Loading...

アップアップガールズ(2) Zepp Tokyoでのワンマンライブが11月26日に開催決定!

アップアップガールズ(2)(以下、アプガ(2))が、9月12日(日)に東京・中野サンプラザで行われたイベント『コトネの日』に出演し、グループの今年の目標として掲げていたZepp Tokyoでのワンマンライブを11月26日に開催決定を発表した。

アプガ(2)は2017年2月に結成された、リーダーの高萩千夏(24)、吉川茉優(23)、鍛治島彩(22)、中川千尋(17)、佐々木ほのか(15)、森永新菜(20)、島崎友莉亜(18)、新倉愛海(18)のメンバー8人で構成されるアイドルグループ。

今年結成4周年を迎えたアプガ(2)は、次のステップへ踏み出すためにもZepp Tokyoでのワンマンライブ開催は欠かせないと、大きな目標として掲げていた。コロナ禍でスムーズに活動が進まない状況だったが、Zepp Tokyoが2022年1月1日をもって営業を終了することが発表。何としても年内開催を実現したいというメンバーの思いは強く、この夏も精力的な活動を続けていた。

しかし、8月末にメンバー最年少の佐々木ほのかが新型コロナウイルスに感染しグループの活動もストップ。様々な困難がありながらも、この日、佐々木の療養期間やメンバーの自粛期間を経て8人全員での活動再開。初めて立つ中野サンプラザの大きなステージで、Zepp Tokyoでのワンマンライブ開催決定といううれしい報告を発表した。

ライブでは、8月23日に配信リリースし、ライブ前日の9月11日に映画テイストのMVが公開された新曲「ナツメグ」や、バラエティー番組でも活躍する鍛治島彩の特技・鼻リコーダーが炸裂するアプガ(2)のデビュー曲「二の足Dancing」、つんく♂が楽曲提供した「Be lonely together」「全部青春!」を披露。久々にメンバー全員が揃い、キュートかつパワフルなステージを繰り広げた。

楽曲を歌い終えると、MCで高萩が「ここで重大な発表があります! 11月26日にZepp Tokyoでのワンマンライブを開催します!」と発表。鍛治島は「ずっとZepp Tokyoのステージに、この8人なら絶対立てるよねってお互いに言い聞かせながら走ってきました。コロナ禍でライブすら開催できなかったり不安な時期もあったんですけど、こうして開催を発表することができました! でもでもでも、やっぱり開催するだけじゃなくて、メンバー全員とファンのみなさんでライブを成功させることが、アプガ(2)のさらなる進化これからにつながっていくと思います。ぜひみなさん、アプガ(2)のZepp Tokyoへ来てください!」と声を上げ大勢の観客から大きな拍手が送られた。

ライブ後には佐々木ほのかがコメントを語った。新型コロナウイルス感染し完治した経験について話を聞くと、佐々木は「もともと私はインフルエンザもかかったことがなかったので、心の中では自分は絶対大丈夫だって思ってたんです。だから、感染が分かったときは驚きが大きかったです。自分が罹った事で結果としてグループの活動が出来なくなってしまって、悔しさもあったし悲しさもありました。プラス、ニュースで若い人が重症化しやすいとか聞いたり、もし後遺症とかがあったらどうしようって不安な気持ちにもなりました。ただ、私は幸いなことに早めの段階で入院でき、無事に回復する事が出来ました。今回の経験で、いつ何が起きるかわからないと思いましたし改めて感染対策をキチンとします。私は、まだまだ立ちたい大きなステージがたくさんあるので、もっと元気に、もっと加速していきたいなと思いました」と罹患から学んだことを語った。

そして念願のZepp Tokyoワンマンライブについて「メンバーみんなでずっと前から目標にしていたZepp Tokyoのワンマンが決まって、ほんとにうれしかったです。念願のライブなので、みなさんが驚くようなすっごいアプガ(2)が見せられるライブができたらいいなと思います。Zepp Tokyoでは今までで最大級の佐々木ほのかの笑顔と元気、アプガ(2)のすごいライブを届けたいです!」と熱く意気込みを語った。

様々な出来事を乗り越え前へ前へ進んでいくアプガ(2)。11月26日のZepp Tokyoでは、これまで培ってきた8人のパワーを存分に見せてくれることは確実。初のZepp Tokyoでのワンマンライブに向けてさらなる勢いで走っていくアプガ(2)の、これからの活動に注目しよう。

☆アップアップガールズ(2)オフィシャルサイト
https://upupgirls2.jp/

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました