Loading...

【気になる】少女ドロシーが夢の中で見た13篇のダークでファンタジックな物語。その結末とは…? 大人のヴィジュアル系バンドことハイダンシークドロシー、9月18日に2ndアルバム『夢寐の花』を発売。

ハイダンシークドロシー

ハイダンシークドロシー

7月、8月と連続で作品を発売すれば、夏にはライブツアーも行なったハイダンシークドロシー。彼らが、3ヶ月連続リリースの第3弾作として9月18日に2ndアルバム『夢寐の花』を発売する。

2ndアルバム『夢寐の花』には、ちょうど1年前に出した1stアルバム『ヒトリランド』以降に形にしてきた配信シングル『エルドラド』『百花千紅』、シングル盤『白黑有無』『飾られた私と棘と事切れの部屋』 へ収録した曲たちもすべて集約。そのうえで、6つの新曲を加えて、全部で13曲という聞き応えのある作品として仕上げている。

1stアルバム『ヒトリランド』は、ドロシーという異世界に住む少女の視点で描いたダークファンタジーな物語を中心に作りあげていた。その後に出した『エルドラド』は、1stアルバムに描いた世界観を踏襲しながらも、作詞を担うヴォーカル谷琢磨の描きたい想いを少女ドロシーに重ねあわせ描いた楽曲になっていた。

次に出した『白黑有無』では、「明るいファンタジー」をテーマに楽曲を制作。「ハイダンシークドロシーの分岐点にもなった曲」と言われるように、彼らの音楽性や描く世界観の枠を大きく広げた作品になれば、胸つかむキャッチーな楽曲を通し、新たなファン層の拡充にも繋がった。

7月と8月に連続リリースした『百花千紅』と『飾られた私と棘と事切れの部屋』 は、ライブで活きる楽曲を意識して作られた曲たち。アグレッシブな音楽性を示し、ライブを通して触れた人たちの心を惹きつける曲たちとして評価を得てきた。

根底には「少女ドロシーの描く心の物語」という軸を据えながらも、そこへ多種多様な心模様(歌詞)や音楽性(曲調)を1曲ごとに塗り重ねてきたことで、何時の間にかハイダンシークドロシーの音楽性は「大人のヴィジュアル系」と呼ばれる、ときに切なく、ときに優しく、触れた人たちの心の琴線を揺さぶる良質な歌を届ける音楽性へと進化していった。その進化の歩みを集約し、集大成したのが、2ndアルバムの『夢寐の花』になる。このアルバムの世界観を示す言葉を、谷琢磨は以下のように述べてくれた。

谷琢磨 2ndアルバムのタイトルに記した『夢寐の花』とは、「夢の中だけで咲く花」のこと。アルバムに収録した一つ一つの楽曲が、ドロシーが夢の中で見た物語という世界観を軸にしているように、そこへ統一性を出したうえで、この1年間の活動の中で広げた音楽性を詰め込みました。

"夢の中"を描いたアルバム『夢寐の花』を聴くうえで、ぜひブックレットを読み進めるように聴いていただきたいんです。というのも、ドロシーが絵本を読んでいる姿を描いたジャケットを含め、ブックレット自体が絵本のような装丁になっていれば、収録した一つ一つの楽曲が、絵本の中に描かれたいろんな物語を読み進めてゆくようにも流れていきます。だからこそ、視覚と聴覚と感覚を用いながら楽しんでいただけたらなと思います。

谷琢磨が2ndアルバム『夢寐の花』に綴った物語の面白さが、歌詞を読み進めてゆくうちに、「もしかして?」とダークな結末も想像を巡らせる、その真意を探りたくなる奥深い楽曲が多いことだ。

谷琢磨 収録した曲たちは、「もしかしたら、こういう意味??」と想像や解釈を巡らせる余白が多いように、聴いた方それぞれに物語を委ねられる言葉使いや言葉遊びを用いてどれも書いています。ただ、ポジティブではない物語を予想させてしまうのは、自分の性格が出ているからなんでしょうね(笑)。それでも、どんな角度から捉えても、「これは不幸な歌だ」とはならないようにどの歌詞も書いています。むしろ、聴いた方の、そのときどきの心模様によって聞こえ方や解釈が変わってゆく曲たちばかりだと思います。

完成した『夢寐の花』について、ジンはこんな言葉を寄せてくれた。

ジン これまでに培ってきたこと、これから求めたいと思っていたこと、足りない要素としてあった面を埋めることなど、1stアルバム『ヒトリランド』を踏まえたうえで必要な要素をしっかり詰め込めたのが、2ndアルバム『夢寐の花』になりました。

ジンが語った必要な要素は何か…。それを知りたい方は、ぜひアルバム『夢寐の花』を手にしていただきたい。

TEXT:長澤智典


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました