Loading...

宮下遊がTVアニメ『プラチナエンド』のEDテーマに大抜擢!初のシングルを11/17にリリース

宮下遊宮下遊が2021年10月放送開始のTVアニメ『プラチナエンド』のEDテーマを担当することが、YouTubeにて放送された配信番組「プラチナプログラム」内で発表された。

今回アニメに書き下ろされたEDとなるタイトルは「降伏論」で、宮下遊として初のシングルを11月17日に発売することも合わせて解禁された。

宮下遊はネットシーンを中心に活動するシンガー・イラストレーター。作詞・作曲・編曲・アニメーションMVの制作を行うなど、そのマルチな才能は世界中から評価されている。

2016年にメジャーデビューし、オフィシャルYouTubeに投稿された「ヲズワルド」(Cover)は2,700万再生(2021年9月3日現在)を超えている。

1st Single「降伏論」にはタイアップ曲の「降伏論」の他、自身のオリジナル楽曲「bystander」、ネット発のクリエーター廉による書き下ろし曲「ファントムレイド」等を収録。初回限定盤DVDには「降伏論」「ファントムレイド」のMusic Videoも収録される。

また、ジャケットイラストももちろん宮下遊本人による描き下ろしとなっている。

さらに、通常版はアニメ絵柄ステッカー巻き帯仕様となっており、同アニメのOPテーマを担当するBAND-MAIDが10月27日に発売する「Sense」の通常盤の巻き帯との2枚で1つの絵柄となる連動デザインとなっている。

放送開始までまもなく1ヶ月となった2021年秋最注目アニメの「プラチナエンド」と宮下遊のコラボレーションをぜひ楽しみにして欲しい。

【宮下遊からのコメント】

原作の神秘性、絶望から希望へと転じていく様、主人公の心の

奥底の芯の強さや、誰しもが本当は持っているであろう優しさ、勇気など、

一曲を通して感じられるように意識して歌わせていただきました。

神聖性がありながらもとても力強い、辛くとも、今に、未来に、そして世界に

立ち向かえる、そんな楽曲です。

楽曲や詞と融和するように、声の重ね方にも色々な工夫をしているので

そちらにも注目して頂けたらとても嬉しいです。

宮下遊


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました