Loading...

羊文学、新曲「光るとき」が話題のTVアニメ「平家物語」のオープニング・テーマに抜擢。TVアニメの主題歌書き下ろしは自身初。

羊文学スリーピースロックバンド羊文学の新曲「光るとき」が、TVアニメ「平家物語」のオープニング・テーマに決定した。

この楽曲は、「平家物語』のためにVo.塩塚モエカが書き下ろした楽曲となっており、TVアニメの主題歌書き下ろしは羊文学にとって自身初となる。なお、エンディング・テーマはagraph feat. ANI(スチャダラパー)「unified perspective」であることも同時に発表された。

「平家物語」は、数々の傑作アニメを世に送りだしてきたサイエンスSARUがアニメーション制作を担当。また、山田尚子が監督を務める。脚本には吉田玲子、キャラクター原案漫画家の高野文子、音楽に牛尾憲輔、キャラクターデザインに小島崇史、さらに声優陣にも非常に豪華なキャストが並び、制作発表時にはTwitterトレンドにランクインするなど話題を呼んでいる。

同作品はフジテレビ「+Ultra」ほかにて2022年1月より放送開始予定で、9月15日(水)24時よりFODにて先行独占配信がスタートする。

なお、新曲「光るとき」のリリースに関しては近日発表予定となっている。

【羊文学・塩塚モエカ コメント】
この作品は、原作で描き出される平家の魂に対して、並々ならぬ思いをもって作られています。台本を読むたびに、傲慢なイメージで語られがちな平家の人々の、人間らしく美しい側面を知りました。そんな姿を、私たちなりに讃え、照らし出す曲を作ることができたと思います。今までに抱いたことのないような、複雑で尊い感情を教えてくれる物語に出会えたこと、そしてその一部を担わせていただけたことを心から光栄に思い、感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました