Loading...

yamaやSixTONES, DISH//などに求められるクリエイター・くじら、新曲「悪者 feat. 相沢」MV公開 & 「悪者」の世界を完成させるカツセマサヒコ書下ろし小説付きCD発売を発表。

2019年から活動を始め、作詞作曲編曲すべてを自身でこなし、VOCALOIDを使った作品や、まだオリジナル曲をリリースする前のyamaやAdoなどを歌い手にfeat.し楽曲などでストリーミングチャートを賑わしてきた”くじら”が、8月に発表した自らが歌唱した新曲「悪者」の別ver.である「悪者 feat. 相沢」を本日より配信し、MVを公開。2曲それぞれのMVと合わせて、「悪者」の世界を完成させる”カツセマサヒコ”書下ろし小説付きのCD発売も発表した。

まだ大ブレイクする前のyamaやAdoをfeat.しバイラルヒットを記録した自身名義の楽曲のみならず、yamaの初のオリジナル楽曲「春を告げる」の2020年の大ヒットのほか、DISH//やSixTONESへの楽曲提供によっても話題のくじら。まさに名実共に時代に最も求められているクリエイターである存在が、この8月に約半年ぶりにリリースした自身名義の新曲「悪者」は、新曲としては初めて自身の歌唱で発表された。

これまでのくじらの新曲にはない魅力の楽曲で、Music Videoも、Forbes が選ぶ「業界を代表する30歳未満のイノベーター」にも選出されている映像作家YPによるドラマ仕立てのMVも併せて新たな挑戦を予感させるものだった。

本日0:00より配信され、20:00からMusic Videoもプレミア公開となった新たな音源は「悪者 feat. 相沢」。

同じ楽曲を、姿を見せずにインターネット上で様々な活動を行う歌い手・相沢が歌っている。VOCALOIDや歌ってみたの文化の中にいたくじらならではの作品発表スタイルで、同じ楽曲ながらまったく別の楽しみ方ができるものだ。

「悪者 feat. 相沢」のMusic Video公開と同時に、「悪者」のCD発売も発表。CDには、デビュー作の映画化が決まり、最新作も大きな話題となった”カツセマサヒコ”が書下ろした小説が付属する。

異なった歌い手で音源とそれぞれのMusic Videoが発表され、「悪者」という一つのストーリーを断片的に見せてきたが、この商品ですべてが完成する。ボックス仕様で、豪華な装丁となっている完全生産限定盤は数量が限られているので、ぜひ見逃さずに予約サイトをチェックしたい。各CDショップ別の特典も発表されており、予約優先・数量限定となっている。

くじらの生み出した「悪者」という楽曲から生まれたストーリー。その世界観が、くじらプロデュースの下、気鋭のクリエイターたちとともに映像・小説という形で具現化されている。

ただ楽曲を聴くだけじゃなく、どんどん深堀して没入できるくじらが作り出した「悪者」の世界は、これからさらに話題となっていくだろう。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました