Loading...

星屑スキャット ツアーで披露された楽曲を待望のリリース! 10月13日配信リリース「la distanza」

音楽ユニット・星屑スキャット(ミッツ・マングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムー)が、新曲「la distanza」(読み:ラ・ディスタンザ)を10月13日に配信リリースする。昨年12月にリリースした「クリスマス寒波」以来10か月ぶり、2021年初の待望の新曲。また、クリスマスディナーショーの開催も発表され、新ビジュアルも公開された。

「la distanza」は、作詞と作曲をミッツ・マングローブ自身が手掛けおり、今年1月より行われた全国ツアーで初披露された。タイトルの「la distanza」とは、コロナ禍で多用された「ディスタンス」のイタリア語。近づけそうで近づけない人々の葛藤やもどかしさが描かれ、星屑スキャット作品でお馴染みの中塚武によるラテンのテイストを散りばめた疾走感あふれるアレンジと、3人の切なくも力強いボーカルが印象的なナンバーだ。

また、毎年恒例のクリスマスディナーショーも決定。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中止となったため、2年ぶりの開催となる。日程は12月19日。場所は新宿・リーガロイヤルホテル東京。時間等の詳細は後日発表される予定だ。

2022年はセカンドアルバムのリリースも期待される中、ますます加速する星屑スキャットの活動に注目である。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました