山崎育三郎 ニューシングル「誰が為」ミュージックビデオが公開!

山崎育三郎昨日、第103回全国高等学校野球選手権大会の開会式にて、大会歌「栄冠は君に輝く」を、アーティストとしては初めて独唱した山崎育三郎。

そんな山崎が、8月11日発売のニューシングル「誰が為」のミュージックビデオを解禁した。

ミュージックビデオは、青空の下、野球場のマウンド上で、真っすぐ前を見据え、優しく、ときに力強く、聴き手に寄り添うように歌う山崎が、とても印象的な作品となっている。

「誰が為」は、山崎と、昨年の甲子園出場が決まっていたにも関わらず、新型コロナウィルスの影響で中止になり試合が出来なくなってしまった元高校球児が対談をし、歌詞の中にそのリアルな言葉を取り入れ、森山直太朗氏の作詞共作者でもある詩人、御徒町凧氏が書き上げました。

あらゆるスポーツや吹奏楽など、頑張る学生に向けたエールソングになっています。

〝学生に寄り添うような、エールソングを〟
「誰が為」は、野球など部活をがんばっている学生への、応援・メッセージソング

山崎は、小学生の頃軟式野球で全国大会ベスト8まで進出するなど、野球に真剣に取り組んでいました。

中学に入学し、野球とミュージカル、どちらの道に行くのか真剣に悩み、ミュージカルを選択しました。

それゆえ、スポーツや部活動への熱い思いを、常に抱いています。
昨年、コロナ渦で、甲子園はじめあらゆる学生の大会が無くなり、世間の多くの方と同様、山崎も胸を痛めました。
昨年山崎は、NHK朝ドラ「エール」にご縁をいただき、重要な役所で出演し、「栄冠は君に輝く」を劇中の重要な場面で独唱し、また、紅白歌合戦でも、「栄冠は君に輝く」を熱唱しました。
山崎はこのような状況から、日ごろから心に抱いている〝部活などを頑張っている学生を応援したい、寄り添いたい〟という気持ちがますます大きくなっていきます。
そんな中、昨年甲子園出場が決定していたのにも関わらず、コロナで大会がなくなってしまった元高校球児と対談する機会がありました。その生徒さんたちの悔しいかった想い。それでもでもお父さんお母さんや、応援してくれた人たちへの感謝の気持ちを持ち続けている彼ら。そのリアルな言葉たちから、「誰が為」は生まれました。

山崎育三郎 「誰が為」
■Music Video LINK URL

山崎育三郎 ニューシングル「誰が為」ミュージックビデオが公開!

YouTubeで見る

■デジタル配信
https://lnk.to/Tagatame


リリース情報はこちら

山崎育三郎 ニューシングル「誰が為」ミュージックビデオが公開! 山崎育三郎をAmazonで検索
山崎育三郎 ニューシングル「誰が為」ミュージックビデオが公開! 山崎育三郎をタワレコで検索

次のページへ >


関連記事

-アーティスト, ニュース, 俳優, 新着ニュース+
-