Loading...

JiLL-Decoy association、カバーアルバムから話題の先行配信第一弾曲「夏のクラクション」が配信スタート!

デビュー15周年のJiLL-Decoy associationが11月にデジタルリリースするカバーアルバムから、先行配信第一弾曲の「夏のクラクション」が配信スタートした。

言わずと知れた稲垣潤一の代表曲の一つ。夏の終わりといえばこの曲を思い浮かべる人も多いだろう。

配信リリースに先駆けて、先月8月からジルデコの「夏のクラクション」が有線で先行オンエアが開始されたが、「この女性アーティストは誰?」とSNSを中心に話題になり、8月27日(金)付けの有線キャンシステムのJ-POP週間リクエストランキングでは18位にランクインした。

9月1日(水)付けの週間USEN HIT J-POPランキングでは4位にランクインしている。

chihiRoは稲垣潤一の音楽との出会いについて、

「稲垣潤一さんに心をグッと掴まれたのは小学生の時。

ニコリともせず、ただひたすらに良い歌を歌う歌手が新鮮に映りました。

なんてカッコいい大人だろう!

自分が大人になってみて、改めて稲垣さんの音楽と向き合うと、隅々まで施されたアイデアとセンスにただただ溜息が出ます。

大人たちは夏の終わりにこの曲聴いてキュンキュンしてたなんて…

こんな時代を生きてみたかった!」

とコメントを寄せている。

9月に入ったこのタイミングでの配信リリースとなり、ジルデコのカバーした「夏のクラクション」がさらに注目を集めそうだ。ジルデコらしいジャジーなアレンジも是非チェックしてみてほしい。

ジルデコはこの15周年イヤーにオリジナルアルバム『ジルデコ10“double”』の発売も予定している。

6月に配信した「ダブル」は、ルナシティ青葉はつが野TVCMソングとして関西圏で流れているので耳にした人も多いだろう。YouTubeでも、ルナシティ青葉はつが野TVCM15秒「利便性と安らぎの街篇」が公開されているので、こちらも是非チェックしてみよう。

アルバムに向け、7月には「Find a silver lining」、そして8月25日(水)には新曲「虹むそら」を配信したばかりだ。

リリースラッシュに沸く周年イヤーのJiLL-Decoy associationの音楽に耳を傾けてみてほしい。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました