Loading...

柏木由紀 WACKコラボ、ASPのMV監督に品川ヒロシ決定! 企画会議で飛び出した爆破演出構想に柏木由紀&スタッフもビビリまくり!

柏木由紀

WACK代表 渡辺淳之介プロデュースのもと、BiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASPの「WACK 7グループとのコラボ新曲を8/31(火)に7作同時リリース!」が11月30日に決定した柏木由紀。

5月某日某所、撮影場所に訪れた柏木由紀。

待っていたのは渡辺淳之介プロデューサーと、品川ヒロシ氏。

今回、柏木とASPのコラボ楽曲は品川ヒロシ監督作品となることを、柏木も事前に聞かされていたが、その内容打ち合わせのために3者が集まった。

品川氏とは柏木も渡辺Pも初対面ということで、お互い探り探りかと思えば、さすがの品川氏のトーク力で一気に話が進む。

一足先に楽曲を聴いたという品川監督から「めちゃくちゃかっこいい、テンション上がってるんですけど、それだけやりたいことも膨らんじゃって」との前置きから、工場を爆破したい、砂漠での撮影も考えた、等の予算度外視の構想に、レコード会社担当の顔も青ざめ、柏木からも「頭抱えてるキングレコード(笑)」のツッコミ。

また、「(豆柴の大群のアドバイザーの)クロちゃんにだけは負けたくない、(豆柴の大群は)楽しそうな雰囲気(のMV)になりそうだから、こっち(ASP)はクールにいきたい」と品川監督。

柏木の「演技が苦手なんです」という言葉に、いろいろと演技注文をしかけるどSぶりを見せつつも、シリアスな演技ができず、「ポップになっちゃう」というリアクション女王の柏木に「根っからのアイドルなんですね」と分析する品川監督。

企画会議後のインタビューでも「ちょっと悪かったり、クールだったりする部分が見えるといいな、基本はかっこよさだと思うんですけど、今(の柏木の雰囲気)はかわいいだと思うので、かっこいいに振れたら」と柏木×ASPは2組が持つクールさを極限まで引き出した品川ヒロシ監督作品になるのであろう。

果たして予算はどこまで許されるのだろうか?

柏木由紀

 


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました