Loading...

延期となったWACK 7グループとのコラボのシングル7作同時リリース発売日、そしてソロコンサート2デイズのあらたな日程が決定! ひさびさに渡辺淳之介Pとの再会!休養を経て一皮むけた柏木由紀、ソロアーティストとして堂々の復活!

ソロプロジェクトとして、WACK代表 渡辺淳之介プロデュースのもと、3月に7年5ヶ月ぶりのシングルを発売し、あらたな企画としてBiSH、EMPiRE、BiS、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、ASPの「WACK 7グループとのコラボ新曲を8/31(火)に7作同時リリース!」も発表されていたが、6月に「脊髄空洞症」の治療のため休養、7月のソロコンサート、そしてWACKとの7作コラボシングルも発売を延期していた。

7月15日、自身の30歳の誕生日に復帰後、仕事量はセーブしながらも、音楽特番や新曲MV撮影等AKB48としての活動を1ヶ月ほどこなしていた柏木由紀。
キングレコードにてひさびさにWACK代表 渡辺淳之介プロデューサーと顔を合わせた、まだまだ熱気立ち込めていた8月中旬。

約2ヶ月ぶりの対面ではあったが、そんなお互いの距離感を感じさせずに自然と対話は進む。

コラボシングルの制作はレコーディング、衣装制作までは済んでいたが、5がt下旬のMV制作にとりかかった当初から脊髄空洞症に起因する首の痛みが出ており、1作目であったEMPiREとのMV撮影の日が「史上最高に(首の痛みが)やばい日だったんですよ」と柏木は語る。

「コルセットを巻きながら、ギリギリの状態で」の撮影となってしまったことにEMPiREのメンバーたちに申し訳なかったと渡辺Pに謝罪。

そのような話をしているなか、渡辺Pから「(柏木の)靴下が気になって」と左右の靴下の長さの違いを指摘され、左足の靴下をちゃんと履けていなかった柏木。

「足の感覚がまだあれなんで(100%戻っていない)、こういうことが起きるんです」と靴下を履き直し、現在も完全回復に向けてリハビリを続けている様子が伺えた。

とはいえ、首の痛みもまったく無くなり、担当医師からは「1ヶ月の入院生活」と言われていたが、たったの8日で退院という驚異的な回復力に、周囲から「あまりにも早く帰ってきちゃったから、(手術入院していたことが)なかったことになってるなと思って」と渡辺Pを笑わせていた。

その後もお互いの近況の語り合いが続いたが、コラボ7作のこれまでの進行状況の話になり、あとは6アーティストとのMV&JK撮影を残すのみという。
そして、スタッフから「気になる発売日は?」との問いかけに、渡辺Pが「調整に調整を重ねた結果、(2021年)11月30日に発売が決定いたしました!」と発表。

「出せて嬉しいです、僕はもしかしたら出せないんじゃないか?」と思っていたという渡辺P。

柏木は「(休養前に)予定していたよりも、私的には(MV撮影)スケジュールがめちゃくちゃいい感じに(本来は6月に6作撮影予定だった)、しっかり1グループずつ取り組めそうなので、元気な、さらにパワーアップした柏木由紀がそれぞれのグループに入って、何か素敵な化学反応を起こせたらと思っています。みなさん、楽しみにしていてください!」と語り動画は幕を閉じた。

WACK 7グループとのコラボシングル7作同時リリースのあらたな発売日が発表となったが、合わせて延期となっていたソロコンサートの日程も解禁となった。

あらたな日程は

11月26日(金)パシフィコ横浜 国立大ホール
柏木由紀「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜まだまだ夢中にさせちゃうぞっ〜」

11月29日(月)神奈川県民ホール 大ホール
柏木由紀「寝ても覚めてもゆきりんワールド〜これからも夢中にさせちゃうぞっ〜」

1日目はこれまでの柏木由紀のアイドル人生を踏襲した演出、そして2日目はこれから目指すアイドルアーティスト像を演出というコンセプトの2デイズとなる。

チケットは9月21日より「We!プレ」で先行予約を受付開始。

手術療養後、一皮むけ、さらに荒波に向かう30代最初の柏木由紀の全力アイドル姿を見るなら、まさに今なのであろう。

柏木由紀 ソロコンサートに関するコメント

30歳の記念すべきコンサートにしたいです。これまでのAKB48、アイドルとしての柏木由紀、そしてこれからの30代、目指すアイドル像をお届けします!
約2年ぶりの、そして30歳初のソロコンサート、全力でアイドルやりたいと思います!

 

【柏木由紀×WACK 7グループ シングル7作同時リリース】
2021年11月30日(火)発売
※詳細は後日発表


ライブ情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました