Loading...

祝・還暦!スカパラ北原雅彦。60才当日にスカパラと北原による対バンが実現!

写真提供:Sony Music Artists

東京スカパラダイスオーケストラの全国ツアー『TOKYO SKA Treasure Hunt』が9/7(火)広島クラブクアトロ公演からスタートした。今ツアーは全国10会場で2daysづつ20公演が開催。各会場では、スカパラ単体のワンマン公演と豪華ゲストを招いてのJAMセッション形式での公演が展開されていく。ツアーに先駆け、谷中敦(Baritone sax)が「我々のParadiseで一緒にTreasureをHuntしましょう!」と言っていたように、各会場でのゲスト、いわゆる“対バン”相手は、さかなクン、クリープハイプ、キュウソネコカミ、ACIDMAN、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、レキシ、長谷川白紙、ハナレグミ、上原ひろみ、といったスカパラならではの素晴らしく豪華なアーティストがラインナップされており、各公演でどんな“宝物”に巡り合えるのか期待が高まるばかりだ。

そのようななか、まったく予想がつかない内容が発表されたのが初日公演であり、ゲストアーティストとして発表されたのは、まさかのスカパラ北原雅彦(Trombone)。ツアー初日の9/7(火)はスカパラメンバー最年長である北原の60才の誕生日であり、ついに還暦を迎えることとなった北原をお祝いすべく、スカパラと北原による対バン形式での初日公演が開催されることとなった。

定刻通りにステージが暗転すると「世界地図」のイントロが流れ出し、茂木欣一(Drums)がマイク片手に歌いながらひとりでステージに登場。さらに、大森はじめ(Percussion)も歌いながら登場すると、そのあとに続いてNARGO(Trumpet)、GAMO(Tenor sax)、谷中、加藤隆志(Guitar)、川上つよし(Bass)、沖祐市(Keyboards)がステージに登場。北原以外のスカパラメンバー8人が北原の顔と“LEGEND”という文字がプリントされた揃いのTシャツを着用し、茂木の歌に合わせて横一列に並んだ状態で8人が左右に体を揺らしながらリズムをとっているという、おそらくスカパラ30年以上の歴史のなかでも初めての光景が初っ端からステージ上で繰り広げられている。

「お待たせしました!『TOKYO SKA Treasure Hunt』今日初日です!」と茂木が挨拶すると、会場のオーディエンスが大きな拍手で呼応する。

そして、茂木が「今日の主役、対バン相手、本日誕生日のトロンボーン北原雅彦!」と客演であり主役でもある北原を呼び込むと、「ど~も~、ありがとうございます~、みなさん、お元気ですか~?」といつもの北原節で登場。そんな北原に対してメンバーが口々に「北原さん元気ですね!」と言いながら「北原さんおいくつになられたんですか?」とわざと尋ねると、「ロクジュウ~。みなさんももうすぐですよ!」と嬉しそうに答える。

北原の最初の出で立ちは、ジャズバンドでステージに立つときのオーソドックスなスタイルだというポロシャツにネクタイ姿。北原はスカパラのツアーの合間などに全国各地でジャズライブも繰り広げており、各地のミュージシャンとセッションしていることから、この日は広島のジャズミュージシャン仲間を従えた“北原バンド”として、スカパラとステージで対峙することとなった。

スカパラメンバーによるアイドリングトークが終わると、ステージにひとり残された北原を会場のオーディエンスが大きな拍手で盛り上げる。北原は「泣けてきちゃうじゃないの!」と笑顔で喜びを噛みしめ、「ひとときのジャズタイムを楽しんでね」とピアニスト、ベーシスト、ドラマーの3名をステージに迎え入れ、北原バンドによるスペシャルステージがスタート。

いつものジャズのステージとは違って新鮮だというなか、北原作曲ではありながら、スカパラのステージでは演奏されたことのない「Walk This Way」「Memories of You & Me」が披露される。

北原が「次はこの方をゲストに迎えいっしょに演りたいと思います。テナーサックスGAMO!」とGAMOをステージに呼び込む。ステージに登場したGAMOに対して「ブイシー(シブい)だね!あたくしよりもジャズな感じですね。」と笑いをとると、北原バンドとGAMOによる「恋してcha cha cha」がセッションされる。

続いてのゲストとして谷中を呼びこむと、ビシッとストライプのスーツを着こなしている谷中に対しても「カッコイイな、オイ!誰よりもゲストのほうがジャズだな。そんな谷中を迎えて、昭和のオイニーがンプンプ(匂いがプンプン)な曲をお送りします」と、北原オリジナル曲の「夜明けの珈琲」をセッション。

谷中をステージから送り出したあと、北原バンドのラストを飾ったのは北原作曲のスカパラナンバー「さらば友よ」。曲の終盤では「さらば50代!さらば五十路!今日から還暦!60感激!元気でいてね!また逢う日まで!イェーーイ!」と、まさに北原節全開の替え歌で歌い上げ、「次はスカパラのステージです。楽しんでいってください。」とオーディエンスに投げかけ、盛大な拍手のなか北原バンドのメンバーとともにステージをあとにした。

コロナウイルス感染拡大防止対策として、15分ほどの換気が行われるなか、場内のモニターには北原が趣味のサーフィンに興じる珍しい映像が流される。映像終了後、場内には北原作曲の「Perfect Future」がSEとして流れ、白黒スーツをまとった北原以外の8人のスカパラメンバーがステージに登場し「HAPPY BIRTHDAY SKA」を奏でる。

続けて、赤いスーツに赤いベレー帽と全身を赤で纏った北原の登場に合わせ、加藤が「本日の主役北原雅彦!」とコールしたあと、スカパラ全員で楽しそうに「HAPPY BIRTHDAY SKA」を演奏。

ここからはスカパラパートとして、スカパラ楽曲が次々に演奏されていく。谷中が北原の赤いスーツが似合っていると褒めたたえるなか、北原には赤いスーツのままでいてもらい、メンバーが還暦を迎えるたびに赤いスーツが増えていくのもいいかもと、新たなスーツスタイルの提案をする一幕も。

「このあと6曲、北原さんの曲で攻めたいと思います。闘うように楽しんでくれよ!」と谷中のシャウトを合図に、北原作曲のスカパラナンバーが奏でられていく。

先ずは北原作曲のなかでは最新ナンバーである「Great Conjunction 2020」を披露。続けて、川上による「トーキョースカメドレー、北原雅彦60アニバーサリー・スペシャル!」のコールを合図に、北原作曲のスカパラナンバーによる本日限りのスペシャルメドレーを披露。「Natty Parade」「Open Your Eyes」「リボルバーイレブン」「Like Jazz On Fire」「Black Jack」がメドレーで立て続けに奏でられていく。

メドレー後は、コロナウイルス感染拡大防止対策として、2度目の換気の時間が設けられる。

換気をしている間、ステージ上ではスカパラメンバーによる穏やかなトークが繰り広げられ、ファンからの質問にも答えていくなか、北原が弦楽器がまったく出来ないという話をすると、加藤が「ちょっと持ってみます?」と自らのギターを北原に差し出す。「絶対似合わないと思うんだけど」と言いながら加藤のギターを手にポーズを決める北原。逆に加藤も北原のトロンボーンを持ってみることになり、「持ち方が全然わからない!ボクが北原さんをイジろうと思っていたら、ボクがイジられる羽目になってる!」とお互いが不慣れな楽器を手にあたふたしている。その姿を「レアだ!」と笑いながら見ている他のメンバー。スカパラメンバーの仲の良さが垣間見える微笑ましいシーンとなった。

NARGOがお決まりのピアニカを奏で、大森が「さぁ、60才最初のクルクルを見せてください!北原雅彦誕生日おめでとう!」のシャウトとともに届けられたのは「SKA ME CRAZY」だ。トロンボーンソロでは大森の言葉通り、北原史上最大のクルクル(トロンボーンを演奏しながら回転し続ける)を披露。

MCパートで、「NARGOなんて、ずぅ~と北原さんの隣でしょ?」と茂木に言われたNARGOは、「いろいろありましたね」と笑顔で答えつつ、「次の曲にいくにあたって手紙を書いてきました。」と言うと、驚いた表情を見せる北原に対して「北原雅彦さんへ……」と自ら書いてきた手紙を読み上げるNARGO。

出逢った33年前、NARGOは二十歳の学生で国分寺のジャズ喫茶でアルバイトをしていたこと。

そこで縁あって近所の大学の軽音楽部に誘われて入部したこと。

軽音楽部のOBでプロのトロンボーン奏者が部室にやってきて演奏しているのを、緊張して扉を開けられずに外から聴いていたこと。

そのOBが北原だったこと。

しばらくしたのち、実家に何度かかかってくる電話を毎回電話好きの祖母が対応しているのだが、「電話があったけど、誰だったかね~」と誰からの電話かは覚えていなかったこと。

実はその電話をかけてきていたのは北原で、スカパラへの加入の誘いだったこと。

北原がめげずにNARGOへ電話をしてくれたことが今に繋がっていて、ここまで連れてきてくれたことへの感謝の想いをNARGOらしく実直に読み上げたあと、北原による作曲で、NARGOがボーカルを務める「雨の軌跡」が披露され、NARGOが情感たっぷりにしっとりと歌い上げる。

この日の主役である北原をフィーチャーした本編は大盛況のうちに終了となり、アンコールを求める大きな拍手に迎えられ、ふたたびステージにスカパラが登場する。

メンバー紹介を行うのはいつも谷中の役目だが「今日は北原さんにやってもらおうか」と、谷中からバトンを受けた北原がメンバー紹介を行うこととなったが、「東京スカパダイスオーケストラ、奇跡のメンバーを紹介させてもらいます!誰からだっけ~?」と、すでにわからない状態になっている。

メンバー紹介では毎回トップバッターである沖が「ハーイ!」と応じ、メンバーそれぞれが北原との出逢いの想い出を語っていく。ほとんどの想い出は共通していて「見た目とのギャップの甲高い声」であったが、NARGOからは「長い付き合いですけど、優しくするのは今日だけです。明日から塩対応です!」と厳しいひと言が飛び出し、スカパラメンバーとオーディエンスの笑いを誘う。

GAMOが北原について話している際に「GAMOさんが電話してくれたから今ここにいるんですよ」と、北原がスカパラへの加入のきっかけとなったGAMOからの電話に対する感謝を伝える。

最後に北原が「ひとりでできることってたいしたことないんですよ。こうしてみんなで集まると、うん、あ~、泣けてきちゃった、ヤバイヤバイ」と感極まるなか、「あたしがはじめてスカパラに持ってきた曲をやりましょう。ホリデイ~」を合図に、1989年11月にスカパラ初の作品として世に放たれた通称“黄色いアナログ”に収録されている北原作曲の「ホリデイ」が披露された。

そして、この日のステージのラストナンバーでは、主役である北原がステージセンターのお立ち台から大ジャンプで締め、祝祭感あふれるツアー初日公演は今までのスカパラのライブにはないかたちで幕を下ろした。

最後に、スカパラのことをよく知っているという人にも、まだあまりよく知らないという人にも、少しだけ北原雅彦がどのような存在なのかを補足しておきたい。

スカパラが奏でるアンサンブルのキモとなるホーンセクションのアレンジを作り続けている北原雅彦。

あれだけ激しく動きながら演奏するトロンボーン奏者は世界中探してもどこにもいない言われる北原雅彦。

スカパラメンバー最年長なのにメンバーからいちばんイジられる北原雅彦。

ステージ上で“北原”あらめて“北っち”として「なぞかけ」を披露するお茶目な北原雅彦。

59才にしてステージ上で“禰豆子”のコスプレを披露していた北原雅彦。

サーフィンで鍛えた肉体の体脂肪率は今なお8%な北原雅彦。

引き締まった体をしているにも関わらず甘いものが大好きな北原雅彦。

各地のフェス会場に到着すると「今日は打首(獄門同好会)さんはいるの?」と出演者のなかで自分がいちばん最年長かを確認する北原雅彦。

とにかく口癖は「イエィ!」な北原雅彦。

コラボ相手を迎えたときも率先して甲高い声で優しく話しかける北原雅彦。

そう、いつだって北原雅彦は愛すべきトロンボーン奏者であり、スカパラにはなくてはならない存在なのだ。『とにかく明るい』がキャッチフレーズの芸人さんがいらっしゃるが、スカパラメンバーが何度もステージで言っていたように、北原は『とにかく元気』なのだ。

トレードマークのドレッドヘアをなびかせながら、トロンボーン一筋で道なき道を歩んできた北原雅彦が、いつまでも元気にトロンボーンを奏で続けることこそが、スカパラの未来だ。

尚、生配信されていたライブの模様はアーカイブ配信もされいるので、興味ある人は是非チェックしてみよう。

写真提供:Sony Music Artists

アーカイブ配信情報
アーカイブ配信期間:9月13日(月)23:59まで
視聴券受付期間:9月13日(月)21:00まで
配信視聴チケット代:3,300円 (税込)
一般視聴券受付:https://eplus.jp/tokyoska-s/
ファンクラブ視聴券受付:https://eplus.jp/tokyoska21-fcs/

詳しくはコチラをご覧ください。
https://www.tokyoska.net/news/detail.php?id=1093932

写真提供:Sony Music Artists

続きの画像はこちら
タイトルとURLをコピーしました