Loading...

THREE1989、メジャー1stフルアルバム『Director’s Cut』リリース決定!アルバムのコンセプトは「映画館」。合わせて、ツアーの開催も決定!

2021年1月にavex内のレーベル「rhythm zone」よりメジャーデビューした西暦1989年生まれの3人で構成されたグループ「THREE1989(読み:スリー)」が11月3日にメジャー1stフルアルバム『Director’s Cut』をリリースすることが決定した。

このアルバムは、その名の通りTHREE1989の手によって生まれ、完成までの総指揮をメンバーが取った1枚になっており、本作のテーマは「映画館」。

扉ごとに様々な世界が広がるシネマコンプレックスに見立てパートを設定し、メッセージソングからラブロマンス、そしてSF、全7パートの舞台で構成されており、2021年4月よりアーティスト名のスリーにかけて、毎月3日に配信リリースした「エゴイスティック渋谷」「Private Castle」「紫陽花」「夏ぼうけ」を含む、全26曲収録予定になっている。

さらにBlu-rayには、2021年3月25日に開催された「THREE1989 BEST LIVE TOUR2021 -Don’t Forget Dancing」東京公演の模様を収録。

この情報解禁と共に、ジャケット写真、新たなアーティスト写真も公開になった。

合わせて、アルバムリリースを記念して、東名阪のライブツアーを開催も決定した。

「THREE1989 1st Album Director's Cut Release Tour 2021」と題して、11月20日(土)名古屋JAMMIN'公演を皮切りに、11月21日(日)大阪Music Club JANUS、そしてクライマックスを11月27日(土)東京 WWW X にて開催。「映画館」をテーマに制作されたアルバムを引っ下げ、各会場でオンリーワンのロードショーを体感してほしい。

【THREE1989コメント】

『Director's Cut』は、その名の通りTHREE1989の手によって生まれ、完成までの総指揮をメンバーが自ら取り、更にCDというフォーマットの限界に挑んだメジャーシーン初のアルバム。

ハッキリ言って、過去作に比べ、自由度No.1だ。

本作のテーマは映画館。

激動の時代を生き抜くアナタに贈るメッセージソングからラブロマンス、そしてSF。

加えて作品を彩る贅沢な出演陣。

散りばめられた伏線を回収しながらクライマックスへ誘う姿はまさに聴く映画。

全7パートの舞台で繰り広げられるスペクタクルな群像劇を是非THREE1989のニューアルバム『Director's Cut』で体感して欲しい。

2021年11月3日、扉の先でまた会おう。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました