Loading...

<ペンタトニックス>Little Glee Monsterとの第二弾コラボ曲本日解禁&アルバム発売!ソニー初の電気自動車“VISION-S”が登場する近未来的MVも同時解禁!

3年連続グラミー受賞、アカペラ・グループ史上初の2作連続全米1位、動画総再生52億回超えの記録を持つペンタトニックスが、今年2月に発売された通算2作目のオリジナル・アルバム『ラッキー・ワンズ』に、本日解禁となったLittle Glee Monster(以下:リトグリ)とのコラボレーション楽曲「ミッドナイト・イン・トーキョー feat. Little Glee Monster」等、新曲計7曲を追加したデラックス版『ラッキー・ワンズ・デラックス』(配信)を本日発売した。同アルバムの国内盤『ラッキー・ワンズ【ジャパン・デラックス・エディション】』(CD)は、9月15日(水)に発売される。

また、長引くコロナ禍によりLAと東京にて遠隔撮影され、ソニーが作る初の電気自動車“VISION-S Prototype”が登場し、ソニーPCLによる大型LEDディスプレイ、カメラトラッキングとリアルタイムエンジンを組み合わせた撮影手法“バーチャルプロダクション”技術を使い、最新テクノロジーを駆使した近未来的で豪華なミュージック・ビデオも本日公開された。

『ラッキー・ワンズ・デラックス』 購入・再生はこちら: https://PTX.lnk.to/TheLuckyOnesDXJP

リード曲「ミッドナイト・イン・トーキョー feat. Little Glee Monster」は、昨年11月に発売されたリトグリ名義「Dear My Friend」に続く第二弾コラボ曲で、今作はペンタトニックス名義となる。これまで9回来日し日本好きを公言しているメンバーが<日本=東京>のことを想い制作した渾身の作品で、実際に訪れたことのある「渋谷」「原宿」などの地名を歌詞に取り入れている。彼らはこれまで「Perfumeメドレー」、Official髭男dism「Pretender」など、日本語カバーにチャレンジしてきたが、オリジナル曲で日本をテーマとし、日本語歌詞を取り入れ、日本人アーティストと共演することは、今回が初めてとなる。2014年のペンタトニックス初来日イベントでの共演以降、両アーティストは交流を深めてきたが、7年の時を経て、互いの名義曲へのコラボレーション参加が実現した。この楽曲についてメンバーのスコットは、「数年前から僕たちが温めていた曲で、いつ発表すればいいのかタイミングを見計っていたんだ。日本は僕たちが世界中で一番愛している国で、今回のアルバムを発表するにあたって、絶好の機会じゃないかと考えた。日本の素晴らしいアーティストとのコラボも実現させたくて、リトグリに依頼したら快く引き受けてくれたんだ。彼女たちの歌声が、この曲の魅力を格段に高めてくれている。やっとこの曲を発表できて、もう大興奮だよ。」と語っている。

また、楽曲と共に本日解禁されたミュージック・ビデオは、牧野惇氏(過去MV手掛けたアーティスト:YOASOBI、Mr.Children、YUKI等)が監督を務め、ペンタトニックスのミュージック・ビデオが日本人監督によって日本主導で制作されることは初の試みになった。ペンタトニックスはLAにて3Dスキャンとグリーンバックを使って、またLittle Glee Monsterは東京にて、ソニー初の電気自動車“VISION-S Prototype”に乗車し、ソニーPCLによる大型ディスプレイ、カメラトラッキングとリアルタイムエンジンを組み合わせた撮影手法“バーチャルプロダクション技術”を使って撮影された最新テクノロジーを駆使した内容となっている。また、“VISION-S Prototype”と“バーチャルプロダクション技術”がミュージック・ビデオの撮影に使われるのは今回が初めてとなる。楽曲タイトル通り、「真夜中の東京」が舞台となっており、“VISION-S Prototype”に乗り込み“360 Reality Audio (サンロクマル・リアリティオーディオ:ソニーが提案する、没入感のある立体的な音場を実現する新しい音楽体験)”を楽しむLittle Glee Monsterや、ポリゴン化したペンタトニックスが東京の街に降りたち、「LA」と「東京」で遠く離れた場所にいながらも、両アーティストが実際の距離を飛び越え作品内で最終的に対面を果たす、近未来的で見ごたえのある作品となっている。ミュージック・ビデオ撮影時の裏側として制作されたメイキング映像もLittle Glee Monsterの公式YouTubeチャンネルから本日公開され、最新テクノロジーの舞台裏を垣間見ることができ、充実した内容となっている。

そして、本日発売されたペンタトニックスの最新アルバム『ラッキー・ワンズ・デラックス』には、「ミッドナイト・イン・トーキョーfeat. Little Glee Monster」の他、K-POPグループのATEEZを迎えた「リトル・スペース feat. ATEEZ」等の計7曲が新しく収録され、英語、日本語、韓国語がアルバム内に含まれた“デラックス”という名前にふさわしい豪華内容となっている。

さらに、本アルバムは国内盤CDとして日本限定のオリジナル・ジャケット写真、初回仕様に2つの豪華特典を加えた『ラッキー・ワンズ【ジャパン・デラックス・エディション】』として9月15日(水)の発売が決定している。初回仕様特典の1つ目は、Instagramフォロワー数、約57万人を抱え、多種多様な企業やアーティストとのコラボを積極的におこなっているマルチクリエイター、パントビスコが国内盤のために描き下ろしデザインを制作した “PTX スペシャル・ステッカー”が封入される。

パントビスコ公式インスタグラム:https://www.instagram.com/pantovisco/

2つ目の特典として、メンバーがかつて日本ツアーで回った札幌、横浜、名古屋、大阪、福岡の各地方の方言でファンへのメッセージを囁くご当地ボイス・メモが手に入る“PTXスぺシャル・ボイス・メモ”ダウンロード券が同梱されている。国内盤CDの初回仕様特典は引き続くコロナ禍で、なかなか来日できないペンタトニックスが日本のファンを想って実現した企画である。

今作からのリード曲「ミッドナイト・イン・トーキョー feat. Little Glee Monster」は、ペンタトニックスが初めて日本をテーマに書き下ろしたオリジナル曲であり、本日公開されたミュージック・ビデオは、彼らにとって初めての日本人監督による作品だ。さらにそこに登場するVISION-S Prototypeや、使用されたバーチャルプロダクション技術は今回ミュージック・ビデオに初めて起用されるなど、【初めてづくし】の内容となっている。日米を代表するボーカルグループ、計10人による「生」の声であるアカペラ歌唱が掛け合わさって生まれた楽曲と、最新テクノロジーが掛け合わされたMVをぜひチェックして欲しい。

【ソニー最新技術について】

■VISION-S Prototype(ソニーグループ株式会社):

エンターテイメント性に特化したソニーが作る初めての電気自動車。車内幅いっぱいにパノラミックスクリーンを搭載し、映画やゲームなどの映像コンテンツを楽しむことができ、自宅のプレイステーションンとネットワークを介して遠隔で最新ゲームをプレイできたり、360 Reality Audioを体験できる。

●VISION-S Prototype公式サイト:https://www.sony.com/en/SonyInfo/vision-s/

■360 Reality Audio(ソニー株式会社、ソニーグループ株式会社):

ソニーの360立体音響技術で臨場感豊かな音場を実現する新しい音楽体験。コンテンツ制作時には、アーティストの創造性や音楽性に従って、ボーカルやコーラス、楽器など音源1つ1つに位置情報を付けて自由に球上の空間(360度)に配置することができ、コンテンツ再生時には、制作意図に反映されたすべての方向から音が届く体験を楽しめる。車内のエンターテイメント体験としてVISION-Sのオーディオシステムに搭載されており、今回のMVのYouTube公開時はこの音源が使用され、360 Reality Audioバージョンの同アルバムも配信される。

360 Reality Audio 公式サイト:https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

■バーチャルプロダクション技術(ソニーPCL株式会社):

ソニーPCLがソリューション提供する大型LEDディスプレイ、カメラトラッキングとリアルタイムエンジンを組み合わせた撮影手法のひとつ。3DCGを中心としたバーチャル背景を大型ディスプレイに表示し、現実空間にあるオブジェクトや人物を、カメラで再撮影することで、後処理なくCGと実写を組みあわせた映像制作を実現する。

●ソニーPCL 公式サイト: https://www.sonypcl.jp/


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました