Loading...

スピッツ ツアーファイナルで劇場公開発表! 同日、スペシャル・アルバム『花鳥風月+』リリース

今年デビュー30周年を迎えたスピッツ。

2021年6月からスタートしたアリーナツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE”』のファイナル公演で、本ツアーの模様を劇場公開、さらにオンライン上映することを発表した。

2019年11月からのアリーナ公演は予定どおり開催された『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 “MIKKE”』だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年3月~7月に予定されていたホール公演は延期を重ねるも、今年4月全公演の中止を発表。その中止を受けて新たに発表されたのが、全国6都市をまわるアリーナツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE”』の開催だった。

その『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE”』は6月18日、神奈川県横浜市のぴあアリーナMMからスタート。最終、12公演目となる大阪城ホールのステージで、メンバーからこの最新ツアーの映像化が発表された。

リーダー田村明浩(B)は、「今日は来てくれてありがとうございます。こういった状況なので、ポツポツ空席もあるじゃないですか。来たくても来られなかった人とか、事情があって来られなかった人もいらっしゃると思います。今日来てくれた人たちには少し早く、まだ解禁になっていないニュースがあります。

10月1日から“NEW MIKKE”のツアーの映像が映画館で公開になります。2週間。横浜・ぴあアリーナMM2日目を収録しました。

映画館にはまだ行けないなあ、まだ心配だなあ、という人たちのために、10月16日からオンラインでも上映が始まります。詳しくはWEBを見てください。“NEW MIKKE”ツアーが無事終われそうで良かったです。ありがとう」と感謝を述べた。

ライヴではアンコールを含む全26曲を披露し、本ツアーを無事完走した。

ツアー終了から僅か2週間での映像化は、スピッツ史上最速。観たくても観られなかった方々に、少しでも速く、熱の冷めないタイミングに、という想いが込められている。

SPITZ OFFICIAL WEB SITEより

『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE”』は、コロナ禍によって観たくても観られない方が多数いらっしゃるという状況の中で行われました。そんな方々にも大画面・大音量の劇場で観ていただくことで、生のライヴに迫る感動をお届けできるのではないか。今回の『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE” THE MOVIE』劇場公開とオンライン上映の企画はそこから始まっています。

公開劇場は全国16館。期間は10月1日からの2週間です。劇場側の限られたスケジュールの中に組み込めた2週間という短い期間ですが、中止になったホールツアーで訪れるはずだった町での公開も数ヵ所実現出来ています。

ただ、全国津々浦々の劇場をブッキング出来ていない現実もありますし、まだまだ劇場にも行けないという方々がいらっしゃることを考えて、劇場公開終了を待ってオンライン上映も行います。期間は10月16日~11月14日までの約1ヶ月間です。

デビュー30周年の今年、コロナ禍の中、強い意志を持って開催されたツアーをまだ熱の冷めないこのタイミングで、少しでも多くの方に追体験・再体験して頂きたいです。

映像は6月19日横浜・ぴあアリーナMM公演の模様を収録。

また、9月15日は、スペシャル・アルバム『花鳥風月+』のリリース日。

1999年にリリースしたスペシャル・アルバム『花鳥風月』に、インディーズ盤『ヒバリのこころ』から4曲を加え、新たに『花鳥風月+(プラス)』としてCD・アナログ盤をリリース。同時にスペシャル・アルバム『色色衣』(2004年)、『おるたな』(2012年)の2タイトルも初アナログ化。


ライブ情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました