Loading...

“聖地”渋谷スクランブル交差点上空から Omoinotakeがアニメ「ブルーピリオド」主題歌「EVERBLUE」でメジャーデビューを発表!

Omoinotake島根県出身の藤井怜央(レオ)<Key/Vo>、福島智朗(エモアキ)<Ba/Cho>、冨田洋之進(ドラゲ)<Dr/Cho>からなるギターレス・ピアノ・トリオバンドOmoinotakeが、7月22日より8週連続で配信しつづけてきた”無観客”のオンライン・ストリートライヴ・ツアー「#NoBuskNoLife」が、ついにファイナルを迎えた。

渋谷のビル屋上からスタートし、倉庫、草原、海辺、湖畔、銭湯、そしてバスの中と、さまざまな場所からライヴ配信を続けてきて「ファイナルはいったいどこから?」と、ファンの間で大きな話題となっていた本企画の最終公演は、やはり彼らの“聖地”である渋谷スクランブル交差点での「上空」で行われた。

午後10時をまわり、渋谷スクランブル交差点にあるビルの屋上に組まれたステージにメンバー3人が現れ、monogatary.comとのコラボレート曲「プリクエル」を披露。

チャット欄は「渋谷の屋上!」「もう涙出てきた」などのコメントとともに拍手の絵文字が溢れた。

「あらためまして、画面の前の皆さん、そして渋谷の皆さんこんばんは。Omoinotakeです!#NoBuskNoLife最終回、渋谷に舞い戻ってまいりました。ここはスクランブル交差点、ぼくたちが本当に何度も何度もライブしてきた場所。本当にお客さんがゼロからやって、最終的にあの交差点がパンパンになるまでやって。いろんなことが思い浮かぶね。」と感慨深げにOmoinotakeの渋谷での歩みを語ったのち、2019年リリースの「Blanco」、そして10年前の自分へ問いかける「東京」を2曲続けて奏でた。

一息ついたヴォーカルの藤井怜央が、改めて見てくれているファンへの感謝を述べたのち、「この#NoBuskNoLifeで、何週間も前から最終回には重大発表をさせてもらうよとお伝えしていましたが、僕たちOmoinotakeはメジャーデビューします!」と、昨日発表となったTVアニメ『ブルーピリオド』(10月1日よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠ほかにて放送)オープニングテーマ「EVERBLUE」をソニー・ミュージックレーベルズの「onenation」よりリリースする形でメジャーデビューすることを伝えた。

「おめでとう!!!!!」と涙と拍手の絵文字で埋めつくされるチャット欄から、大熱狂のファンの様子が伝わってくる。

最後は久しぶりにパフォーマンスする「friction」に続けて、ファンとシングアロングするかのようにアッパーアンセム「By My Side」を渋谷の街に響かせて、8週にわたってOmoinotakeが届け続けた「#NoBuskNoLife」の幕が一旦閉じた。

しかし、昨日のファイナル直前トークライブでは早くもSeason2をほのめかせていただけに、今後のOmoinotakeの動向から目が離せない。

TVアニメ「ブルーピリオド」は、2021年10月1日から毎週金曜25時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠、10月3日より毎週日曜23時00分よりBS朝日、10月7日より毎週木曜日21時00分よりAT-Xにて放送が決定。

加えてNetflixにて9月25日より毎週土曜日にテレビ放送より国内先行配信が決定している。

関連画像

Omoinotake

【プロフィール】
島根県出身の藤井怜央(レオ)<Key/Vo>、福島智朗(エモアキ)<Ba/Cho>、冨田洋之進(ドラゲ)<Dr/Cho>のギターレス構成。中学生の同級生だった彼らは2012年に結成。渋谷を中心にストリートをはじめとするライヴを重ね人気を獲得してきた。配信シングル「モラトリアム」は自身初のタイアップ劇場アニメ「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」の主題歌に起用され、話題を集める。YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にインディーズながら初登場。20年11月に配信された「産声」は、テレビ東京「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のドラマOPに起用され、2021年ネクストブレイクアーティストとして注目されている。

■Official Twitter @Omoinotakey
■Official Instagram @Omoinotake
■Official TikTok @Omoinotake_official

タイトルとURLをコピーしました