Loading...

繊細な歌声と文学的な歌詞でノスタルジックな世界観を創り出す4Pギターロックバンド“anewhite”が、本日9月4日(土)に2nd Digital single「バケトナ」のMVを公開!

東京を拠点に活動する4Pギターロックバンド”anewhite“が、夏の終わりに”おばけ“が主人公の新曲「バケトナ」のMVを公開した。

anewhite初のピアノメインの楽曲となっており、アップテンポな爽快感ある曲調に切ないストーリーが重なる、夏らしい楽曲となっている。

Music VideoはFOMAREの 「長い髪」Lyric Videoなどを手掛けた軍司拓実氏が手掛けた。

Gt.Vo佐藤佑樹コメント

「昔の記憶や誰かとの思い出が物や匂いに乗り移ってしまうことがあると思います。それが何となく霊的で面白いと感じたことからこの曲を書きました。

物や匂いに憑いたせいで未だに思い出させて寂しくさせるそんな迷惑なお化けの話です。この曲があなたがこれまで形に出来なかった感情に触れるきっかけに化けたら嬉しいです。」

anewhite プロフィール

高校の軽音部の同級生で結成された4Pバンド。
Vo.佐藤の繊細で儚い声と、情景が浮かぶ文学的な歌詞、切なく美しく力強いメロディーでノスタルジックな世界観を創り出す。
2017年4月、高校の軽音部の同級生で結成。
2019年4月、現体制で本格的に活動を開始。 同年6月下北沢DaisyBarにて初ライブを行う。
2019年7月、現体制2回目のライブで「マイナビ未確認フェスティバル 2019」LIVE STAGE進出。
2019年11月、「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 19/20」優勝。 2019年12月、JAPAN’S NEXT渋谷JACK 2019 WINTER・COUNTDOWN JAPAN 2019 に出演し、幕張のステージではトップバッターを飾った。
2020年7月22日、待望の1stEP「NACHTMUSIK」をタワーレコード・ライブ会場等でリリースし、タワレコメンに選出される。
2020年12月23日、1st Digital single「群像劇にはいらない」をリリース。
その後も精力的にライブ活動を行い、大手サーキットイベントにてトリを務めるなど、 ライブハウス界隈でも話題を集めている。
2021年4月28日、2nd EP「劇場を抜けて」をリリースし、2021年5月21日、月見ル君想フにてキャリア初の自主企画を開催。
そして2021年8月20日、渋谷WWWにて初のワンマンライブを開催し、2nd Digital Single「バケトナ」のリリースが決定。

 

2nd Digital Single「バケトナ」
https://orcd.co/baketona

Official Twitter
Twitter
https://twitter.com/anewhite_044

Official Instagram
Instagram
https://www.instagram.com/anewhite_official/?hl=ja

タイトルとURLをコピーしました