Loading...

Ryu Matsuyama、3年ぶりのワンマンに、塩塚モエカ(羊文学)、Daichi Yamamotoゲスト出演。11月6日より期間限定にてアーカイブ配信決定

Ryu Matsuyama

photo:丸山剛由

イタリアで生まれ育ったRyu(Vo/Piano)擁するピアノスリーピースバンド、Ryu Matsuyama。彼らのワンマンライブ “Roots, trunk, crown”が、10月3日渋谷WWWXにて開催された。本公演は、4月25日に予定していた振替公演となる。

SEが流れると、Ryu、Tsuru(B/Cho)、Jackson(Dr/Cho)のメンバー3人がステージに登場。1曲目は、静謐な「This Winter」で幕を開け、続いて今回のイベント名にもなった「Roots, trunk, crown」をプレイ。この曲は西表島を舞台にしたドキュメンタリー映画『生生流転』主題歌に起用されたもの。ファルセットを活かしたRyuの伸びやかな歌声に、ベースとドラムのリズム隊が、新曲「Deep, blue」、そして「Boy」までをやり終えると、「お久しぶりです。(ワンマンは)3年ぶりらしいです。有観客は1年ぶり、皆さんとこうやって顔を合わせてライブできるのが幸せです。」とRyuは親密に観客に語りかける。

そして、最新EP『And look back』から「Under the sea」を披露。オートチューンをかけた歌声が耳に飛び込み、序盤と比べて明るさを帯びたサウンドへシフト。その流れを受けて「Sane Pure Eyes」、「City」とテンポアップした楽曲を織り込んでいく。かと思えば、大人びたムード漂う「Blackout」を挟み、温かな鍵盤の音色にも慰撫された。

中盤に入ると、ゲスト陣がワンマンに華を添える。まずはDaichi Yamamotoを迎え、新曲「Snail」を披露。Ryuの高音ボイスとDaichiの低音ラップによる絡みは極上のケミストリーを生み出していた。さらに羊文学の塩塚モエカを招くと、「愛して、愛され」へ。塩塚はハンドマイクで熱量高く歌い上げ、そこにRyuの歌声が重なるハーモニーも素晴らしかった。まさにここだけのスペシャル・コラボに会場の温度もグッと上がった。その熱気をキープしたまま、「Heartbeat」を皮切りにトランペット、トロンボーン、サックスのホーン隊を呼び込み、ゴージャスなアレンジで観客を魅了し続ける。「Friend」の後半にホーンを導入し、楽曲の情感をより高める演出も白眉の一言。

ここでRyu本人から4月の公演ではホーン隊は当初予定には、この振替公演のために新たに準備したことが知らされる。そこには、今回のワンマンを特別なものにしたいという強い思いがあったに違いない。

後半は「No. One」を経て、最新EPのリード曲「From the Ground」もプレイ。美しいコーラスを含めて、祝祭感に溢れた曲調に多く人が感動している様子だった。本編を「Landscapes」で締め括った後、アンコールで披露したのは「Go Through, Grow Through」。同曲は、昨年4月MV制作を予定していたもののコロナ禍により撮影中止、急遽リリックビデオとしてアップされた。楽曲自体は哀切なホーンの音色に祈りに似たRyuの力強い歌声が乗り、聴く者にポジティヴなパワーを注入する楽曲である。ライブで再会できる日を信じ続けたからこそ、この曲をラストに持って来たかったのだろう。Ryu Matsuyamaの音楽は、陰に陽にあなたに寄り添い続ける。それをひしひしと感じられた至福のワンマンライブであった。

なお、10月6日21時より3部作のラストリリックビデオ「From the Ground」がYouTubeプレミア公開される。プレミア公開後、藤田たくみをインタビュアーに迎えて、Ryu Matsuyama3人でEP全貌に迫るトーク配信も実施。さらに、翌日10月7日21時より、最新作『And look back』のイラストを担当したKanako SasakiとRyuのインスタライブも予定。どちらも楽しみに待ちたいと思う。

text:荒金良介

関連画像

Ryu Matsuyama

photo:丸山剛由

Ryu Matsuyama
次のページへ続く
タイトルとURLをコピーしました