Loading...

圧巻!とがりまくったWACKのステージングにカンゲキ! 柏木由紀「TIF2021」潜入!ラストはまさかの仲良しプリクラ撮影。

柏木由紀

柏木由紀ソロプロジェクト第2弾として、WACK代表 渡辺淳之介プロデュースのもと、BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASPのWACK 7グループとのコラボ新曲を11/30(火)に7作同時リリース!のシングル7作「柏木由紀なりのWACK」、そしてWACK 7グループのTOP7を決め、柏木を加えた8人グループを結成する投票企画「VOTE!! WACK SELECT 7」、プレミアムライブ&開票イベント「柏木由紀なりのWACK EXHiBiTiON and SELECT 7」の開催(12/27)と盛りだくさんな情報を先週発表したが、この日は柏木由紀が初めてWACKのライブを体験するということでWACK所属のグループが総出演した10/2(土)「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」に潜入!

「TIF2021」が開催されているお台場に到着した柏木が向かったのは、HOT STAGEのあるZepp DiverCity。

“WACK presents DREAMLIGHTS in TIF”のステージを観ることに。

「最近だとTIFくらいしか総動員で集まることがない」と渡辺Pも語る、グループの垣根を超えたWACK所属メンバーたちによる、この日だけの貴重なコラボステージ。

WACKのサウンドプロデューサーである松隈ケンタ氏によるアコースティックギター演奏でアイナ・ジ・エンド(BiSH)やユメカ・ナウカナ?(ASP)、ナオ・オブ・ナオ(豆柴の大群)がそれぞれソロ歌唱。

ユイ・ガ・ドクソン(GTTB)のハゲヅラパフォーマンスには笑いつつも、ONAGAWACKSTARS「ON A GOT WORK」の歌唱力に圧倒されたりなど、2Fのバルコニーからこっそり観ていた柏木だったが、用意された椅子に座ることなく、じっくりと約45分間のライブに見入った。

ライブの感想として柏木は「根本が違う、魂って感じで。AKB48はいかに魂を見せずに出来るか、でもWACKでは(魂を)全部出した人が勝ちなんだろうな。」と両グループの違いを分析。

「私はずっときれいに見せる方法ばかりやってきちゃったから、(WACKの)ああいうパフォーマンスが出来るようになったら、私ももっとレベルアップ出来るんだろうな。今、それを学び中、みんなから。」と語った。

その後、フジテレビ湾岸スタジオ横のシンボルプロムナード公園に組まれた野外ステージSMILE GARDENでBiSHのライブ鑑賞へ。

広い公園のどこまでもがBiSHを観に来た人たちで埋め尽くされ、その絶大な人気を肌で感じつつ、1曲目「BiSH-星が瞬く夜に-」。

そして2曲目「BiSH-星が瞬く夜に-」。。3曲目「BiSH-星が瞬く夜に-」。。。

柏木は違和感を感じつつも4曲目、5曲目「BiSH-星が瞬く夜に-」。。。。。

そして、もはや何度も聴いたイントロに「あ〜6回目だ、やばい」とBiSHの洗礼を受け、ライブは終了。

柏木は「私、今日とがったステージしか見れてなくない?」と笑いつつ、ライブを終えたばかりのBiSHのもとへ。

「完全に覚えました(笑)ファンのみなさんがどんどんテンション上がっているのが見えて、すごいなと思いました。AKB48じゃ絶対できない、めっちゃかっこよかったです。」と感想をBiSHへ伝えた。

6曲同じ曲をやることに「しんどいです、疲れるし、今何曲目か自分たちでもわからなくなる、13回のときもある」とセントチヒロ・チッチの言葉に驚く柏木。

「お客さんも頑張るから、妙な一体感が生まれる」とモモコグミカンパニー。

一通り、話が終わったところで、スタッフから「みんなでプリクラでも」の促しが。実はTIFの楽屋エリアに設置されたアーティスト用のプリクラを見て「一緒にプリクラ撮りたいな」と言っていた柏木。お互い遠慮しつつも、まさかのプリクラ撮影へ。

柏木&BiSHでのプリクラ撮影を楽しみつつ、「夢が叶いました(笑)」と柏木。貴重なファン垂涎のプリクラ撮影で「TIF2021」はまさかの幕切れ。動画ラストで柏木は「一緒にステージに立ってみたいなという気持ちも大きくなった。(コラボ)新曲でライブの機会があったら、今度は同じステージでみなさんのパワーを吸収して、私もレベルアップしたパフォーマンスを身につけられたら」と語り、12/27にTDCホールにて行われる「柏木由紀なりのWACK EXHiBiTiON and SELECT 7」が否応なしに期待を膨らまされる。

柏木由紀

リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました