Loading...

Maika Loubté、新曲『Flower In The Dark』リリース。夢幻的な空間世界が美しいリリックビデオを公開。オンラインLIVEも開催。

先月28日にAAAMYYYをフィーチャリングに迎えた「It's So Natural」をリリースしたばかりのMaika Loubté。10月20日リリース予定の「全曲、推し曲」をテーマに掲げたアルバム『Lucid Dreaming』からのシングル第6弾「Flower In The Dark」が本日配信リリース。

美しいメロディーとシルキーなヴォーカルが特徴の本楽曲は、主旋律とハーモニーが複雑に絡み合い、まるで白昼夢の中に浮かんでいるような心地良いエレクトロニカ楽曲となっている。

本楽曲のリリックビデオが公開となった。

3Dで作られた“ガラスの花“の中には、Maika Loubtéが自ら撮影した花の写真が無数に散りばめられており、現実の世界と別次元の異空間がクロスしているような様子が視覚的に表現されている。夢幻的で美しい空間世界に誘われるようなビデオに仕上がった。

リリックビデオを手掛けたのは、ビデオアーティストのSaou Tanaka。これまでのアルバム先行シングル「Spider Dancinge」や「System」でも唯一無二の世界観を作り上げてきた。

「Flower In The Dark」の "Flower"には "お別れの際に贈る花"という意味も込められている。大切な存在に先立たれた人が拠り所のない様々な想いと戦っている姿を描いた歌詞にも注目して見ていただきたい。

また、9月4日(土)にオフィシャルYouTubeチャンネルにて、"Flower Dreaming"と銘打ったオンラインLIVEを開催することが決定。このライブは10月20日リリース予定のアルバム『Lucid Dreaming』に向けてのウォームアップライブということで、約30分間のフリーミニライブとなる予定。こちらも楽しみにしたい。

<Maika Loubté コメント>

2018年頃から起こった様々な出会いや出来事が、この曲を作ることに繋がっていきました。『人は死後どこへいくんだろう?』と思うとぜんぜんわかりませんが、姿や形が見えなくても、本当は一緒にいるんだと強く信じることでやわらかい希望に触れられる気がします。


リリース情報はこちら

タイトルとURLをコピーしました