ福岡単独公演「BiSH SPARKS “the FiNAL BATTLE of REVENGE” EPiSODE 3」を開催することも決定している。

2021年最後のアリーナ単独となる福岡公演。

既にBiSH FCでは先着先行販売がスタートしているので、是非チェックしてほしい。

さらに、昨日発売が告知されたBiSH史上最長となる約8時間ライブ『BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN』の映像商品は、福岡公演の前日である12月3日(金)に発売となる。

本ライブ映像は、コロナ禍で外出もままならなかった今年の1月1日に「暇なお正月でBiSHを丸ごと楽しんで欲しい」をテーマに配信されたもの。

途中加入のハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの初期衣装を新たに制作し、全メンバーが歴代の衣装を着用した超貴重なライブ映像や、新作コント、渡辺淳之介との個別トークなど全て撮り下ろしで構成されている。既に予約販売もスタートしているので、こちらも併せてチェックしてほしい。

『BiSH presents FROM DUSK TiLL DAWN』各ショップリンク:https://bish.lnk.to/fdtd

関連画像

BiSH BiSH BiSH BiSH BiSH BiSH BiSH

Photo by sotobayashikenta


ライブ情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました